104 好みの焼き加減はミディアムレアです

 地下迷宮都市ニダベリルは多層構造になっていて、時計台広場の吹き抜けを登ると、簡単に最上部に到達できる。

 

「よっと」

 

 時計台の窓から壁に設置してある非常用梯子に飛び移り、俺は壁をよじ登った。

 イヴァンが窓から身を乗り出して「ゼフィ、無茶はするな!」と叫んでいる。

 

「へーきへーき!」

 

 ニダベリルの外に群がっているモンスターは、地下最下層の迷宮からやってきたので、一番下にいるのだ。だから俺は、一番上の階層から奴らの上に飛び降りるつもりである。

 

「出入口は、無ければ作ればいい!」

 

 愛剣・天牙をふるって、壁の一部を切り崩す。

 ヒュウと風が吹き込む穴が空いた。

 

「ゼフィ!」

 

 クロス兄が突起をつたって、身軽に壁を登ってくる。

 

「兄たん、俺たちが通ったら、この穴を氷でふさいでくれる?」

「任せておけ!」

 

 俺は天牙で空けた穴をくぐりぬける。

 続く兄たんは、自分が通った後に氷で穴を埋めた。

 これでモンスターがニダベリルの中に入ってこれないだろう。

 

飛込斬とびこみぎり!」

 

 モンスターの群れに飛び込みながら、剣を振るう。

 一回目の切り込みで着地の衝撃をやわらげ。

 二回目の水平回転切りで、まとめて雑魚モンスターを薙ぎ払う。

 

 突風で雪煙が立った。

 着地した俺の周囲は、雑草を鎌で切り取ったように開けて、円の外側に切り倒されたモンスターの骸が散らばっている。

 クロス兄がシュタッと俺の隣に舞い降りると、絶命寸前で未練がましく動いていたモンスターの切れ端が、白く凍てついた。

 

「久しぶりね、坊や……」

 

 部下のモンスターが倒されたというのに、邪神ヒルデは動じない様子で、俺の前に進み出た。

 前に会った時は人間サイズで、教会のシスターの恰好をしていた。

 だけど今は人間の三倍近い身長で、上半身は黒髪の美女、下半身はムカデの化け物だ。

 

「あなた、ヴェルザンディを殺したんですって? 今度は同じようにはいかないわよ。対策して来たから」

「対策?」

「ふふ……私を斬ってごらん……?」

 

 ヒルデは両腕を広げて、俺を手招きした。

 ふわんと甘い匂いがする。

 

「うーん、なんか気持ち悪いから近づきたくない……」

「先に行くぞ、ゼフィ!」

「あ、兄たん」

 

 俺が突撃するか迷っているうちに、クロス兄がヒルデに飛び掛かった。

 ヒルデは笑みを浮かべて動かない。

 

「うがっ! 固っ!」

 

 牙を射し込もうとしたクロス兄は「歯が折れそうだ」と引き返してきた。

 

「俺の牙が通らない。いったいどういうことだ?!」

「あははっ! 私は皮膚を神硬金属オリハルコンにしてきたのよ! フェンリルの牙はいざ知らず、人間の作った武器など、私にかかれば逆に折れてしまうわよ!」

 

 皮膚を超硬くしてきたのだと、ヒルデは高笑いした。

 

「ええっ?! そんな!」

 

 俺はがっかりした。

 

「じゃあ焼いて食べられないってこと? 皮をちょっと火で炙ってパリパリにするのが美味しいのにー」

「ちょっと! 私は魚じゃないわよ!」

 

 ヒルデは額に青筋を立てる。

 

「兄たん、食べられないなんて残念だね」

「そうだな。今回は諦めよう」

「ここまで来て撤退?!」

 

 俺たちの言葉に、ヒルデは唖然とした。

 クロス兄は「歯が痛い」とやる気を無くしている。

 俺も今回の獲物は美味しくなさそうなので、戦闘意欲がなくなってしまった。

 あの辺でこっそり逃げようとしているカトブレパスを狩って、あとは適当に帰ろうかな。

 その時、カタリと音が鳴った。

 音の方向を見ると、閉じたニダベリルの門の前、大地小人ドワーフの子供が震えながら立っている。

 

「……た、助けて」

 

 逃げ遅れて、街の中に入り損ねたのだろう。

 子供はおびえた表情で、ヒルデを見上げている。

 

「あら素敵な子供。いたぶって殺せば、ページ数は少ないけど、印象的な本になるかしら?」

 

 ヒルデは子供の方に向きを変えた。

 クロス兄が唸りながら俺に警告する。

 

「……ゼフィ。戦えば、お前のその"牙"が折れてしまうかもしれないぞ」

「そうだね」

 

 俺は迷いながら剣を握り直す。

 ヒルデを倒す方法は、何も剣で斬るだけじゃない。工夫すれば、ニダベリルを守る方法は真正面から戦う以外にもあるはずだ。

 だが今、子供を守るためには、剣を振るうしかない。

 

「私のことは気にしないで」

「メープル……?」

 

 空色の髪に黄金の瞳をした、半透明の少女が俺の肩口に現れる。

 天牙に宿る剣の精霊メープルだ。

 

「剣は折れるものよ。だけどたとえ折れたとしても、戦うために使ってもらった方が、私は嬉しい」

 

 メープルは微笑みながら、俺の剣を持つ手に重ねるように、手を伸ばした。

 俺は逡巡する。

 

「修理できるか分からない。もう二度と会えなくなるかもしれないのに……」

「大丈夫よ。だって私とあなたは、また巡りあえたでしょう? 剣を失っても、心が折れても、もう一度最初から始めればいい。何度でも……戦って、私の英雄ゼフィ

 

 覚悟を決めて、俺は天牙を上段に構える。

 息を吸い込みながら地面を蹴って踏み込んだ。

 

「はあっ!!」

 

 子供に手を伸ばそうとしてるヒルデを追撃する。

 ヒルデの腕に天牙を叩きつけた。

 何かに引っ掛けたように、重い手応え。

 一拍の後、ヒルデの白い腕に斜めの線が入り、ずるりと下に落ちる。

 

「嘘っ、私の腕が!」

 

 切れた。

 俺は少し安堵しながら、一回転して子供の前に着地する。

 動揺するヒルデに向かって剣を構えなおした。

 パシリ。

 小さく繊細な音が耳に届く。

 天牙の刃に亀裂が走った。

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます