32 使える魔法を増やしました

 今度こそ役に立つ魔法を教えてもらうぞ。

 例えば……そうだ、物を増やす魔法なんかどうだ?

 美味しいお肉に魔法をかけると二倍になる。増やしたお肉にさらに魔法をかければ四倍に! そうして無限増殖するお肉でウハウハ生活を送るのだ!


 俺は束の間、妄想にひたる。

 ヨルムンガンドは小さい姿で表情が分からないが、呆れたように言った。


「何を考えているのか、顔を見れば分かるぞ。食べ物に関する魔法か、派手な攻撃魔法を教えて欲しいと思っているのだろう」

「え? ソンナコトナイヨ」

「だが断る。君には転移の魔法を教えよう」


 何故か前回と同じような流れで、やっぱり地味な魔法を教わることになった。


「てんい……?」

「転移は空の属性だから、前に教えた時の魔法と時空関連で相性がいい魔法だ。魔法は近い系統が覚えやすい。これを技法樹系スキルツリーという」

「理屈はいいから、実際の使い方を教えてくれよ」

「よろしい。これは魔法で力場を作って、離れた空間をつなぐ魔法だ……」


 ヨルムンガンドの説明を聞きながら、俺は別々の場所に二つの扉を作り、それをゼロ距離でつなげるイメージをする。集中すると、目の前に光でできた小さな扉が現れた。

 まずは試しに手元のティーカップを扉に入れてみる。

 ティーカップは扉を通って、少し離れたテーブルの端に現れた。


「できた……!」

「おお、やっぱり君は魔法の才能があるな。一発で成功させるとは」


 ヨルムンガンドは感心したようだ。

 俺もまんざらでもない。

 前世は魔法を全然使えなかったけど、今世では魔法を使えて楽しい。

 もっといろいろな魔法を覚えたいなー。

 

「……あれ? そういえば、前に能力保管スキルスロットがどうこう言ってたけど、魔法を覚える限界があるんじゃないの?」

能力保管スキルスロットか。属性魔法は、持って生まれた属性に左右される。例えば神獣フェンリルなら、生まれながらに氷の属性を持っている。他の属性の魔法は、長い時間修行しなければ会得できない」

「ということは、俺は初めから氷の属性を持ってたってこと? 時の魔法と、変身の魔法、今は転移の魔法を覚えて……」


 合計四つか。なんか多くないか。


「ゼフィ君の年齢なら、普通は二つが限界なんだが」

「俺って天才?」

「うーむ」


 ヨルムンガンドは何故かうなって腕組みをした。

 俺はテーブルの端に転移させたティーカップを取りに行った。

 そうして、妙にティオとクロス兄が静かだな、と気付く。


「クロス兄? 寝てるのか? ティオも」


 食堂の隅で、食事を終えたティオは机に突っ伏して寝ていた。

 クロス兄も体を丸めて寝息を立てている。

 俺は起こそうと彼らに近寄った。

 しかし、行くてをさえぎるように、ドリアーデが俺の前に立つ。


「……小さいフェンリルさまは眠らなかったようですね。変身の魔法を使っているからでしょうか。魔法同士が干渉しあい片方が無効になる場合があると、聞いたことがあります」

「えっ?」


 ドリアーデの言葉を聞いて、俺は驚いた。

 どうやら彼女がクロス兄とティオを眠らせたらしい。


「どうして眠らせたんだ。まさか……」

「ご安心ください。人間と違って、私たちは殺しなど野蛮なことはしません。ただ、太陽の精霊を探すフェンリルさまは邪魔なので、眠っていて欲しいだけ」


 俺は身構えながら、頭の中で話を整理した。

 鍋が偶然開いて太陽の精霊が逃げ出したって話だけど、ドリアーデ率いる魔族たちが意図的に封印を解いたのかもしれない。

 太陽の精霊を探すフェンリルって、何のことだろうか。


「危害を加えるつもりはありません。どうか大人しくしてください」

「って、言われても」


 ドリアーデと魔族たちが、俺を取り囲むように輪になって迫ってくる。

 どうしようと思っていると、ヨルムンガンドが助言をくれた。


「ゼフィ君。ここはひとまず逃げてはどうだ?」

「確かにそれが良さそうだなっ」


 俺は食堂の外に向かって駆けだした。

 クロス兄とティオを置いていくのは心苦しいが、ドリアーデは眠らせる以上のことはしないと思われる。「危害を加えるつもりはない」と言っていたし、実際に優しい性格だということは、過去に一緒に戦った仲間だから知っている。


 走る俺を止めようと、獣人が襲ってくる。しかしこちらが子供の姿をしているからか、下手に攻撃して怪我をさせたら可哀想だと思っているようだ。困った顔をしていた。

 ひらりとそいつらを軽くいなしながら、俺は外に出る扉を探す。

 元来た道を戻っていくと、大きな岩の扉の前に辿り着いた。

 岩の扉は重く分厚い。

 押してもひいても開きそうにない。

 扉の前で立ち止まっていると、ドリアーデが追い付いてきた。


「そこまでです。降参してください」


 扉を背に振り返る。

 ドリアーデを中心に包囲網が完成している。このままでは逃げられそうにない。


「……もしかして転移の魔法なら」


 俺は思いついて、習ったばかりの転移魔法を使い、岩の内側と外側をつなぐ扉を作った。

 一か八か時空の扉に飛び込む。

 暗転。

 次の瞬間、俺は一面の銀世界に投げ出されていた。


「うわああああっ」

「……ゼフィ!」


 落下する俺の身体を、ふさふさの白銀の毛並みが受け止める。

 片目の上に傷跡のある、がっしりとした体格のフェンリル。

 

「ウォルト兄!?」

「無事だったか。良かった!」


 俺は兄たんの首もとに抱き着いた。

 懐かしい森と雪風の匂いに包まれて、ほっと安心する。


「会いたかったよ、兄たん!」

「俺もだ、ゼフィ」

「どうしよう、兄たん。クロス兄と、ティオが……」


 俺は、久しぶりにウォルト兄に会ったからか、心細い気持ちを吐露とろしてしまった。

 体に感情が引きずられてしまって仕方ないな。

 体は子供でも頭脳は大人なのに。


「大丈夫だ。クロスは殺したって死なない。いつまでも寝ているようなら、俺が叩き起こしてやる」


 ウォルト兄はこんな事態でも落ち着いている。さすがだ。

 その時、耳元で突然、声がした。


「……転移の魔法を使えば、楽に助け出せるぞ」

「うわっ」


 首筋がこそばゆくて、俺は飛び上がった。

 いつの間にか服の下に、小型化したヨルムンガンドが忍び込んでいた。小さな青い竜は、俺の服の襟元から顔だけ出して目を細めている。

 そうか、転移の魔法。

 あいつらが気付かない場所に転移して忍び込めばいいんだ!

 地味な魔法だけど今回は役に立ちそうだな。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます