121 策士策に溺れるというやつでしょうか

 どこかから狼の遠吠えが聞こえた気がする。

 俺を呼ぶ兄狼の声。

 

「……」

「セイル?」

「なんでもない」

 

 アールフェスの問いかけに、俺は首を横に振った。

 俺たちは今、落ち葉の積み重なる道なき道を、竜の営巣地ネストリムを目指して歩いている。

 風に乗って紅葉がひらひら舞い、雨の代わりに団栗どんぐりがポタポタ落ちる。途中で葡萄がなっていたり、小さな金色の山梨が落ちていたりした。秋もたけなわって感じだ。

 

「まだなのかしら。私もうくたくた」

「エリカは歩いてないじゃん」

 

 巨人の肩に乗って一歩も動いていないお姫様がそう言ったので、俺はつい突っ込んだ。

 エリカはつんとすまし顔で言う。

 

「あなた、私が王族だと知っていての無礼ですか」

「え? お姫様?!」

 

 驚いているのはアールフェス一人だけだ。

 

「もちろん知ってるよー。話しかけるの駄目なら、置いていこうか?」

「冗談よ! 置いていかないで!」

 

 途端に慌てだすエリカ。

 このお姫様、いじると楽しいなー。

 和やかに会話しながら、岩のゴロゴロしている川べりをさかのぼり、竜の営巣地があるという洞窟にたどり着いた。

 天井のあちこちに穴が空いているので、中は結構明るい。

 

「お邪魔しまーす……って、誰もいない?」

 

 洞窟の中は空っぽだ。

 俺は点在する巣の跡を見つけて、首をかしげた。

 竜を見つけて竜鍋にする作戦もとい、おどして空から帰る作戦、失敗だ。

 

「フェンリルが二匹やってきて、竜は全部逃げていった」

 

 アールフェスが俺の疑問に答える。

 フェンリル……それって。

 

「兄たん先に狩りに来るなんてズルイよ……」

「??」

「なんでもない」 

 

 洞窟の地面からウォルト兄とクロス兄の匂いがする。

 迎えに来てくれたんだね!

 だけど俺抜きで竜肉食べ放題なんて酷いよ。

 

「あっ! この赤い草、お父様が育ててたやつだわ!」

 

 エリカが巨人の肩から地面に飛び降りて大声を出した。

 草? そんな食べられないものが、どうしたんだよ。

 

「本当ですか? この植物は熱をうばい、竜の卵を死滅させる恐ろしい毒草ですよ」

「なんですって?!」

 

 アールフェスとエリカが何やら盛り上がっているが、俺は竜がいないのでがっかりしてやる気をなくしていた。淡白な鹿肉だけだと腹が減るぜ。

 

「……!」

「なんだ? 地震か?」

 

 突然、地面がグラグラ揺れた。

 戸惑うアールフェスとエリカ、巨人。

 俺の耳に、獣の唸り声が聞こえてくる。

 

「……ウォルト兄」

 

 どこかで、兄たんが戦ってる。

 

「セイル?」

 

 俺は壁の出っ張りを足掛かりに思い切りジャンプし、天井の穴から外に飛び出した。アールフェスとお姫様はポカンとしている。

 匂いを追って走る。

 空に、青い竜が炎を吐き出しているのが見えた。

 

「ウォルト兄!」

 

 体格の大きな青い竜と、ウォルト兄が戦っている。

 青い竜はゴテゴテと金属の鎧を着けていて、そのせいで兄たんは爪や牙が届かなくて苦戦しているようだ。

 竜の上に乗っている金髪の男が、槍を構えている。

 あの槍が当たったら、兄たんでもヤバい。

 

「たとえ相手が神獣だとしても、竜の守護者として見過ごせぬ!」

 

 兄たんが戦っている相手はパリスだ。

 俺はその辺で木の枝を拾って、背の高い木に駆け上がり、幹を踏み台にして高く跳躍した。

 

「てやーーっ!」

 

 ゴンと良い音が鳴った。

 俺の一撃はパリスの後頭部に見事ヒットした。

 竜騎士の手から槍が滑り落ちる。

 

「木の枝に負けるとは、初めてだ……無念」

「ギョーー?!」

 

 がっくり崩れ落ちるパリス。

 慌ててバタバタする青い竜。ごめん、名前は忘れた。

 竜から飛び降りて、俺はウォルト兄に駆け寄った。

 

「兄たんゴメン、心配した?」

「ああ。竜どもがお前の可愛さに目覚めたのではないかと、気が気でならなかった」

 

 ガシッと抱擁をかわす俺たち兄弟。

 後ろで青い竜が気を失ったパリスを背に右往左往している。

 尻尾を置いていくなら、見逃してあげても良いんだよ?

 

 

 

 ウォルト兄とクロス兄は、俺を探すために手分けして、別の方向に走っていたらしい。それでクロス兄がいないのか。

 とりあえずエリカと竜騎士のパリスを引き合わせたら、俺は兄たんと真白山脈おうちに帰ろう。

 巨人に乗ったエリカとアールフェスが追い付いてくる気配があったので、ウォルト兄は森に隠れてもらった。

 その場に残ったのは、倒れたパリスと竜、俺だけだ。

 追い付いてきたアールフェスは、俺がパリスを救ったのだと誤解した。

 

「師匠、師匠!」

「うーん……はっ。フェンリルはどこへ行った?!」

 

 アールフェスに揺り動かされ、目を覚ますパリス。

 キョロキョロ辺りを見回している。

 

「ワイルド! 尻尾をどうしたんだ?!」

「……ギュー……」

 

 青い竜は先っぽが切れた尻尾を見つめて、しくしくと泣いている。

 尻尾は、ウォルト兄が母上へのお土産に持って行った。

 

「おのれフェンリルめ……!」

 

 パリスは怒りの炎をメラメラ燃やしている。

 俺が犯人だってばれないよね。

 後ろから殴ったから、パリスは俺の顔を見ていないはずだ。

 

「君!」

「ひゃい?!」

 

 いきなりパリスに呼ばれ、俺はドキドキして舌を噛みそうになった。

 

「フェンリルから我々を助けてくれたのだな、礼を言う!」

「どうも……」

 

 ちょっと罪悪感で視線を反らす俺。

 エリカが、じとっとした目線で俺を見ている。

 しまった。この子には俺がフェンリルだと話していたのだった。ちょっと考えれば、俺が怪しいと分かってしまう。

 必死に目で「黙ってて」と伝えると、エリカがにっこり笑った。「貸し一つよ」と言う笑顔だ。むう、残らない方が良かったかな……。

 

「竜の巣を襲うフェンリル、そして異常に繁殖した謎の植物……これは一度、王に奏上した方が良いかもしれん」

「!!」

 

 エリカの顔がこわばる。

 彼女は王の庭園に火を付けて逃げてきたのだ。戻ればどうなるか、分かったものじゃない。

 今度は必死の目で、彼女は俺に「助けて」と訴える。

 仕方ないなあ。

 

「パリスさま、先に竜たちをエスペランサに避難させてはどうでしょう? エスペランサのレイガスには、竜が住む火山がありますから、一時的に竜たちが身を寄せるにはピッタリかと」

 

 俺は素知らぬ風を装って、パリスに提案する。

 

「君の言う通りだな! なぜ気付かなかったのだ、私は!」

 

 パリスは顔を輝かせた。エリカも安堵した表情になる。

 よし、これでエリカも亡命できるし、全て丸く収まるぞ。

 めでたし、めでたし。

 俺、山に帰っていいよね?

 

「そうと決まれば! 君も一緒に来てくれ。その口調だと、エスペランサに詳しいのだろう?」

 

 パリスが俺の手を強引に掴んで、上機嫌に笑いながら、上下にシェイクした。俺はひきつった笑顔で頷く。

 嫌だああっ、俺はおうちに帰りたいのに!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます