31 それは食材ではありません

 そもそも何故、俺たちが「無敗の六将」と呼ばれていたか、この機会に簡単に説明しよう。


 俺が人間だった頃、数十年前。

 エーデルシアという国で禁断の魔法が行使され、何千もの動く死人の魔物、亡者アンデッドが地上にあふれだし、人々を襲うという事件があった。

 これをきっかけに、複数の国を巻き込んで大きな戦いが始まった。敵は亡者だけではなかった。人々は疑心暗鬼におちいり、同じ人間同士で争うこともあった。

 この戦いを「エーデルシア邪神戦争」という。


 そしてエーデルシア邪神戦争で特に活躍した六人の英雄を、人々は「無敗の六将」と呼んだ。暗いご時世だったので、民衆は希望となる英雄の物語を求めていたのかもしれない。


 酒場の吟遊詩人は無敗の六将に二つ名を付け、その輝かしい戦績を竪琴リュートの旋律にのせてうたった。


 黄金の聖女

 白髪の悪魔

 青竜の騎士

 赤眼の飢狼

 傾国の黒真珠

 深緑の精霊使い


 六人は、皆一つの国に属していた訳ではない。

 それぞれ別の国の将軍で、戦場で敵味方に別れることもあった。


 最終的に俺たちは平和という共通の目的のために協力しあい、エーデルシアに乗り込んで元凶となった邪神を討伐した。

 六人が一同に会したのは、この討伐作戦の時と、戦後の和平交渉の会議だけ。


 なので仲間といっても、ドリアーデとあんまり話をした記憶はない。

 そのため、名前を聞いて顔を見ても、すぐには思い出せなかったのだ。


「人間たちに、深緑の精霊使い、という恥ずかしい二つ名で呼ばれたこともありました。人間嫌いのフェンリルさまはご存知ないと思いますが」

「ふ、ふーん」


 ドリアーデの緑色の髪と瞳が二つ名の由来なのだろう。

 知っているとは言えずに、俺は曖昧に相づちを打った。

 しかし、今はフェンリルになっている俺が言うのも何だが、ドリアーデはどうして祖国を出たのだろう。元仲間ってことで気になる。


「人間の国で将軍職なんてすごいじゃん。なんで辞めちゃったの?」

「……」


 その途端、空気がズーンと重くなった。

 もしかしなくても地雷だったらしい。

 俺か? 質問した俺が悪いのか?


「あー、お茶のお代わりが欲しいなあ!」

「セルフサービスです」

「そうだった」


 沈んでいるドリアーデをどうすればいいか分からず、俺はティーカップを持って席を離れた。


「……珍しい食材だな。トカゲ?」


 ちょうど廊下を、鳥かごを持って移動中の料理人が通った。

 同僚と世間話をしているのが聞こえてくる。


「なんかしゃべってるけど、食えるのかコレ」

「意外に珍味かもしれんぞ」

「うーむ。長い間生きてきたが、食材として扱われるのは初めてだ。なかなか新鮮な心地がするな」


 どこかで聞いたことのある声がした。

 鳥かごの中には小さな青いトカゲが入っている。

 トカゲには小さなコウモリ型の翼が付いていた。

 俺は通りすぎようとして、途中で立ち止まる。

 第六感がピピッと働いた。


「まさか」


 俺はティーカップを手近なテーブルに置くと、廊下に出て鳥かごを持った料理人たちに歩み寄った。

 料理人たちは戸惑った顔をしている。


「魔王さまのご客人ですね、いったい私たちに何の用ですか?」

「ごめん、そのかごの中身を見せてほしいんだ」


 彼らに断って、かごを覗きこむ。

 そこにいたのは。


「ヨルムンガンド?!」

「久しぶりだな、ゼフィ君」


 青いトカゲは、小さな青い竜だった。

 東の海に棲む神獣で、俺に魔法を教えてくれた師匠、ヨルムンガンドだ。


「なんでそんな姿に……どうして捕まって食材になってんの」


 俺は呆れた。

 ヨルムンガンドは飄々ひょうひょうとした様子で説明する。


「君の変身の魔法が気になって、私も変身の魔法を極めてみようと思ったんだ。それでまずは身体を小さくしてみようと思って」

「はあ……」

「小さな姿だと視点が変わって面白いな。まるで世界が新しくなったようだ。この姿が気に入って散歩していたところ、たまたま出会った獣人に捕まりここに連れてこられた」

「抵抗しなかったの?」

「食べたい、と言われたのは初めてだったからな。思わず、私は美味しい食材なのだろうかと考え込んでしまった」


 ヨルムンガンドは非常にのんきだった。

 いつでも魔法で本体に戻って逃げ出せるから、余裕があるんだろうけど。考え方がちょっと、いやかなり変だ。

 俺は溜め息をつくと、何も知らない可哀想な料理人に声を掛けた。


「このトカゲは、トカゲじゃなくてヨルムンガンドっていう神獣なんだ。食べたら天罰が下って、お腹を壊すどころじゃすまないよ」

「なんだってー?!」


 料理人たちは真っ青になった。

 触らぬ神に祟り無し。神獣には触れるべからず。

 下手に手を出したらエライ目にあうというのは、子供でも知っているこの世界の常識だ。


「申し訳ありませんでしたー!」


 急いで鳥かごから出すと、料理人たちは謝罪しながらそそくさとその場を去った。

 後には小型化したヨルムンガンドと俺だけが残される。


「む……後でどんな味か教えてもらう予定だったのに」

「食べられたら死ぬよ?」

「おお、そうだった、そうだった。歳をとると物忘れが酷くなって困るな」


 生存本能は物忘れの範囲内ではないと思う。

 ヨルムンガンドは小さな羽で空中に浮かぶと、俺の肩にとまった。


「そうだ。忘れていたが、私は君に会いに黄昏薄明雪原トワイライトフィールドに来たんだった」


 肩にいる小竜と視線をあわせるのは大変だ。

 俺は食堂に戻るとヨルムンガンドをテーブルに降ろした。


「俺に会いに?」

「魔法を教えているところだっただろう」


 そういえば途中になっていたかな。

 せっかくだから、新しい魔法を教えてもらおうか。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます