漫録千夜一夜

作者 波里久

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

濃厚なもの、淡々としたもの、上から目線のもの、エッセイにもいろいろありますが。

波里久様のエッセイは、いつも誠実で、ありのままの姿が描かれていて、読んでいる方もその気持ちに触れられる感じがします。

内容も作者様が体験した内容をもとに書かれているので、心から「なるほど!」「まさかこんなことが!」と叫んでしまいます。

純朴な感性とでも申しましょうか、そういうものがこの作品に詰まっています。

ぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

エッセイとは、基本的に「思ったこと・感じたこと・ふれたこと」を綴るモノだとおもっています。

こちらの作品は、作者様の感性が赴くままに文章が紡がれていきます。

自分が学んできた武術のこと。専門学校時代の針灸のこと。オカルトのこと。ついでに、仕事にまつわるセクハラのことまで、徒然なるままに描かれています。

同調することもあれば、知らない専門知識などに感嘆の声を上げたり、と、非常に愉しめる内容です。

ぜひ、ご一読ください。私と同じように、「へぇ!」と感嘆の声を上げることでしょう。