キミとの最適解

作者 仲咲香里

35

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 タグ通り、前半は恋愛ソングの歌詞のようだった。そして後半、教室へ急ぐ主人公の心が、二段飛ばしで駆けあがる階段で表現されている。
 キミへの想いが、加速して物語は進んでいく。
 しかし、最後でキミの正体が明らかになる時、読者は「やられた」と思うだろう。どうして、「君」ではなく「キミ」と表現されていたのかを、思い知る。
  
 是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

『キミ』を想うボクの気持ちが、言葉を変え表現を変え、様々な形で綴られていきます。
ステキなフレーズの数々に、これだけ沢山の想いを自分の中から引き出せたのなら、既にそれだけで十分に価値のある事なんじゃないかと思いました。




例えその想いが、最後どんな結末を迎えようとも。