89 友達はずっと友達です

 混乱した戦況に容赦なく踏み込んできたのは、巨大な馬の石像だった。

 ヒヒンといななく素振りを見せ、上体を起こして溜めた後に、鋼鉄のひづめが付いた前脚を勢い良く俺たちの上に落としてくる。

 

「危ない!」

 

 イヴァンが警告の声を上げたが、俺は動かなかった。

 片手で馬の蹄を受け止める。

 俺と馬の石像の間で空間に衝撃が走り、風が吹いた。

 

「……凍れ!」

 

 筋力で巨大な石像の攻撃を受け止めた訳じゃない。

 魔法の力だ。

 時の属性を混ぜた氷の魔法で、馬の石像の動作を停止させる。

 

 パキパキ……。

 

 小枝が折れるような音と共に、俺の手から発生した冷気が氷のつたとなって石像を這い始めた。

 石像は抵抗するように身をよじるが、氷の魔法は容赦なく侵食する。

 あっという間に石像は動かなくなった。

 

「さて……と」

 

 一番大きな敵は片付いた。

 唖然としているイヴァンやトーマスを確認してから、ルーナを振り返る。

 

「どうする?」

「っつ」

 

 ルーナは唇を噛み締める。

 ルーナを乗せたモグラ型モンスターは何故か小刻みに震えている。室温が下がって寒くなったからかな。レッドスライムは死んだ振りを始めた。

 

「分かったわよ、私の負けだわ! さあ結婚式でも何でもやってやろうじゃないの!」

「あー、結婚式の話は無くなったから」

「何ですって?!」

 

 その時、ガシャンと音が鳴った。石像を倒したからか、広間の出入口が解放されたのだ。

 モグラとレッドスライムは出入口から一目散に逃げていった。

 

「……バーガーさんの依頼で俺たちを襲ったというのは、本当なのか」

 

 険しい顔をしたイヴァンが、尻餅を付いたトーマスの襟首をつかんで詰めよっている。

 俺はイヴァンの剣幕を不思議に思った。

 

「どうしたの、イヴァン?」

「バーガー市長は、俺の酒場に出資してくれているんだ。依頼が嘘だと良いんだが」

 

 イヴァンは深刻そうな様子だ。

 

「俺たちは地上に帰るんだから、別に酒場のこともバーガーさんのことも気にしなくていいんじゃないか?」

 

 それとも、本気で地下に永住するつもりなのだろうか。

 頭の後ろで腕を組んで気楽に言った俺に、イヴァンは溜め息をついた。

 トーマスの襟首を離す。

 

「考えさせてくれ……」

 

 自由になったトーマスは「覚えてろよー!」と捨て台詞を残して、迷宮の奥へ駆け去っていった。

 

「あ」

「ん?」

 

 ルーナが馬の石像を指差して目を丸くする。

 振り返ると、馬の石像にヒビが入り、ピシピシと割れるところだった。

 一度勢いが付くと崩壊は止まらない。

 あっという間に石像は瓦礫の山になる。

  

「カギ、ハッケン!」 

 

 エムリットが瓦礫の上でピョンピョンする。

 俺は瓦礫の中から青い石が付いた金の鍵を発見した。

 

「これ……」

氷結監獄アイスプリズンの奥で使うやつだな」

 

 イヴァンが鍵を見て微笑んだ。

 よっしゃ、地上にまた一歩近付いたぜ!

 

 

 

 エムリットの案内で、俺たちは蔓草聖堂アラベスクから無事脱出し、迷宮都市ニダベリルに戻ってきた。

 ルーナは何事も無かったような顔をして、元通り俺たちに同行している。ローズの面倒を見てくれてるから、まあいいか……。

 

「イヴァンのやつ、大丈夫かな……」

 

 俺は宿屋の部屋の窓のふちに両腕を置き、腕に頭を載せて、窓の外を眺めた。

 窓の外は、深くて暗い峡谷に面している。

 光り苔が生えた岩の間に透明な水が流れているのが見えた。

 湿った冷たい風が、頬をくすぐる。

 

「彼、酒場のこともバーガーさんのことも、気にしてるんじゃないかしら」

 

 ローズのオムツを替えながら、ルーナが言った。

 

「何十年もここ、ニダベリルで暮らしてきたんでしょ。その関係を急に断てと言われても、迷うのは当然だわ」

 

 俺は驚愕した。

 

「ルーナがまともなことを言ってる……!」

「失礼ね! 私はあんたと違って大人なのよ」

 

 ルーナはぷんぷん怒った。

 大人はモグラのモンスターに乗って追いかけてきたりしません。

  

「……ゼフィ!」

 

 突然、部屋の扉を開いて、噂のイヴァンが飛び込んでくる。

 彼は何故か焦った様子で肩で息をしていた。

 

「バーガーさんと会ってきた。バーガーさんはゼフィのことを、邪神だと言っている」

「は? 何だって?」

「トーマスがそう報告したらしい。どう見ても尋常じゃない魔法の使い手で、人間ではないだろう、と」

 

 そりゃ神獣だもん。でも、だからってなんで、邪神ということになるんだよ。

 

「市長は兵士を派遣して、君を捕まえると言っていた。俺は、協力するよう言われたけど、引き受けた振りをして帰ってきたんだ」

 

 迷宮都市ニダベリルは、安全な場所では無くなったらしい。

 俺は立ち上がって荷物をまとめ始めた。

 

「イヴァンはどうする?」

「俺は酒場に残る」

「!!」

 

 イヴァンは悩んでいる気配があったが、きっぱり答えてきた。

 

「えー、お前が来てくれないと困るんだけどなー」

 

 俺は唇を尖らせる。

 このままじゃ、正体を教えずじまいになるじゃないか。

 それは少し寂しいな。

 

「困らないだろ。君は強い。俺がいなくても迷宮を攻略できる」

「買いかぶり過ぎだよ。案内役がいないと、どっちに行ったらいいか分からない」

 

 とんとん拍子に行ってるように見えるのは、イヴァンに会えたからだ。

 彼の案内が無かったら、ニダベリルで途方に暮れていただろう。

 

「それは……とにかく、追手が来る前にここを離れた方が良い」 

 

 イヴァンは困ったように視線を逸らし、俺を急かす。

 ルーナに赤ん坊ローズを抱えてもらい、エムリットは跳ねるに任せて、俺は酒場に降り外に出ようとした。

 店の前に大地小人ドワーフたちが集まっている。

 

「待て!」

 

 アーマーとヘルメットを着て長槍斧ハルバードを持った大地小人ドワーフの兵士が、俺たちを通せんぼした。

 イヴァンが「手配が早すぎる。兵士が来る前に君たちを逃がそうと思ってたのに」と悔しそうに言う。

 

「市長の元に一緒に来てもらおう!」

「断る」

 

 俺は一言で切って捨てた。

 バーガーさんは既にトーマスを介して俺たちを殺そうとしている。そんな奴のところに顔を出しに行く気にはなれない。

 店の前は見物の人や兵士でいっぱいで、彼らを避けて出ていくのは難しそうだった。

 強引に突破できなくもないけど、一般の人を怪我させるのはなあ。

 

「坊主、行け!」

 

 その時、大地小人ドワーフのおっさんの一団が進み出て、俺たちを守るように兵士の前に立った。

 

「我ら飲んだくれ同盟は坊主の味方だ!」

「どうして……」

「たとえ正体が邪神だろうが人間だろうが、関係ない! 酒を酌み交わした坊主は、俺たち大地小人ドワーフの心の友だ!」

 

 おっさんの一人が俺に向かって親指を立てる。

 格好いいぜ、おっさん!

 おっさんはイヴァンに向かって叫んだ。

 

「イヴァン、坊主と行け!」

「お、俺は酒場の運営が……」

「思い出せイヴァン。お前は何のために酒場を始めた? 同じ迷い人を支援するというのは建前で、地上に帰るための情報を集めていたんだろう!」

「!!」

 

 イヴァンはぐっと歯を食いしばって一瞬、泣きそうな表情になった。

 

「お前の酒が飲めなくなるのは残念だ。だが俺たちは真の友! 真の友は、友の行く道をさえぎったりはしない!」

「……馬鹿やろう」

 

 吐き捨てたイヴァンは笑顔になる。

 

「お前たちと飲んだ酒は忘れない!」

「その意気だ。行け、旅人たちよ! もう迷い込んでくるんじゃないぞ!」

 

 飲んだくれ同盟のおっさんたちは、兵士や見物人を押し返して、俺たちのために道を作ってくれる。

 人垣の間を俺たちは進んだ。

 

「頑張れよ! 迷宮をクリアしてくれ!」

 

 大地小人ドワーフの中に混じる、迷い人と思われる人間が俺たちに呼び掛けてきた。

 

「お前らのおかげで氷結監獄アイスプリズンから解放されたんだ。ありがとう!」

「地上への道を見つけてくれ!」

 

 冷たいばかりじゃない。

 応援の声に俺は心が温かくなる。

 手を振り返したいのを我慢して、小走りで人混みを脱出する。

 先導するイヴァンが背中を見せたまま言った。

 

「最後の鍵はおそらく、南の時計地獄クロックヘルにある!」

 

 よし、さっさと鍵を手に入れて、地上に戻るぞ!

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます