24 リベンジを企んでいます

 うっかり魔力切れで、敵の真ん前で毛玉に戻ってしまった。

 魔法が使えない俺は非力な子犬同然だ。

 たとえドロテアが運動ができない太ったおばさんだったとしても、捕まれば最後、逃げ出すことは難しくなる。


「ま、まあ。可愛らしい子犬だこと……いけない、人間に化ける魔物のたぐいに決まっているのに。でも、なんて可愛いんでしょう!」


 ドロテアは頬に手をあてて、うっとりしている。

 スーパーキューティな俺に夢中になるのは当然だけど、おばさんに惚れられても嬉しくないんだよ!

 俺はじりじり後ずさりすると、滑りやすい大理石の床をダッシュする。


「誰か、その子犬を捕まえなさい!」


 ドロテアの大号令に宮殿は騒がしくなった。

 今までいた部屋は窓が無かったので、通路に飛び出す。メイドの姉ちゃんのスカートの下をくぐりながら、廊下を爆走した。


 突き当りにあった食堂に飛び込み、真っ白いテーブルクロスの下にもぐる。

 隠れる直前、たまたま食堂にいた若い兵士と目があった気がした。


「おい、そこの! 白い子犬を見なかったか? 宰相閣下がお探しだ!」


 テーブルクロスの下で静かにしていると、追ってきた兵士の声がした。


「……いいえ、見ていません」

「そうか」


 足音が遠くへ去っていく。

 少ししてから、さっきの若い兵士が、テーブルの前にしゃがみこむ気配がした。


「皆、いなくなったよ。出ておいで、ワンちゃん」


 うーん。罠、じゃないみたいだな。

 良い人そうな雰囲気の声だ。

 俺は思い切って、白いテーブルクロスをくぐって表に出た。


「わあ……綺麗なワンちゃんだ」


 若い兵士が息をのむ。気のせいか声が高い。

 よく見ると胸がふくらんでいて、腰が細かった。女の子か。色気のない恰好をしてるから、男と見間違うところだったぜ。


 彼女は短い栗色の髪をした、気の強そうな女性だった。支給品と思われる制服を着て、汚れや傷が目立つ皮の胸当てをしている。質素な身なりをしているので下級兵士のようだ。

 雑用中なのか、手にバスケットを持っていた。


「君、どこの子だい? おうちまで送っていってあげるよ」


 そう言って、彼女は空のバスケットを示す。

 バスケットの中に入って移動する、ってことだな。

 まあ、ここまで来たら信じるしかないか。


 俺は軽く跳躍してバスケットの中に入った。

 隠すためか、上から布巾がふわっとかかる。


「賢いワンちゃんだな。私の言葉が分かってるみたいだ」


 彼女は俺の入ったバスケットを抱え、食堂を出て歩き始めた。

 どうやら宮殿の外に出たようだ。

 空気が冷たくなって風の音が聞こえる。


「……おう、リネ。戻ってきたか」

「はい、隊長。食堂に食器を返してきました」


 リネ、というのが彼女の名前みたいだ。

 布巾から頭だけだして、周囲の様子をうかがう。

 そこは兵士の訓練場らしき場所で、多数の武器や防具を持った人間がたむろしていた。

 俺が入っているバスケットは、彼らの食事の運搬用だったらしい。

 もぞもぞしていると、リネと話している壮年の男と目があう。


「おおうっ?! なんだ、その超モフりたくなっちまうワンころは!」

「宮殿の中で拾ってきました。宰相閣下が探していたようですが」

「気にすんな! どうせあのババアはろくなことをしないんだ。きっと、その子犬の飼い主は感謝してるぜ!」


 ナイスな判断だ、おっさん。

 飼い主はいないけど俺はリネに感謝してるぞ!


「そういえば話は変わるが、ロキが王都に戻ってきてるらしい」

「!」

「あいつ、特殊な任務が多いから、次はいつ会えるか分からんぞ。会いに行ってやったらどうだ?」


 リネは頬を赤く染めて、そっぽを向いた。


「誰が! あんなフラフラお調子者、知ったこっちゃないです」


 ほほう、そういう関係か。若いっていいなあ。

 それにしてもロキの奴、こんな可愛い女の子を王都に待たせてるなんて……爆発しろ。

 バスケットの中で話を聞いていると、隊長と呼ばれた男がリネに近付いて耳打ちする。


「……今夜、決行だ。陛下をあのクソババアのもとから救い出す」

「はい」


 リネと男は周囲に聞こえないよう、声をひそめてやり取りしていた。

 クソババアって、ドロテア宰相のことか。

 もしかして病気だっていう王様を助けに行くつもりなのかな。




 俺はリネの住む兵士用の宿舎に運ばれ、夕食に焼き肉をご馳走してもらった。ご飯を食べて一休みすると魔力が戻ってくる。


 さて、これからどうしよう。


 目的のブツを手に入れないまま、ティオやロキのところに戻ったら笑われてしまう。兄たんもがっかりするだろう。


 ちなみに昼間に聞いた話だと、リネたちは宰相が王様に毒を盛っているのでは、と考えている。直接、王様の病状を確認しに行き、場合によっては離宮から連れ出す計画を立てているらしい。


 ここはひとつ、チョコレートの件のリベンジのため、リネに同行して宮殿に忍び込もうか。

 そうときまれば、リネの鞄の底に隠れて一緒に行く作戦。


「勝手に鞄に入るなんて」


 速攻で見つかった。

 首根っこをつまんで持ち上げられ、俺は浅慮を反省した。

 鞄がふくらんでたら、そりゃ気付くよな。もっと平べったくなるべきだった。


「ワンちゃんは、私と来たいのか?」


 リネの瞳はチョコレートのような茶色だった。

 目線をあわせて問いかけられ、俺は答えに悩む。


 彼女は物わかりの良い人間だが、それにしたって目の前でいきなり子犬が人間に変身したり、人間の言葉をしゃべりだしたら警戒するだろう。

 賢い子犬を演じておくべきだ。


 俺がコクコクと頷くと、彼女は目を丸くする。


「不思議だな。君はもしかすると、幸運の使者なのかもしれない」


 リネは少し考え、鞄に俺が入るスペースを作った。


「一緒に行こう。どうか私たちを助けてくれ」


 彼女の腰の鞄に入って顔だけ外に出しながら、俺は夜風の匂いをかいだ。チョコレートを探しに行く予定なのだが、リネが頼むなら手伝ってやらないこともない。焼き肉もおごってもらったしな!


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます