第三章 青、そして赤

17. 夢なのか

 勝手口のチャイムで起こされるのは、二日連続だ。

 まさかと目をこすって身体を起こし、黒デニムに足を通したところで、はたと手が止まった。


 チャイムが再び連打されたため、昨夜着た喪服の行方を考察するのは中断する。

 厚手の帆布のシャツをざっくりと羽織り、彼は下へ降りて行った。

 勝手口のノブに手を掛けた亨は、一呼吸の間を置いてからドアを開く。昨夜の出来事は全て夢、そう願わずにはいられなかった。


「起こしてしまいましたか? 朝寝坊ですね」

「摩衣くん……」


 天を仰ぎ、叫んでしまうところだ。

 目を閉じたかと思えば、またくしゃくしゃの顔で見つめてくる亨の態度に、摩衣も掛ける言葉に迷う。

 取り敢えずと中に招き入れ、椅子に座らされた彼女は、彼の身に何かあったのかと尋ねた。


「昨夜、クジラが連れて行った先は、葬儀場だった。君の・・葬式だ」

「私の!? そんなの夢ですよ、縁起でもない。私はピンピンしてますって」

「そう……だよな」


 摩衣の心底呆れたという顔に、彼も悪い冗談だったと軽く笑い返す。

 あの濃い群青色のクジラは、魚を気にするあまり彼が見た白日夢と考えた方が納得し易い。

 他の魚のように彼を助けるでもなく、絵や瀬那とも関連が無かった。


「じゃあ、昨日は君が連れて帰ってくれたのか? 覚えてないんだ」

「家まで車で送りました。別れた時は、元気そうだったのになあ」

「最近、どうも記憶が怪しいんだよ」

「そう言ってましたね。一日前の記憶でもなんだ。やっぱり……」


 やっぱり病院へ、彼女はそう言いたいのだろうが、医者嫌いの亨は首を横に振る。

 身体の不調と違って動くのに支障はないため、余計に面倒臭さが勝ってしまう。


「でも、食欲が無いとか、寝られないなんてことは? 頭痛がするとか」

「別段、変わったことは……たまに頭は痛むかな」


 彼の言葉に合わせて視線を上げた摩衣は、亨の左側頭部、髪の生え際に目を留めた。


「おいおい、頭痛の原因を外から見たって――」

「怪我してるじゃないですか。切り傷があります」

「んん? ああ、ホテルで付けた傷か」


 触ってみたところ、傷口はすっかり塞がれて、ゴツゴツとした瘡蓋かさぶたになっている。

 縫うほどの深さでもないだろうしもう治ったよ、と言う彼へ、摩衣が苦言を呈した。


「今日一日くらいは、消毒を続けた方がいいです」

「心配し過ぎだろ」


 ぶつくさ言いながらも、亨が二階から噴霧タイプの傷薬を持って来ると、彼女がその瓶を奪う。

 ティッシュを数枚抜き取った摩衣は、何度か傷口へ吹き付けた後、頬骨に落ちる滴りを拭った。

 怪我の処置が終わっても、彼女は濡れた屑を持ったまま彼を見遣る。何か言いたげな様子に、遠慮せずに口に出すように亨が促した。


「昨夜は、どこへ?」

「いや、だから覚えてないんだ。本当だって」

「ホテルっていうのは?」

「リュミレだよ。昼の話だ」


 彼女の得心が行かない顔を見る内に、亨の胸中にも奇妙な居心地の悪さが宿る。

 噛み合っていない会話は、何がもたらしたものか。


「昨日は朝から白楼画廊へ行き、昼にホテル・リュミレに出向いた。君と二人で」

「私? 会ったのは夕方です。二人で外食しました。レストランに行ったのも忘れたんですか?」

「それは覚えてる。違うんだ……今日は何曜日だ?」

「金曜日です」


 ――一日飛んでる!? いや、巻き戻った?


 理解不能な現象ではあるが、昨日の出来事は全て無かったことになった。摩衣は死んでおらず、リュミレで騒動も起こしていない――本当に?


「……怪我は残ってる。全部が夢だったとは思えない」

「ちょっと詳しく話してもらえますか?」

「コーヒーを入れるよ。長くなる」


 消えた記憶だけでも混乱の元な上に、現実としか思えない夢まで加わっては、亨も事態を整理するのが難しい。

 彼女が話を聞いてくれるのは、彼にとっても有り難かった。


 インスタントコーヒーに口をつけ、頭を覚醒させた彼は電話に手を伸ばす。自分が経験した一日を語る前に、先に事実を確定したかった。

 最初に二宮の画廊を呼び出し、昨日は訪ねていないことを確かめる。

 リュミレのフロントも同様の答えで、訪問記録は無く、レストランでトラブルも起きていないと言う。


 はたたるシルバーセンターは、摩衣にもう一度連絡先を調べてもらった。

 職員との電話は、記憶にある昨日の会話をそっくりになぞる。所長が帰って来るという夕方の来訪を予約して、彼は電話を切った。


 結婚式も葬式も幻だったと分かり、徒労感と同時に安堵も覚える。

 画廊に出掛けた朝から始まった亨の話は、思い出せる限り細かいディテールまで語られた。

 葬儀の様子に差し掛かると摩衣から質問が飛び、両親の容貌などが正確なことに驚いたようだ。

 彼が死因を尋ねた女性は、どうも高校の時からの友人らしい。


 雨の中、帰宅したところまで話し終えたのは、もう正午になろうという頃だった。

 単なる夢と言うには、登場人物がリアル過ぎて不可解過ぎた。

 それ以上に、自分が死んだ話であったため、摩衣は薄気味悪く感じたそうである。予知夢、そんな言葉を彼女は口にした。


「笑い飛ばすには、事が事だからなあ」

「勘弁してくださいよ。自動車事故か……」


 慎重な運転を心掛けると彼女は宣言するものの、逆に言えばそれくらいしか出来ることがない。

 車に乗らないと言うのは、いくら不安があっても不便だろう。


「せめて俺と一緒に乗るのは、避けようか」

「矢賀崎さんが関係してそうだから? だけど、それじゃ矢賀崎さんが困るでしょ。車、持ってないのに」

「だからって、危険があるんじゃ乗る気にならないよ」

「夜でしたよね? 事故が起きたのは」

「夜に連絡があった、とは言ってたな」


 それなら日中は一緒に行動しても大丈夫ではないかと、摩衣は主張した。

 タクシーを使えば間に合うと言っても、彼女は意見を変えず、結局押し切られてしまう。

 そこまで足役にこだわる理由を尋ねると、摩衣の人差し指が彼の鼻先を指した。


「矢賀崎さんを独りしたら、よっぽど危なっかしいです」

「……俺はそんなに頼りないか?」


 会った当初から孤独を好み、他人と交わらないベールを感じた。最近はそれが酷くなって、どこかに消えてしまいそうだと彼女は言う。

 思い当たる節はあっても、そこまで人嫌いじゃないと亨は反論する。


「若い頃はそうだったかもしれないが、君と会う前だ。瀬那のおかげで、俺も変わったよ」

「ガラスの魚、いなくなりましたよね」

「それは……こたえたけど……」


 拠り所を失った、そう見えていたのかと、彼も摩衣の心配を理解する。


「魚が無くなったって聞いた時、矢賀崎さんが自分で捨てたのかと思いました」

「捨てるなんてこと、するわけ――」

「しそうな顔をしてたんです。全部割って捨てて、投げ出しそうな、そんな雰囲気でした」


 これは亨も覚えがあり、痛みに耐えるように顔を歪めた。魚を捨てようと考えたことは無い。絶対に、そんな真似はしないだろう。

 しかし、前を向くのが辛く、手に持つ全てを投げ出したくなっていたのは事実だった。現に、ここのところずっと、絵筆を握ってはいない。


「そうか、酷い顔をしてたか……」

「今は!」


 意気込んで言葉を発した彼女だったが、次の台詞に迷う。

 ほんの少し頬を紅潮させた摩衣は、躊躇いがちに口を開いた。


「今は酷くないです。私を……ちゃんと見てくれてます」


 親身になってくれる彼女を、否定するつもりは毛頭無かった。だが、「それはどうかな」と言う亨に、摩衣は明らかに落胆したようだ。

 自分でも冷ややかに聞こえただろうと感じて、訂正したくもなる。どう取り繕おうか考えていると、彼女の方から話を変えてきた。


「これから、どうするんですか?」

「そうだな……腹が減ったよな?」

「まあ、お昼ですし」


 ホテルでランチにしようという提案に、彼女も明るさを取り戻す。リュミレのバイキングに行くと聞き、亨を急かすように席を立った。

 高級ホテルのランチは、年頃の女性にはかなり有名らしく、不穏な夢の気恐ろしさも遠退いたかに見える。


 摩衣には初めての、亨には二日続けてのリュミレを目指し、二人は家を出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます