88 狂暴な嫁ですがもらってやってください

 金髪の男の名前はトーマスというらしい。

 目がギョロっとしていて、微笑むと前歯が欠けているのが見えた。……人間、見た目だけじゃないさ、たぶん。

 

「教会に似た場所について心当たりがあります。ぜひ案内させてください、お義父さん!」

「はい?!」

 

 お義父さん呼びされて俺は仰け反った。

 エムリットがカウンターの上を転がりながら「トーマス、キカンシャ」と言っている。相変わらず意味が分からん。

 

「さっそく明日、一緒に東の迷宮、蔓草聖堂アラベスクに行きましょう」

「……そういえば、蔓草聖堂アラベスクは例の四つの鍵の迷宮のひとつだ」

 

 イヴァンがボソリと言った。

 ちょうどいい、ルーナの結婚式と迷宮攻略の両方ができて一石二鳥だな!

 

「いーやー!」

 

 嘆いているルーナは無視して、俺たちの話はまとまった。

 さて、お肉も腹一杯食べたし寝るとするか。

 イヴァンの酒場の二階にある宿に入って、部屋で休ませてもらう。

 地下に落っこちてからずっと人間の姿で疲れてるから、今夜は狼の姿で寝ようかな。

 

 

 

 朝、起きたらルーナがいなくなっていた。

 赤ん坊ローズも一緒にだ。

 結婚が嫌で逃げ出したのか、はたまた何か企んでいるのか。

 俺は気にせず身支度を整えて階段を降りた。

 

「おはよう、イヴァン」

「……おはよぅ……ふあ」

 

 イヴァンは目をショボショボさせて、大きな欠伸あくびをした。

 

「寝てないの?」

「例の本を読んでいて……ルーナさんはどうしたんだ」

「今日は留守番だって」

 

 俺は嘘を付いた。

 失踪中だと言って無駄に心配させることもない。

 あいつ、殺しても死なない感じがするんだよな。どこかで元気に悪巧みをしてる気がしてならない。

 

「お義父さん、こちらです!」

 

 イヴァンと酒場を出ると、通りで待っていたトーマスが手を振った。

 昨日と違い鎧を着て武装している。

 

「その玩具のようなカラクリは……?」

「アイアム、エムリット!」

 

 俺の隣でピョンピョン跳ねるエムリットに、トーマスは困惑した視線を向けた。分かるよ、これ何? だよね。残念ながら俺も知らないんだ。

 

「気にしないで」

「ところで僕の女神は?」

「女の子に怪我させたらマズイだろ。今日は俺たちだけで下見に行こう」

「それもそうですな!」

 

 適当な説明にトーマスは納得してくれた。

 三人プラス一匹は、ニダベリルの南の門をくぐって迷宮探索に出掛ける。俺は鼻歌混じりに歩いた。

 

「ゼフィ、そのバックは」

「これ?」

 

 今日は手荷物を一つ増やしていた。

 良い匂いのする手提げを持ち上げて見せる。

 

「イヴァンがいない間に厨房に入って、肉サンドイッチを作ったんだ!」

「もはやピクニック気分だな……」

 

 イヴァンは呆れ顔だ。

 そんなこんなで目的地の前まで来る。

 東の迷宮、蔓草聖堂アラベスクは、他と違って壁に細かい蔓草模様が入っていた。模様の入った深い青や碧色の壁や柱が立ち並ぶ様は壮観だ。

 時々現れるレッドスライムを危なげなく倒しながら、俺たちは奥に進む。

 レッドスライムは半透明のジェル状のモンスターだ。飲み込まれると人間も溶かされてしまう、強力な毒を持っている。

 

「この先に、スレイプニール様に似た石像がある広間があるのです」

「スレイプニールって、馬の姿をした神獣だっけ」

「そうです。僕の生まれ育った地域の神でした」

 

 トーマスも迷い人だ。

 彼の育った地域の神様は、馬の姿の神獣スレイプニールだったらしい。

 

 ところで教会とは、地域ごとにある集会場のような建物で、時計と神獣の石像が設置してあることが特徴だ。

 教会の神様は、その土地の神獣だ。

 神獣は基本的に人間を襲わず、その土地に恵みをもたらす存在として知られている。

 教会ではそういった神獣の伝承や地域の歴史を伝えたり、困った人の相談に乗ったり、無料で簡単な読み書きや、スペースを活かして催し物や結婚式をしたりしている。

 閑話休題。

 俺たちは順調に探索を続け、馬の石像があるという広間に近付いた。

 

