ヒーローの敵

作者 リエミ

47

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

短編のラブコメですけども、個人的には詩に近い印象を受けました。だからでしょうか読んでいる瞬間よりも──読み終わって一息ついた瞬間が一番楽しい、そんな作品です。

文体は柔らかく、暖かいものでするっと頭に流れ込んで来ます。絵本を捲っているような感覚と文字に包まれる感触がしました。

しかしただ『読んだだけ』で終わって欲しく無いと強く思います。もしもこのレビューに目を通して下さった方がいましたら読後に考えて頂きたいです。

貴方にとってヒーローとは何ですか? 宇宙人とは何ですか? 人々とは何だったのでしょう。

イズミくんとは──何だったのでしょうか?

★★ Very Good!!

自主企画に参加していただき、さっそく読ませていただいたので感想を残します。

率直なものとしては報われない物語で、読み終えたあと寂しくなりました。決してハッピーエンドとは言えなくて、けれど見方を変えればそうなのかなぁと。

読みやすくて丁寧な物語と思いました!

★★★ Excellent!!!

絵本のような文体で淡々とつづられるヒーローのジレンマ。
それを理屈をこねず、短編で簡潔にぶつけてくる内容に感動しました。
この物語がもたらす感動は、決して心地良いものではなく、登場人物たちの行動に憤る人もいるでしょう。私も最初は後半の展開に少し心に引っかかる部分があり、面白いと思いつつも☆2で評価しました。
けれど、その引っかかりゆえに再読し、改めてその〝理屈で考えれば不合理な行動〟こそ、登場人物たちの感情の生々しさだと感じて☆3にしました。

読み手に問い掛けてくる物語が好きな人には是非一読して欲しい物語です。