兄弟としてではなく、一人の人間として認め合う。

 漫画家を目指していた三人の若者。その内の一人は、大きな漫画の賞を取って、プロの漫画家となった。しかしその矢先、プロ漫画家となった彼女は自立し、二人のもとから去ってしまう。残された二人の若者は、兄弟だった。彼女を巡って、兄弟は対立する。ここまでは、よくある三角関係だが、ここから予想もできない展開が待っている。
 弟は兄に近づく女性を、自分の物にしてきた。
 それは、弟が兄にある思いを抱いていたからだ。
 ぎくしゃくする兄弟。
 そんな中、兄が交通事故で病院に運ばれたという報せが届く。病院に弟が駆け付けると、兄は手術が成功したにもかかわらず、目覚めなかった。だから、弟はありったけの想いを込めて――。
 
 果たして、兄は目覚めるのか?
 兄弟に隠された想いとは?
 
 ただの三角関係では終わらない。
 是非、御一読下さい。

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー1,177