119 変なものを拾いました

 さて、アールフェスとシエナ、パリスの三人は、竜の営巣地へやってきていた。

 竜の営巣地は、高山の頂点近くにある洞窟の中だった。

 アールフェスたちは竜から降り、腹ばいになってペタペタ歩く竜の後について、洞窟に入った。

 彼らが目撃したのは、巣を襲う巨人、ではなく。

 

「いったい何だ、この植物は……?!」

 

 竜の営巣地は、高山の頂点近くにある洞窟の中だった。

 サークル状に組まれた石の上で、竜が翼を畳んで丸くなっている。熱した石で卵を温めるらしい。洞窟の中には、そういった竜の巣が沢山あった。

 しかし竜たちの一部は落ち着かない様子で、洞窟の中をうろうろしている。

 巣を囲むように、真っ赤な枝葉の植物が群生していた。

 

「……巨人? 何のことだ? と竜たちは言っている」

 

 パリスが、竜の言葉を通訳する。

 竜の中で年長の一頭が、アールフェスたちを出迎えて「ギューギュー」と鳴いていた。

 

「師匠、竜の言葉が分かるんですか?!」

「ふっ……竜騎士であれば当然のこと」

 

 驚くアールフェスに、パリスは顎を撫でながら答えた。

 

「ここには巨人はいない。だが、竜たちは別の問題で困っているようだ」

「この植物ですか?」

 

 アールフェスはしゃがみこんで、赤い植物をちぎった。

 血のように毒々しい色の葉だ。茎まで赤く、ちぎるのに苦労する固さだった。だが、それだけだ。

 

「竜の炎で、焼き払ってしまえばいいじゃないですか」

「この植物は熱をうばうそうだ」

 

 案内役の竜は、草の一部に「フーッ」と炎の息を吐きかける。

 すると植物は燃えるどころか、水を得た魚のように輝き、枝葉を伸ばした。

 

「火で成長するなんて! でも踏みつぶせば」

 

 竜はアールフェスの言葉にうなずきながら、植物を踏みつぶす。

 

「……一時的には、つぶせば生えなくなるが、一日ほど経つとまた生えてくるらしい」

「そんな……なんて面倒くさい植物なんだ」

 

 アールフェスは眉をしかめる。

 

「草が熱をうばうので、卵が冷えて死んでしまう」

「いっそ巣を別の場所に移すのは」

「検討中だそうだ。しかし、広くて卵を食べる蛇がいない、ちょうどいい洞窟が中々見つけられんとな……」

 

 パリスは通訳しながら溜息を吐いた。

 

「これは私が力技で解決できる話ではないな。シエナ嬢が探している巨人もおらぬようだし、無駄足だったようだ」

「そうですか……」

 

 シエナは肩を落とす。

 移動中に子犬を落としてしまったせいもあって、彼女は落ち込んでいた。

 アールフェスは励ましたかったが、なんと言えばいいのか分からない。

 

「シエナ……これから」

 

 子犬を一緒に探しに行こうか、と声を掛けようとした時。

 洞窟の入り口から「ウォオオーーン」と狼の遠吠えが聞こえてきた。

 

「冷気が……!」

 

 暖かい洞窟の空気に、ひんやりとした寒風が吹き込む。

 竜たちはビクリと震え固まった。

 

『ゼフィはどこだああああっ!!』

 

 アールフェスたちには、獣の叫び声にしか聞こえない。

 猛烈な勢いで、洞窟の中に二頭の白い狼が駆け込んできた。

 その辺の森にいる狼の何倍もの大きさがあり、艶々とした白銀の毛並みが美しい、一目で特別と分かる獣だ。アイスブルーの瞳には怒気と知性が宿っている。

 二頭の狼のうち、体格が大きい方の狼の背には、青い髪の少女がまたがっている。

 少女は洞窟を見回して残念そうに呟いた。

 

「こっちの方角に、ゼフィの気配を感じたんだけどなあ」

 

 誰かを探しているのか。

 アールフェスは呆然としながら、神々しい威厳をまとう白銀の狼を眺めていて気付く。

 以前、同種の狼の姿をした獣を見たことがある。

 

「神獣フェンリル!」

 

 竜たちは総立ちになって、じりじり後ろに下がる。

 

『……む。美味そうな肉が沢山いるな。ついでに狩っていくか』

 

 フェンリルが竜たちを見回して、ニヤリと笑ったように見えた。

 

「ギューー!!」

 

 一頭が上げた鳴き声をきっかけに、竜たちは押し合いへし合い、逃げ出そうとする。

 

「シエナ、ノワールに乗って! 逃げるんだ!」

 

 アールフェスは青ざめているシエナを引っ張って、黒竜ノワールの背に引き上げた。

 

「もたもたするな、アールフェス!」

「先に行ってください、師匠」

 

 パリスは颯爽と自分の竜に飛び乗っている。

 洞窟の中で飛べないので、竜たちは四本脚の動物のように、翼を畳んでドタバタと無様に地面を走った。パリスの竜も走り出す。

 

「うわっ」

「アールフェス?!」

 

 お約束のように、アールフェスは転んだ。

 

「行けっ、ノワール!」

「キュー」

 

 自分は地面に膝をついたまま、黒竜に「構わず走れ」と指示する。

 ノワールは一瞬迷う様子を見せたが、シエナを乗せて洞窟の奥へ走り出した。

 

『待てええぃ!』

 

 フェンリルは竜を追いかけようとする。

 が、その辺に生えている赤い植物に足が絡まったようだ。

 

『くっ。なんだこの不気味な草は!』

 

 動きを止めたフェンリルに、アールフェスもやっと立ち上がり、ノワールを追いかけて走りだす。

 竜たちは残らず逃げたようだ。

 人の身であるアールフェスには、逃げて行った彼らと同じスピードは出せない。

 誰もいない洞窟の中を一人、息を切らしながら走る。

 もうノワールがどちらへ行ったか分からない。

 勘を頼りに真っ暗な道を、右へ左へ曲がり続ける。

 

「外だ! ……って、崖じゃないか!」

 

 光を見つけてそちらに進んだアールフェスは、崖から落ちる寸前で足を止めた。

 そこは平たく言えば行き止まり。

 道の先は虚空に続いており、足元には針葉樹の森と綿雲が見える。

 

『肉はどこだ!!』

 

 フェンリルの吠え声が、すぐ背後から響いてくる。

 

「ひっ」

 

 動揺したアールフェスは無意識のうちに一歩すすみ。

 

「あ」

 

 何もない空中に身を躍らせていた。

 

「うわああああっ!」

 

 頼りになる黒竜ノワールはいない。

 このまま落ちれば、運が良くて骨折、運が悪ければ森の木に刺さって死ぬだろう。

 幸薄い人生だったな。

 アールフェスの脳裏を走馬灯が流れる。

 

 英雄バルトの息子として生まれたにも関わらず、運動音痴のせいで軽蔑され続けた幼年期。

 嫌気がさして国を飛び出し、大国エスペランサに辿り着いた青年期。

 さんざん虐められて、ひねくれを通り越し根性が曲がってしまったせいか、エスペランサで憂さ晴らしに獣人を虐待したりしていた。

 わりと好き放題生きてきたアールフェスの唯一の心残りは。

 

「……シエナのウサギ耳、一度さわってみたかったなあ」

   

 アールフェスは、どこかの子狼に先を越されたと知らない。

 目を閉じて、最後に訪れる苦痛を待つ。

 脳味噌がぐるんと回るような衝撃を感じた。

 その後、体が何かに引っかかったように静止する。

 アールフェスは恐る恐る、目を開けた。

 

「変なの拾っちゃったな」

「……セイル?!」

 

 子猫をぶらさげるようにアールフェスの襟首をつかんで落下を食い止めていたのは、銀髪碧眼の少年――アールフェスが会いたいと思っていた、シエナが探していた、セイル・クレールその人であった。

  

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

フェンリルさんちの末っ子は人間でした 空色蜻蛉 @25tonbo

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