明日の黒板

作者 蜜柑桜

59

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

人は多かれ少なかれ、不安を抱えて生きている生き物。その「不安」を解消してくれる相手というのは、その人にとってやっぱり素敵な存在になるのでしょうね。
さて、この物語のヒロインはある不安を抱えながらも、嘘をついてまで前に進もうとしています。そして、主人公はその「嘘」に気がついている。
あぁ、もうこれだけで王道の青春劇。
王道には王道たる所以があるんです。
ぜひ、ご一読を。

★★★ Excellent!!!

緻密で美しい文章です。至るところにハッとする表現があり、それだけでも満足度が高いです。

さらにキャラクターの性格付けがしっかりされているのがすごい。
ヒロインはクールな男前キャラ。一人でも大丈夫でしょ、と言われてしまうようなタイプです。対して夏男は甘えられないヒロインをホロッと素直にさせてしまうような真っ直ぐな好青年。

二人の性格や惹かれ合う理由やエピソードが描かれているので、自然と物語に引き込まれます。お薦めです。

★★★ Excellent!!!

自主企画『筆致は物語を超えるか【明日の黒板】』の参加作品です。

あらすじが既定なのに、こうも美しい情景描写で仕上げるとは、作者様の筆力に圧倒されました。

細かなところまで本当によく配慮されています。自主企画が発表されてからさほど時間がたっていないので、おそらく作者様は自然に書いているのだと思います。

文章がお上手なので、ストレスなくスラスラと読まされます。地の文と会話文のバランスも良く、細部を読み飛ばしても短編として十分楽しめます。

一度読んだら、是非再読をおすすめしたい作品です。
真似するのは正直難しいと思うのですが、書き手として、とても勉強になる作品です。

★★★ Excellent!!!

風景の描写がとても綺麗で、それでいて複雑な言葉はあまり入っていないので脳裏に景色がすっと浮かび上がりました。

心理描写も御上手で、主人公と同じ気持ちになれました!

「文章に重みが増す」というのがどういうものかも分かる、素敵な作品をありがとうございます!

★★★ Excellent!!!

彩り鮮やかな情景が、登場人物の青春の日々を映し出します。
絆とは一体、なんなのか。
それはいつ、どうやって結ばれていくのか。
その答え合わせをする為に、少年は走り出します。
美しい青春の、最後の1ページ。ご覧あれ。