05. 螺旋

 よどみを吐き出す水の渦。

 それまでの鬱積を晴らすかの如き力強さは、瀬那と暮らし始めた頃によく描いたモチーフだ。


「レストランには、『螺旋』が飾ってあった。販売履歴を調べれば、何か分かるかもしれない」

「台帳と、コンピュータのデータですね」


 カップを片手に立ち上がり、事務室へ向かう彼女を、亨は不思議そうな目で追った。


「手伝ってくれるのか?」

「当たり前です」

「さっきは信じてないって……」

「だから? 矢賀崎さんは、食べてから来てくださいね」


 話の信憑性がどうあれ、手伝うのに関係があるのか。そう返されては、彼も二の句が継げなかった。

 閉まる事務室の扉を見ながら、食事とコーヒーを片付けることに集中する。


 しっかり彼女の目を見て話したのは、久しぶりだった。

 自分がされたほど摩衣の人柄を評せる自信は、亨には無い。これは記憶が抜け落ちたせいではないだろう。


 ――他人を見ているようで、何も見ていない。これだから、夢想家だなんて言われるんだ。


 全てを食べ終わると、彼は机を畳んで脇に避け、台帳を繰る摩衣の元へと事務室に入った。

 帳簿類を広げる摩衣の横を通って、亨は管理用のコンピュータの前へ座る。


 パスワードを知らない彼女は、手作業で販売履歴を調べていた。

 これまでに売った絵の数は、百を少し超えるくらいであり、伝票を漁って調べても高が知れている。

 実際、OSの起動画面が終了する頃には、見付けた納品書の写しを彼女が見せに来た。

 帳簿にも、該当する日に同額の売り上げ記述がある。


「F6『水景――螺旋』、六年前の三月、ギャラリーの店売りですね」

「作品番号は?」

「068です」


 描いた絵には通し番号が振られており、画像データも残っている。

 印刷に耐える高解像度のデータは自宅にしか保存していないが、モニターで確認するくらいならギャラリーでも可能だ。

 六十八番の画像を開くと、画面一杯に渦が表示された。


 渋い緑を基調にした幾重もの螺旋――レストランで見た絵と同じである。摩衣には初見であるらしく、納得するまで熱心に画像に見入った。

 待ち切れなくなった亨に促されて、ようやく彼女が伝票の詳細を読み上げる。


「購入者は二宮にのみやさんですね。画廊宛てになってます」


 二宮にのみや誠治せいじ、一ヶ月に一度くらい顔を出す馴染みの画商だ。もっぱら大口の客を紹介してくれる人物で、収入の助けになってくれていた。

 彼の注文は顧客の依頼を受けてから制作するものが多く、『螺旋』もその口だと思われる。

 大判の絵は、大凡おおよそが引き取り手が決まって描く作品だった。


「今日は何曜日だった?」

「木曜です。それも忘れたんですか?」


 忘れたと言うより、日にちの感覚を狂わされた、が正しい。

 黄色い魚と対面したのは、数時間前のようでもあり、丸一日前にも感じられた。

 ともあれ、木曜は画廊の定休日で、電話をしても無駄だろう。


「明日、直接出向くか。ついでに、他の作品の販売先も聞いてみよう」

「書き写すんですね?」

「すまない、頼む。リストを読み上げるよ」


 小サイズの額は省き、二宮が扱った大型作品だけを抜き書きしていく。

 基本的に、絵の価格は号数で決まるため、『螺旋』クラスの作品を判別するのは簡単だった。

 販売データを顧客で並べ替え、二宮に売った物を調べる。


『水景』シリーズは『螺旋』、『雫』、『雨音』の三つ。

 他に『朝ノもや』、『夕ノ嵐』の連作が、過去、画廊へ売られた中では価格が高い。

 この五つのタイトルと番号、販売日をメモしてもらい、彼はコンピュータをシャットダウンしようとした。


 右上隅の×印にカーソルを移動させると、摩衣が操作を代わってくれと言う。

 リストを上へスクロールして、古い作品タイトルを眺める彼女へ、亨は訝しく意図を尋ねた。


「気になることでも?」

「いいえ……知らない作品があるなあ、と」

「そりゃそうだろ。またパスワードと、操作方法を教えるよ」

「ガラス作品も、リスト化してあるんですよね」

「瀬那のは別ファイルだ。個人客に売った物ばかりだから、行き先を調べるのは難しいな」


 何れ摩衣が本格的に勤めだしたら、いくらでも過去作を見る機会はある。

 質問をしかけた彼女も途中で口をつぐみ、終了作業を亨に任せた。


 来週の半ばくらいまで摩衣の予定は空いており、明日以降も調査に協力すると彼に約束する。

 二人で取り組むほど、明確な目的や行動指針は持ち合わせていない亨は、最初その申し出を断った。

 しかし、独りで放っておくのは心配だと言う摩衣に、結局は押し切られてしまう。そんなに憔悴して見えるのか、と、彼も苦笑するしかなかった。


「今からどうするんですか?」

「家に帰って休むよ。風呂で頭をスッキリさせよう」

「晩御飯は?」

「冷蔵庫の掃除だな」


 どうせだし外食しましょうと提案する彼女へ、亨は手を横に振る。

 財布を持たずに出たため、このまま食べに行けないと説明し、チノパンのポケットに手を突っ込んだ。

 入っていた鍵と一緒に、皺くちゃの金券が飛び出し、摩衣が目敏く指摘する。


「レストランって、ブランコ・ルッソだったんだ。五千円分もありますよ!」

「よくよく考えれば、金券で済む話じゃないけどね」


 一枚を抜き取った彼女が、裏面に押された店舗印を確かめた。

 西区の国道沿いと知った途端、やや困惑した声色で疑問を口にする。


「あんな所に、ルッソなんてあったかなあ」

「チェーン店なんだし、どこにでもありそうなもんだけど」

「うーん。まあ、行ってみましょうよ。絵も見たいです」


 これが金券目当てなら、昼に続いて再訪するのは嫌がっただろう。だが『螺旋』が見たいと言われると、彼も弱い。

 彼の作品を気に入って、摩衣がここに勤めてくれたのは亨も知っている。ファンの要望なら応えたいところだし、悪い気もしなかった。


 二人でギャラリーを出て、通りを少し行った先の駐車場へと歩く。

 摩衣が徒歩で通り掛かったのだと思っていたのは、彼の勘違いだった。

 電車通学で下宿も近所な彼女ではあったが、今日は自動車で大学に制作用の荷物を運んだそうだ。


 つまり、態々わざわざ、車からギャラリーの様子を窺ったということである。

 照明の点いたギャラリーを不審に思った彼女は、車を亨が契約している専用駐車場に停めて、見に戻って来てくれたわけだ。


 紺色の丸っこいフォルムの軽自動車に、二人は相次いで乗り込む。

 免許を取って二年目の新米ドライバーとは言え、摩衣の運転はそつが無く、スルリと車道に出て西へ走り出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます