42 愛剣を研いでもらいます

 こうして俺たちはエスペランサに向かって旅を始めた。


 旅の間、野宿はほとんど無かった。大抵、騎士の人たちが手配した宿屋や民家に宿泊したり、領主の館に泊めてもらったりしていた。お偉いさんの接待は、本当は王子様が対応すべきなのだが、まだまだ慣れないティオの代わりにロキが対応したようだ。


 俺は兄たんと一緒にぼちぼち旅を楽しんでいる。

 お腹が空いたら兄たんたちと狩りに行ったり。たまにやってくるヨルムンガンドと魔法の練習をしたり。

 ロキは俺たちの正体を知っているので見てみぬふりだ。なぜか行く先々の村で「危険なモンスターがいなくなった王子様万歳」と言う人たちがいたが、きっと俺たちの狩りとは無関係だろう。


「見て、ゼフィ」


 岩の国スウェルレンに入国してすぐの宿屋。

 見せたいものがあると言って、ティオは俺を自分の部屋に連れ込んだ。

 

「お前、剣を持ってきたの?」


 思わず「俺の剣」と言いかけて自制した。

 ティオは荷物から、見覚えのある鞘に白いかえでの印がある剣を取り出す。俺が人間だった頃の愛剣"天牙"だ。


「父さまがスウェルレンでいでもらったら、って」


 "天牙"は、基本に忠実な両刃の長剣ロングソードだ。格別に派手な色も形もしていないが、スウェルレンの凄腕の職人が丁寧に作っただけあって、手荒に扱っても刃こぼれしないし、研ぎをおこたっても刀身は綺麗なままである。

 愛剣を研いでもらえると聞いて、俺はテンションが上がった。


「いいじゃん! どこで研いでもらうんだ? 店は聞いてるの?」

「なんだか楽しそうだね、ゼフィ」


 ティオは不思議そうに首を傾げた。




 その数日後。

 王様から持たされた紹介状を持って、俺たちは工房が並ぶ街を歩いていた。スウェルレンには王族御用達の職人がいるそうだ。紹介状があれば優先的に仕事を受けてくれるという。

 兄狼たちとは別行動だ。

 雪と氷のフェンリルであるクロス兄とウォルト兄は、スウェルレンの街に漂う鉄と火の匂いが臭いと言って、街に入りたがらなかった。

 

 スウェルレンはあちこちに工場や職人の工房があるので、煙突付きの家が多く、煙突からは白い煙が立ち上っている。ここは真白山脈フロストランドと違い暖かい気候で、道端には名前も知らない花が咲いていた。

 工房の敷地の片隅には、決まって石を積み上げた奇妙なオブジェが立っている。


「あれ、なんだろう」


 ティオは石のオブジェを見て疑問を持ったようだ。

 護衛として付いてきているロキが答える。


「スウェルレンは精霊信仰の国なんですよ。職人は自分の家に、火の精霊を祀ったほこらを建てて、仕事がうまくいくように祈る習慣があるそうです」


 あれってほこらだったのか。そこまで詳しくは知らなかったな。

 精霊ってこの前、ウォルト兄が食べてた奴か。

 雑談しているうちに目的地に着いたようだ。


「ここが、一級刀工ザトーさんの工房だな……すみませーん」


 古くて立派な工房の扉を、ロキは遠慮なくノックする。

 中から出てきた若い男は紹介状を見ると緊張した面持ちになって、工房の中へ通してくれた。

 工房の奥には、背の低いがっしりした体格の男が、火の前に座って道具の点検をしている。男は大地小人ドワーフの血を引いているのか、浅黒い肌に白い髪と髭を生やしており、気難しそうな顔をしている。

 彼がザトーさんらしい。


「"天牙"か。久しぶりに見たな。これは百年以上前、ワシの祖父が作った剣だ」


 ティオが差し出した剣を受け取り、ザトーさんは目を細める。

 

「研いでもらえますか?」

「もちろんだ……しかし」


 なぜか、ザトーさんは困惑した表情で剣の刀身を見つめている。


「百年以上、年月を経た名剣には、剣の魂たる精霊が宿るという……」

「??」

「独り言だ、気にするな」


 俺は暇なので、壁や棚に立てかけられた剣を眺めていた。


「ティオ、この剣なら軽くてお前も使いやすいんじゃないか」


 勝手に剣を選んで、鞘からすっと刀身を抜いた。

 うーん、鞘走りの音が綺麗だ。


「良い目利きだ……その手つき、お前は只者ではないな」


 ザトーさんがキラリと目を光らせて俺を見た。

 うえっ、注目されてる?


「おお、さすがフェンリルくん。ティオさま、剣を持ってみてくださいよ」

「僕は"天牙"が良いのにー」


 ロキが間に入ったので、ザトーさんの視線は俺から外れた。

 ティオは不承不承、俺の選んだ剣を受け取る。


「ザトーさん、この剣をいただけますか? あと"天牙"の研ぎはどのくらい掛かりそうです?」

「明日には終わる」


 ロキの言葉に、ザトーさんはむっつり答えた。


「よろしくお願いしますー」


 俺たちは"天牙"をザトーさんに預けて、ティオ用に軽めの直剣を買って帰った。


「ティオ、お前どうして"天牙"にこだわるんだ?」


 自分用の剣を買ってもらったというのに、ぶすっとしているティオ。

 贅沢な奴だなあ。


「"天牙"は英雄の剣なんでしょ? 僕は剣に見合うような、英雄になりたい!」

「ふむふむ。ティオ、英雄になるにはな、ご飯の好き嫌いをしちゃ駄目なんだぞ。ピーマンやニンジンはきちんと食べないとな」

「ええ?!」


 俺の言葉にロキが「ナイスだフェンリルくん」と感心している。

 英雄になりたい、なんて、子供は可愛いなー。

 ほのぼのしていた俺だが、翌日、ザトーさんの工房からの知らせに楽しい気分は吹っ飛んだ。

 なんと、"天牙"が剣豪を名乗る男に強奪されたというのだ。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます