英国寄宿学校余話

作者 enaga

60

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

……怖ッ!!
と画面の前でなんども連呼しておりました。

英国のパブリックスクールに在籍する叶暁(かのうあきら)くんが語る実話という体裁をとった一話完結型のホラーです。

どれもこれも怖かったです。6のトイレ男はちょっと面白かったですけど!
個人的に震撼したのが4。どこがとはネタバレになるので言いませんがすんごい怖かったです。震えた。
ただでさえ怖い話なのに、叶くんの紳士的で上品な口調のせいで、さらにもっとうすら寒いものにしています。

そしてなにより。
本当に小説なのか、というほどリアリティのある描写。
作者様の英国に関する知識の深さと、世界観の構築の巧さをうかがわせます。パブリックスクールの内情などの細かい描写や、英語の使い方とか……。

大変堪能いたしました。

★★★ Excellent!!!

歴史ある学校には、敷地内の各所に七不思議のような代々語り継がれてく奇妙なお話がありますね。舞台は英国・パブリックスクール……この文字の並びを見ただけで胸躍る方もいらっしゃると思います*幅広い年代層のファンに支持され続けているジャンル……私もそのうちのひとりです。
かつて多くの貴族子弟が学んだであろうAコレッジは、中世古城の佇まい。ゴシック調の校舎や宿舎を歩くエリートたちの制服姿などなど、読み手の想像のなかでしっかりとその情景と人物像が浮かんできます。これはたまらない幸せです! 作者様の描写力に魅了され……いつしか物語の世界へ入り込んでしまっています。……なので……日が沈み校内が静まり返ったとき、暖かな日常が冷ややかな非日常となるその切り替わり……ふと、何者かが現れるのです。心底ぞっとします……! いまいるこの場所って、過去に何があったのか。
語り部であるアキラくんが、やわらかく優しい口調で紳士らしい気遣いをくれますが、それが逆に恐怖を煽ってきます。――「気をつけて。」――本当に!涙