第3話 第一話・補足その2

 前回のアップの後、信じられないほど多くの方からはげましのメールをいただきました。前に書いたように、今の僕はメールを打つのさえ重労働なので(キーボードの操作の方が少し早いのですが、それでも時間がかかります)、とてもみなさんにお返事を返すことはできません。しかし、みなさんの熱いメッセージは読ませていただきました。

 みなさん、ありがとうございます!


 前回の分を見直したら、随所にミスを発見。句読点の間違いとか、いろいろ。普段の僕ならやるはずのないミスなんで、やっぱり本調子じゃないのかな。あえてミスは残しておきます。

 自分の今を知っておきたいので。


 さて、第一回のアップ、娘に読ませたところ、僕も知らなかった5月10日のエピソードを語ってくれた。

 その日、娘は風呂に入っていて、僕からの電話を聞いていなかった。ところが、いきなり風呂場のドアをがらっと開けて、妻が血相変えて訊ねたのだという。


「救急車は110番か⁉ 119番か⁉」

 

 なんでやねん?(笑) 妻は「普段、使わへん番号やし」とか「時報とか天気予報の番号とかとごっちゃになってて」と言い訳するけど、119を忘れるってありえないでしょー。

 完璧超人のように思えた妻も、やっぱり緊急事態にはパニックってたんだなあ、と微笑ましい気分になりました。今となっては笑い話だけど。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る