「僕がしんがりを務めますので、お義父さんは先にどうぞ」

「良いの?」

「……待った」

 

 石像の広間に入る手前で、トーマスは先に行けと言う。

 何の疑問もなく進もうとした俺に、イヴァンが待ったを掛けた。

 

「例の本で読んだ。蔓草聖堂アラベスクの馬の石像の部屋には、罠がある。部屋に入ると出入口が閉まって、石像が手強いモンスターに変化するんだ」

 

 イヴァンは言いながら細剣レイピアを抜き、トーマスに突きつけた。

 

「よく……ご存知ですね」

 

 トーマスはニヤリと笑う。

 俺は理由が知りたいと思った。罠に嵌まりそうだったからって、そんなショックがある訳じゃないけど、どうしてそうなったか気になるじゃないか。

 

「俺たちを騙してたの? なんで?」

「ニダベリルの市長、バーガーさんの依頼でしてね。迷宮をクリアしそうな勢いの、あなたがたが邪魔なんだそうです」

「迷宮クリアしたら、何か問題あるの?」

「ニダベリルは、迷い人が迷宮探索で持ち帰る宝で繁栄しています。迷い人が出て行ってしまったら旨みが無くなる」

 

 うわあ、姑息な計算だなー。

 大地小人ドワーフたちは、バーガーさんの企みを知っているのだろうか。

 

「トーマスも迷い人なのに、地上に帰りたくないの?」

「僕は地上に未練が無いもので。可愛い嫁さんをもらって、地下で愉快に暮らしたいですね!」

 

 欲望に忠実な人だ。

 ルーナに粉かけたのは本心からのようだ。なんだかなー。

 

「……おーっほっほっほ!」

 

 遺跡に反響するように高笑いが聞こえてきた。

 ルーナの声だ。

 

「結婚式なんてノーセンキューよ! ぶち壊してくれるわ!」

 

 過激な宣言だ。

 俺たちが来た通路から、巨大なモグラに乗ったルーナがやってくるのが見えた。ちなみに彼女はちゃんと赤ん坊ローズを背負っている。真面目なのか悪なのか、謎だなルーナは。

 

「な、な、な?!」

「狂暴な花嫁だけど、どうぞもらってやってください」

「前言撤回します! 僕の神様はスレイプニール様だけでした。嫁は返品交換希望で!」

 

 トーマスは青ざめながら結婚式はやらないという。

 俺はチッと舌打ちした。

 

「おいゼフィ、あのモグラ、途中でレッドスライムを引っ掛けてきたみたいだぞ」

 

 イヴァンがげっそりした顔で言った。

 よく見るとモグラの後ろに、レッドスライムが十匹くらい付いてきている。

 迫るルーナとモグラ、レッドスライムの群れ。

 通路は一方通行だ。

 進むしかない。

 

「よし、行けキカンシャトーマス!」

 

 俺は悲鳴を上げるトーマスの背中を押して部屋に押し込む。

 雪崩なだれのように、同時に飛び込んできたモグラやレッドスライムたちと一緒に、俺たちは部屋に突入した。

 ガシャン!

 部屋の出入口に音を立てて格子戸が降りる。

 広間の中央に立つ馬の石像の、目が赤く光った。

 ギシギシ音を立てて石像が動き始める。

 馬の石像は一回り大きくなり、フシューと白い鼻息を吹き出した。敵意満々で俺たちに向かって足踏みする。

 

「敵が多すぎるだろ!」

 

 イヴァンが剣を手に叫んだ。

 前門の石像。

 後門のモグラとレッドスライム。

 

「ゼフィ、とうとう年貢の納め時のようね!」

 

 モグラの上に立って胸を張り、ルーナが偉そうに言った。

 

「そろそろ私の偉大さを思い知りなさい! そして子供らしく素直に年上を敬うのよ!」

「え? やだ」

「何ですってー?!」

 

 イヴァンが「おい!」と慌てているけど、こんなのピンチの内に入らないよ。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます