105 天牙はグレードアップするらしいです

「おのれ……一度ならず二度までも!」

 

 ヒルデの切断された右腕から、水銀のような血がしたたる。

 

「許さないわよ、坊や!」

 

 それはこちらの台詞だ。

 ジャンプして飛びかかってくるヒルデに剣を向ける。

 刃にヒビが入った剣を。

 次の一撃を振るいたくない。

 だけど振るわなきゃいけない。

 

「――蒼天突き」

 

 力強く踏み込んで、ヒルデの喉目掛けて勢い良く突く。

 銀光が女の喉を直撃した。

 ガリリと鈍い音を立て、剣の切っ先が折れ飛ぶ。

 

「ひっ、あぐ!」

 

 ヒルデは傷付いた喉をかきむしった。

 

「俺の弟に手を出すな!」

 

 クロス兄がヒルデのムカデの尻尾をくわえ、首を回して壁にぶん投げた。

 ヒルデの身体は壁にぶつかってめり込み、土埃を上げる。

 

「今の内に!」

 

 俺は大地小人ドワーフの子供の手を引きながら、ニダベリルの扉を見る。ちょうどゴッホさんが内側から扉を開き「こっちだ!」と手招きしていた。

 子供とクロス兄と一緒に内側に飛び込んで、扉を閉める。

 

「危ないところじゃったな」

 

 ゴッホさんは俺たちを見て、安心した顔になった。

 俺は折れた切っ先を気にしないようにしながら、天牙を鞘に収める。

 震えている子供に微笑みかけた。

 

「大丈夫だったか」

「う、うん」

「……余所者が」

 

 誰かがポツリと言った。

 街は天井の照明が付いておらず薄暗い。

 

「バーガー市長の言う通りだ。余所者が来たから、こんなことになったんだ」

 

 暗い顔をした大地小人たちは口々に呟いた。

 

「ニダベリルの明かりが消えるなんて前代未聞だ。ぜんぶ余所者のせいだ。こいつらを外に突き出せば、モンスターどもは満足するんじゃないか」

「おい!」

 

 ゴッホさんが怒る。

 俺はそっと天牙の鞘を撫でる。

 この雰囲気には覚えがある。

 人間だった頃、英雄だった俺に手のひらを返した祖国の人々。

 あの時と同じように、また天牙を失って追い出されてしまうのだろうか。

 

「……戯けたことを言うな、馬鹿者ども!」

 

 突然、力強い声が、民衆を一喝した。

 取り巻きを引き連れて、バーガーさんが現れる。

 

「ニダベリルから明かりが消えたのと、余所者の行動に、なんの因果関係があるか! 聞いていて呆れるわ! 明かりが付かないのは、単に外の川を使ったハツデン装置が壊れておるだけだ」

「バーガーさん、あんた、余所者を批判してたじゃないか」

 

 一番、俺たちに冷たかったバーガーさんが、俺たちの肩を持ったので、大地小人たちは騒然となった。

 

「それはそれ、これはこれ、だ。元から、このニダベリルはモンスターに囲まれた迷宮都市じゃ。迷い込んできた人間がモンスターを狩るのを、ワシも支援しておった。それはお前たちも知っておろう」

「それは……」

「迷い人はワシらから大切なものを奪っていく事もある。じゃが、大切なものを守ってくれる事もある。ひとつ言えるのは、迷い人なしにニダベリルの繁栄は無かったという事じゃ」

 

 バーガーさんは、折れた剣を手にうつむく俺の前に歩いてきた。

 

「子供を助けてくれたそうだな。感謝する」

「!!」

 

 俺はハッと顔を上げた。

 同じことが繰り返されるのかもしれない。追い出されて失意のうちにさ迷う自分を一瞬、思い浮かべていた。

 しかし、同じことは起きなかった。

 当然だ。あの時とは状況が違う。

 時は流れゆき、移ろい、変わっていく。

 二度と同じ出来事が起こることはない。

 

「バーガーさん……」

「引き続き、ニダベリルの防衛に力を貸してくれるか」

 

 バーガーさんは軽く頭を下げて頼んでくる。

 助けてあげたいのは山々だけど、俺の剣は折れちゃったしな……。

 あの超硬いヒルデを倒す方法はあるのだろうか。

 

「坊主!」

「あ、飲んだくれ同盟のガーランドさん」

 

 イヴァンの酒場で出会い、昨晩は夕御飯をご馳走になった、飲んだくれ同盟のガーランドさんが大股に歩み寄ってくる。

 

「その剣を貸してみい。俺が打ち直してやろう」

「え、できるの?!」

「そうだな、見たところソイツは大地小人の技術で作られた剣だ。このニダベリルは大地小人の街だからな、剣を修復する技術を大昔から継承している」

 

 天牙が直せそうだと聞いて、俺は気持ちが明るくなった。

 

「ゼフィ!」

 

 イヴァンが小脇にエムリットを抱えて駆け寄ってくる。

 

「モニターで見ていた。大変だったな」

「イヴァン、エムリットの充電は終わったんだね」

「ああ。ところで、あのヒルデとか言う邪神は、面白いことを言っていたな。皮膚を神硬金属オリハルコンにしたとか」

 

 イヴァンはニヤリと笑った。

 

「もしこのニダベリルに、神硬金属オリハルコンがあったら? そいつで天牙を打ち直したら、どうなると思う?」

「え……まさか」

「おいガーランド、大地小人の秘伝には、神硬金属オリハルコンを加工する技術があるよな? この際、出し惜しみするなよ」

 

 俺と同様、目を丸くしていたガーランドさんは、我が意を得たりと頷いた。

 

「当然だ! 坊主は俺たちの心の友! 全身全霊を注いで、邪神を真っ二つにする剣を作ってやるぜ!」

 

 な、なんだか凄いことになってきたけど……天牙がグレードアップ?

 それって副作用で、可愛い女の子の精霊メープルが筋肉ムキムキになっちゃったりしないよな?

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます