第1話 邂逅/5

 召喚科ティトスの書庫の前にはちょっとした人だかりができていた。集まった学生たちは皆一様に不安そうな表情で、開け放たれた扉の奥を見つめている。

「どいてくれるか。すまない、通してくれ」

 声をかけると、フレイセルの衛士服を見た学生たちは素直に道を開けた。フレイセルはよろめきつつ、書庫の様子を窺う——中は不気味なほど静かで暗く、足音も、息遣いも、何も聞こえなかった。異様に冷えた空気が足元を流れていく。

「アールダイン先生は?」

 学生たちに尋ねると、衛士さんたちと中に、と学生の一人が暗闇の奥を指差した。待っていろと言われたのか、様子を見にいく勇気はないのか、皆一様にフレイセルの動向を見守っていた。

 肌がひりつく嫌な感覚に、フレイセルは生唾を飲み込んだ。似たような状況を経験したことがあるのだ。敵に待ち伏せされている時、斥候が帰ってこなかった森に足を踏み入れる時、物陰に隠れて薬室に銃弾を送り込む時、恐怖が大口を開けて、フレイセルを飲み込もうとした。

 フレイセルは思わず腰の軍刀を抜こうとして、自分が丸腰であることに気がついた。そして考え無しに飛び出してきてしまったことを悔やんだ。せめてライフルの一丁でもあればよいのだが、そもそもそんな物々しいものを構内に持ち込めるはずもない。

 他の教員や衛士はまだ到着していないようだ。大人しく応援を待つべきか——

 逡巡したフレイセルの耳を、悲鳴と銃声が劈いた。学生たちの怯える声を背中に受けて、フレイセルは弾かれたように中に飛び込む。そして乱暴に片目を覆っていた包帯をほどくと暗闇を見据えた。怪我をしているため暗視というには心許ないが、それでも何も見えないよりはましだ。

 先生、と叫ぼうとして、フレイセルはぐっと堪えた。闇の中で何が起きているのかわからない以上、むやみに自分の位置を知らせてはならない。フレイセルは慎重に、息を殺し、壁際に寄って奥へ奥へと進んだ。

 先ほどの悲鳴はヴェイルのものではなかった。銃声は複数だったが、今は何も聞こえない。やがて闇に目が慣れ、フレイセルは漂ってきた臭いに顔をしかめた。

 フレイセルの靴が血だまりを踏む。闇に慣れた両目が惨状を捉えた。書架から落ちた本が床を埋め、その上に衛士たちが倒れ伏し、呻き声を上げている。フレイセルは素早くヴェイルの姿を探した。

 目立つ白い頭はすぐに見つかった。しかしフレイセルが想定していた位置より高い。——フレイセルは倒れた衛士の手を離れたライフルを拾い上げ、構えた。誰かいる!

「その人を離せ」

 書架に背中を預けて体を固定し、ヴェイルの首を捉える手腕の先に目を凝らす。闇に紛れるような黒いローブを身にまとった、青白い顔の男がフレイセルの方を向いた。ヴェイルもフレイセルに気づいたようだが、声にはならず、宙に浮いた足がばたついただけだった。

「お前は、知っているな」

 男が発した言葉に、フレイセルは眉をひそめた。流暢なイシュリア語だった。

「なんのことだ、」

 戦場を思い起こさせる言葉ということもあり、フレイセルは男に対する嫌悪をあらわにした。突如としてエメドレアを裏切り侵攻してきた隣国イシュリア。彼らの敵意を、フレイセルは肌で感じてきたのだ。

 だが、目の前の男からは、敵意も殺意も感じない。ただそれが不気味だった。嫌な汗がフレイセルの背中を伝い落ちる。この男は、なんだ。

「何が目的だ。どこから侵入した。イシュリア人!」

 フレイセルは続けざまに疑問を浴びせた。それに、男は薄ら唇を開く。

 その唇の動きを見て、フレイセルは男の足元を狙いを定め迷わず引き金を引いた。男はフレイセルの問いに答えようとしたわけではない。魔術の詠唱をはじめようとしていたのだ。銃弾は床を穿ち、男を怯ませ詠唱を中断させる。判断は一瞬で、フレイセルは片足に力を込めて肉薄した。

 男は舌打ちすると、ヴェイルをフレイセルに向かって放り投げる。フレイセルはヴェイルを受け止めざるを得ず、男から気をそらした。その間に男は後方に飛びのくと、そのまま溶けるように姿を消した。

「待て!」

 声を上げるも、すでに気配はない。フレイセルは何か男の痕跡を探ろうと身を乗り出したが、呼吸を取り戻したヴェイルが大きく咳き込み、はっと我に返った。

「先生、お怪我はありませんか」

 ヴェイルの肩を掴んで軽く揺する。ヴェイルは小さく頷いたが、様子がおかしい。喉元を押さえて、ひゅ、と空気だけを吐いている。相当強い力で絞められていたのだろうかと思ったが、よくよく観察すると、舌は動いているのに、声になっていない。

 フレイセルが戸惑っていると、ランタンの明かりが二人を照らし出した。

「何があったんです?」

 明かりの向こうでは、傷ついた衛士が助け起こされている。騒ぎを聞きつけて駆けつけた教員のようだった。

「怪しげな魔術師の仕業です。イシュリア語で話しかけられましたが、意図がつかめませんでした」

「イシュリア語で?」

 フレイセルの話を聞きながら、青年は二人のそばに跪いた。そしてヴェイルの喉元を軽く検分すると、短い杖を取り出す。

「アールダイン先生は魔術封じをかけられているようですね。声を封じれば魔術師は詠唱ができなくなりますから……荒技ではありますが効果的です」

 そう言って、杖でヴェイルの喉を軽く叩く。すると、ヴェイルの口からかすれた声が漏れた。

「あ、ありがとうございます。ラドバウト先生」

「お構いなく。……一旦外に出ましょう。お話を聞かせてください」

 青年は立ち上がり、衛士たちもそのあとについて書庫を出て行く。フレイセルもヴェイルに肩を貸そうと身をかがめると、ヴェイルが少し怒ったように呟いた。

「先生の言いつけは守るものです」

 フレイセルは小さくなった。決して部屋の外に出てはいけないと言われたのを思い出したのだ。

「すみません。でも、嫌な予感がして……行かないとと思ったんです」

「あなたは怪我をしているんですよ」

 言われてみれば、片足が尋常ではない痛みを訴えている。興奮していて気づかなかったが、これはまた治りが遅くなりそうだな、とフレイセルは顔をしかめた。

 気づいてしまうと厄介なもので、立ち上がろうとしても力が入らない。ヴェイルを助けようと思っていただけに急にいたたまれなくなり、フレイセルは俯いた。

「……危ないところを、ありがとうございます。でも、無茶はしないでください」

 叱るというよりは言い聞かせるような口調に、気まずい思いで頷く。ヴェイルのこういう声音に、フレイセルは弱い。結局ヴェイルに助け起こされる形で、フレイセルは書庫をあとにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます