竜星機 オルディウス

作者 鋼鉄の羽蛍

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第82話 光と闇と、人間と邪神と……へのコメント

    世界が一つになっていく……!

    作者からの返信

    本日も朝コメ、誠に感謝!
    何度言っても足りないぐらい、ありがとう
    ございます!

    最終大戦へ向けようやく戦う者達が揃った感
    があります。
    相手は異なる宇宙より押し寄せる異形の大群。
    それを放置すれば人類滅亡は免れません。

    それが試練であれど、今人類が背負う贖罪を
    果たす前に滅びる訳には行かぬと皆が奮闘
    します。

    最後の展開までは気が抜けません!
    次回もお楽しみ下さい!!

    2020年10月17日 11:35

  • 第81話 騎士の慈愛は魔王の怨嗟を溶か…へのコメント

    もはやこの人たち友達になれそう。

    作者からの返信

    今日も定期コメ感謝です!

    中々お目が高い…今後を予見する様なコメで
    作者もドキリとします(汗)

    イケナイ…読者様の想像通りを描くも大事ですが、
    読者様の想像の上を行く展開も必要か!?(←ww

    ともあれフラグの方はしっかり回収しながらの
    展開ですので、そこはご理解願えればと。

    さて以降も是非是非ご期待下さい!

    2020年10月11日 19:23

  • 第81話 騎士の慈愛は魔王の怨嗟を溶か…へのコメント

    久々のエィイイイメンッ!
    (((o(*゚▽゚*)o)))

    魔王退場?( ´•ω•` )

    作者からの返信

    ご期待のエィイイメンッ!
    コメ感謝です!

    オリエルはこれが無いと、なんだか締まらなくなって
    きましたww

    この話はまさにオリエル・エルハンドと言う男を出す上で
    外せない展開でもありました。
    天使の名がメタトロンを名乗る点と、それがかつて天軍に
    属していた経緯から、古の大戦に於ける宿敵も必要と。
    それが魔王軍に属し、かのルシファーの旧知の仲と言う
    アルベルトと言う形での登場です。

    実はこのアルベルトと言う魔王はさかのぼる事28年前、
    (高校時代、歳がばれるww)から温存したキャラです!
    まさかの数十年越しのデビューですよ!

    なのでここで終わるかは…作者のみぞ知るww
    そこも含めて次回をご期待下さい!

    2020年10月11日 12:17

  • 第80話 邪神が人類の手を取る時へのコメント

    宇宙空間?での戦闘が目に浮かぶくらいスピィーディーな展開!

    作者からの返信

    早朝コメ感謝!いつもありがとうございます!

    宇宙空間!で間違いありませんww
    今ヒュペルボレオスがいる場所は月のラグランジュ
    軌道から大きく内縁へ入った辺りで、月面地上も
    それなりに近付く頃です。

    そこを埋め尽くす邪神生命の大群は、おぞましい事
    この上無いでしょうが(汗)

    そんな宇宙空間での戦闘描写は頭を悩ます所。
    大気圏内の戦闘とは描写がかなり異なりますので。

    しかしそれが文章や皆の言動から察して頂けたなら
    ボクも描写にこだわった甲斐もあるというもの。

    タケミカヅチの邪神娘バージョンにシエラ搭乗の
    女神も揃い、いよいよ反撃の時が訪れましたが…
    今魔王と打ちあうオリエルも気になる所。

    その辺が次回語られますので、ご期待下さい!

    2020年10月7日 11:43

  • 第79話 因果に選ばれし調律者へのコメント

    熱い、熱いよ、主人公!
    まるで真空の宇宙をかけるT-REXの咆哮が聞こえるかのようだ。
    そうとも、かつての人類の罪を贖うのもまた、人類の務めなのだからさ。

    作者からの返信

    燃える様な熱いコメをありがとうございます!
    感謝です!

    この話で界吏が放った言葉は、今の時代に生きる
    全ての人類に届けたい叫びです。
    母なる大地を汚したのが人類なら、それをもとへ
    戻し守り続けるのも人類の使命。

    その人類の代表者となる界吏と、遥か太古に生命の
    頂点へ立っていたT-REXとの共演が、今後の戦い
    のキーとなります。

    そしてオルディウスと対となる銀嶺の女神。
    そこへ遂に機動兵装を駆る事となったシエラが加わり
    邪神生命との戦いも佳境!
    次回もご期待下さい!!

    2020年10月1日 20:33

  • 第78話 TーREXへのコメント

    仇名はTくん。
    奮迅期待します!

    作者からの返信

    本日もコメ感謝です!
    まさかのTくんww予想だにしていませんでしたww

    残るドレッド換装を端折るかどうか悩んだ結果、
    一気にブチ抜く様に連続換装と言う結果にww

    そしてこの話だけで、界吏くん必殺技のオンパレード
    となってしまいました。
    まだボス戦でも無いのに(汗)

    そして登場した最後の眠り姫。
    ここは一つの重要点となりますので、是非次回も
    ご期待下さいませ!!

    2020年9月25日 18:51

  • 第77話 支える者達、戦場へへのコメント

    さてさて、いよいよ佳境か⁈
    果たして彼らの運命は?

    作者からの返信

    夜分コメ感謝です!いつもありがとうございます!

    界吏にオリエルが中心で戦う中、支える者達も
    参戦です。
    確かに戦い手は増えましたが、同時に敵もさらに
    強敵と化しております。
    まさに月面遺跡起動がキーとなりますね!

    遺跡起動で一体何が変動するか……
    そして未だ動かぬナイアルラトホテップの思惑は!?

    この月面での戦いが如何に進んで行くか、執筆者
    たるボクも試行錯誤で書き上げております!
    応援よろしくお願いします!

    2020年9月20日 23:38

  • 第76話 月面遺跡を起動せよ!へのコメント

    やっぱりスピードが一番よね。
    敵もこれまでとは違い、もっとパワーアップしてるみたいだし、犠牲が出ないことを祈ります。

    作者からの返信

    本日も早朝コメ感謝です!
    仕事疲れで思う様に話が進んでいない中、応援
    痛み入ります。

    このドール達との共演となるドレッドノート換装
    では、現状全員換装するか否かを迷っております。
    全員分を話に入れ込むと、やや物語の展開速度が
    落ちてしまうので実に悩みどころなのです。

    速度を重視すれば、これ以上ドレッドとの換装
    による戦闘が起こり得ないかも知れませので、
    予め了承頂けたらと。

    今後の展開では、遺跡起動のための月面部隊と
    月宙域で邪神と接敵する部隊……そしてヒュペ
    ルボレオス防衛組の三方面での戦いとなるで
    しょう。

    果たして月面遺跡起動なるか!?
    ご期待下さい!

    2020年9月14日 07:51

  • 第75話 聖霊騎士、天使の如き慈愛を宿…へのコメント

    お口が達者な聖霊騎士くん。
    熱い。

    作者からの返信

    本日もコメ感謝の至り!ありがとうございます!

    因果の戦いと言いますか、こちらも正しく宿命の
    戦い。
    けれど今度はオリエルの方が諭す立ち位置となり
    ますね。
    界吏の器に打たれ、大きく成長した彼が魔王を
    如何に説き伏せるのか……

    次回もお楽しみ下さいませ!

    2020年9月7日 19:12

  • 第74話 復讐の魔王へのコメント

    みんなの想いが一つになって……地球に落下する月を食い止める???w

    作者からの返信

    コメと言うお心遣い、いつもありがとう
    ございます!

    流石に月は落下しません(汗)
    そのネタでは何処ぞの戦姫絶唱なシンフォ
    なんちゃらになってしまいます……

    しかしご期待とは異なるかも知れませんが、
    宇宙での戦いではまずオリエルとアルベルト
    の因縁がキモとなります。

    その間に界吏とシエラに加え、アリスとの
    邂逅がもたらす結果を描きたいと。
    こちらのキモは、アリスが漏らした
    〈ローゼリア〉と言う言葉ですね。

    宇宙編とも言える月宙域の戦いを、最後
    まで応援して頂ける事を願うばかりです!

    2020年9月2日 22:34

  • 第73話 接敵、光を纏う者と闇を継ぐ者へのコメント

    やっぱりメタトロンはかっこいいなぁ。
    ところで地球の人たちが宇宙に上がって遺跡を残したと言いますが、地球以外の別の惑星や銀河でもこのお話と同じようなことが行われているんですかね。

    作者からの返信

    残暑厳しい中(?)熱いコメありがとう
    ございます!

    メタトロン…いいですよね。
    オリエルの乗機と言う所がまた良さを
    倍増させ…!

    多くを語るは自分の作品作りのハードル
    を上げてしまううえネタバレとなるので
    控えますが(←!?)あります!

    元々は同じ世界感の中とし、遠く離れた
    銀河星系での絶賛物語要素は準備中です。
    しかしながら、現在異世界ファンタジー
    含むメイン長編三作を執筆中で、さらに
    は同じ地球初のがもう一作残っているの
    です。

    全体の進捗度や完結具合で書き出すか
    どうかを悩んでいる所ですが、まずは
    この竜星機オルディウスをご堪能下さい!

    2020年8月29日 09:21

  • 第0話 神の意に抗う者へのコメント

    はじめまして!自主企画へのご参加ありがとうございます!
    SFはあまり馴染みがないのですごく新鮮です!ゆっくりと勉強させていただきます!

    作者からの返信

    こちらこそ目を通して頂きありがとうございます!

    現在執筆中で一番後に出した作品で、最初の頃の
    様な稚拙さや読みにくさは幾分改善されている
    かと思いますが、楽しんで読んで貰えれば幸いです。

    途中で趣味に合わなくて読むのを中断されても、
    全く問題ありませんので。
    全ての方の感性に合う作品を生み出すのは至難の
    技です。

    ですから例え数話の応援があるだけでも励みと
    なりますので、その辺は遠慮なさらない様にだけ
    して頂ければと。

    では、作品をお楽しみ下さいませ!

    2020年8月28日 11:52

  • 第72話 月面遺跡〈ヴァルハラ宮殿〉へのコメント

    魔界は星……。
    話がどう転がるのか分からなくなってきた。

    作者からの返信

    お昼時コメ頂きました!感謝です!

    魔界が星という概念は大元の共通設定上にあり、ここでは
    主に魔界より訪れた魔王様の過去に関わるため簡潔にその
    場所の説明を載せた感じです。

    基本共通設定から引用すると、この世界線では光と闇の
    存在や魔導の存在が物理法則上の素粒子学・量子理論で
    解明されていると言う形です。

    極めて長文の説明になるため割愛しますが、魔王様の故郷
    はそんな感じとだけ気に留めて頂ければと。

    本質的には某単一神教をモチーフにした展開が混じります
    が、それは一番こう言う場での勝手な表現が危険な事も
    ありかなりボカしてはいます。

    ともあれ本筋は邪神との戦いをメインとしておりますので、
    どうか今後も邪神メイン思考にてお付き合い下さいませ!

    2020年8月18日 12:00

  • 第71話 その世界はいと深き漆黒へのコメント

    かいりくんは戦いが終わったらL・A・Tを駆使して車でも作ってもらおうかな(笑)。

    作者からの返信

    お盆最中、コメをお待ちしておりました!
    感謝です!

    それはあながち無いとは言えないかとw
    そもそも劇中にはない基本設定としまして、
    後の世界線で大きく影響する事になります
    が……そもそも三神守護宗家が社会的に
    資金を得るため表向きに経営するのは
    ヤタナギ・オート・モーターグループと言う
    日本企業です。

    その絡みから、界吏の父である叢剣の持ち物
    であったエキシージが生まれた訳ですから。

    ロボット作品であり戦闘メインのため、あまり
    彼の愛車が登場する事はありません。
    ですがそこは、さりげなくそんな彼の相棒に
    関わるネタを今後一つだけ準備しています。

    それがいつになるかはお楽しみ!
    続いて応援よろしくお願いします!

    2020年8月13日 15:58

  • 第71話 その世界はいと深き漆黒へのコメント

    真祖の活躍に期待ʬʬ

    作者からの返信

    お盆最中のコメ感謝です!

    真祖様は立ち位置上あくまで後方支援となりますが
    本来は地上において闇の眷属の頂点たるお方です。
    加えて、主人公達が対魔討滅機関を担う関係上、
    切っても切れないポジションですね。

    しかし「エイィィメン!」に反応される読者様方
    からすればどう思考してもどこぞの二丁銃のヤバイ
    旦那しか浮かびませんw
    そして「エイィィメン!」と絡みすぎれば作品が
    根本で変わってしましますねw(さすがにそれは著作…)

    この真祖様がどの様に活躍するかは、小型の機動兵装
    の出来次第!

    その戦いもじきにお目見えするはずですので、お楽しみ
    下さい!

    2020年8月13日 14:30

  • 第70話 蒼き星を背に、宇宙の深淵へ発…へのコメント

    いざ、宇宙へ──!

    作者からの返信

    遅れ気味のアップへのコメに感謝です!

    ようやく宇宙へ飛び出しました…
    思えばこの作品を設定だけ書きなぐっていた
    頃が懐かしい。

    当時は漫画家の真似事をしてるつもりで、
    同人作家の域にさえ達さぬ若輩でした。
    それが舞台をネット小説と言う新たな世界へ
    移し、一つの作品として人様にささやかながら
    の評価まで頂ける今に感無量の至り!

    次回より月宙域までの道のりからの、月面
    にて物語が進んで行きます。

    未だ傍観者であるナイアルラトホテップと
    魔王率いる二柱の邪神が控えます。
    恐らく其処彼処に、ちょい役で邪神生命が
    顔を出す予定です。

    何卒最後の戦いまでお付き合い願えたらと
    思います!

    2020年8月8日 13:44

  • 第69話 暁の出陣へのコメント

    私の最推しのクトゥグァが健在でよかった……。
    魔王勢も顔出しですね。

    作者からの返信

    コメの数だけ読まれた愛を感じます!
    感謝です!

    クトゥグアはハスターといた場合、どちらか
    言えば騒動を引き起こすボケ側なのですが…
    まさかの機関三人娘二人と絡むと、まさか
    まさかのツッコミ常識枠に(汗)

    かのハスターでさえシャウゼとクーニーには
    てを焼く始末。
    と言いますか、オペレーター娘のSAN値とは?
    みたいなww

    そしてようやく宇宙への出立が整い、進軍を
    始める救世の志士達!
    次回でいよいよ宇宙へと飛び立ちます!
    魔王と邪神の混ざり合う軍勢との戦いが、
    いかな試練と相成るか!?

    クトゥグアも機関の一員として活躍する
    事と思いますので、どうかご期待下さい!

    2020年7月31日 09:22

  • 第68話 遥かに輝くトラペゾヘドロンへのコメント

    懸案は山積み……。
    戦闘が終結しても戦後処理に追われそう。

    作者からの返信

    いつもコメありがとうございます!

    いかな邪神との戦いが待ち受けている
    とは言え、古の技術は人類の行き過ぎを
    抑えるためのこの時代で制限を課した
    所…それを無かった事にしてしまうのは
    流石に後世への影響も深刻かと思われ
    ます。

    しかしまずはこの危機を乗り越えなけ
    れば、そもそもの地球文明が消滅する
    事態。
    その諸々の覚悟のままに皆戦いの準備
    を進めている所ですね。

    さていよいよ宇宙へと上がる瞬間が
    訪れます!(話の流れ上二話ほどかかり
    ますが…)
    救世の志士達へ、未だ控える新たな邪神
    と魔王がどの様な因果でかかわって行く
    のか…
    宇宙編とも言える以降をお楽しみ頂け
    たらと思います!

    2020年7月25日 11:48

  • 第67話 潰えぬ意志は明日を見るへのコメント

    遂に召喚⁈

    作者からの返信

    お昼コメありがとうございます!
    最近お仕事疲れの爆睡で、アップが
    不安定となっておりますがお察し
    下さい。

    召喚っ…ってそれはかのデモンべ◯イン
    さんみたいです(汗
    そこに寄せすぎるのは流石にどうかと
    …(汗
    (個人的には寄せたいっww)

    ウチの作品でのトラペゾヘドロンの
    扱いはまた違う感じなので、そこは
    今後次第で。

    さてさてこれ以降、それを踏まえて
    いかな展開に発展するのか!
    ご期待下さい!!

    2020年7月19日 14:03

  • 第66話 失われ……取り戻したひと時へのコメント

    二人で幸せになることを祈るぜ。

    作者からの返信

    今話も応援コメありがとうございます!

    このシエラとアリスとのひと時は、
    二人の関係性が明らかに変化した事を
    伝えるのに必要でした。
    最初は突き放して辛辣に当たったアリス
    がどれ程のシエラと言う存在を大切に
    思っていたか…それが読者皆様へ伝われ
    ばと。

    そんなの中でそのアリスでさえ羨む
    シエラと界吏の惹かれ合い様は、アリス
    さえも祝福したいと思わせる程。

    さらにアリスは、アイリス達ドールズ
    の意識と繋がっている事から、界吏の
    一挙手一投足を理解しているものと。

    アリスと界吏とシエラ。
    その関係性こそが、今後の重要なキー
    ワードです!
    あと少し地球でのやり取り続きますが
    何卒見守ってあげて下さいませ!!

    2020年7月12日 13:54

  • 第65話 手を取り合うは人と、邪神とへのコメント

    ノーデンスの今後に期待する𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔

    作者からの返信

    コメありがとうございます!

    あとはノーデンスだけですね!
    まあじい様はじい様なので、じい様
    相当の扱いとなろうかと思いますw

    ともかくノーデンスの含めた三邪神
    も今後の戦いで重要な位置付けと
    なります。

    スーパーロボット物の王道として、
    昨日の敵は今日の友と相成る事で
    しょう!

    応援よろしくお願いします!

    2020年7月5日 18:13

  • 第65話 手を取り合うは人と、邪神とへのコメント

    コメ遅れました。
    あー、邪神二人娘が復活して歓喜!
    彼らが如何なる結末を辿るのか⁈

    作者からの返信

    ゆっくりで結構です!
    いつものコメ感謝です!

    彼女らの復活は予定してましたが、
    どう復活させるかがキモでした…
    ですが、ここまでドール達を全面に
    押し出した形ならそれに近い物へ
    との結論へと達しましたねw

    あと少し月宙域へ向かうまでの準備
    段階の話となりますが、自分で立て
    たフラグを回収しながらの展開につき
    ご容赦頂けたらと。

    引き続きの応援をよろしくお願い
    します!

    2020年7月4日 21:59

  • 第64話 願い集うヒュペルボレオスへのコメント

    姉御は日本正統派美女というわけですね。
    嵐の前の静かさに訪れた束の間の休息。
    いつまでもこれが続けば──

    作者からの返信

    コメが染み渡っております!
    感謝です!

    危機はそこまで迫っていますが、混沌
    さんが何らかの意図を持って人質を
    取ったなら、今は戦力増強あるのみ
    です。
    当然ささやかな心の清涼剤も必要な
    所、界吏の姉は安らぎを与えてくれる
    大和撫子です。
    邂逅としては僅かですが、それが活力
    になればとの登場となります。

    月宙域へ向かうまでの準備は着々と…
    次回もご期待下さい!

    2020年6月29日 19:17

  • 第63話 人ならざる少女の憂鬱へのコメント

    児童引率ですか。
    かいり君は戦いが終わったら孤児院でも開けば面白そうw

    作者からの返信

    コメいつもありがとうございます!
    応援されてますww

    児童引率は見た目だけでww
    実際真逆のロリバb…ゲフンゲフン!
    数億年単位を生きようとも、霊的プロ
    グラム上は見た目相応と言う所でしょ
    うか。

    界吏も普通に孤児院開けそう…
    そのネタはありかも!?

    しばしのひと時が続きますが、これから
    の決戦までの下準備として楽しんで頂け
    たらと思います!

    2020年6月26日 17:34

  • 第62話 ノアの箱船へのコメント

    オルディウス……まさかの真実。
    島ごとかーい!

    作者からの返信

    島ごとでーす!ww
    そこへの反応共に応援感謝です!

    やはりスーパーロボット作品としては
    旗艦が宇宙へとかはありきたりです。
    どっかのドリルドリルした船は仲間の
    機体全部呑み込んでましたがww

    ボクの知るSF作品でも島宇宙航行艦
    とか言う、地球丸ごと宇宙航行させる
    月よりでかい船(ロボ変形可ww)があり
    ますし…島ごと行ってもいいかなって
    ww

    まあ恒星間航行ができる機動要塞
    ぐらいの形に取って頂ければ…

    しばし宇宙に臨むまでの準備期間です
    が、よろしくお願いします!

    2020年6月20日 15:04

  • 第61話 突き付けられた世界の余命宣告へのコメント

    続々とクライマックスへの足並みが揃いましたな。
    にしてもよくこんなに登場人物のカタカナ名を思いつくなと感心。元ネタは色々あるのでしょうが、それでもすごいなぁ。

    作者からの返信

    お昼のコメ感謝です!

    これより宇宙へ上がると言うロボット物の
    ある意味お約束が待ち受けています。
    そしてあの恐るべき尖兵も相手取らな
    ければならないのか…以降はまさに作者
    のみぞ知るww

    カタカナ名は出来るだけ発音に注意し
    自分含めた方々が読み易く心に残る物を
    創作し、且つ何らかの元があればそれも
    取り入れる手法です。

    このオルディウス以外の作品でも、至る
    ところにカタカナ名が出て来ますが、
    呼ぶとすんなり入って来て、物語に集中
    出来る効果もある様ですww

    その点への賛美を頂けたのはありがたい
    限り!
    続けて行きます!お楽しみ下さい!

    2020年6月14日 14:45

  • 第60話 人質は……世界へのコメント

    なんかラブラブになってきたぞ。
    歌で解決する某巨大可変戦艦アニメの如く、愛で全てが決まるのか。はたまた……

    作者からの返信

    素早きコメ、いつもありがとうございます!
    某巨大可変戦艦アニメの如く敵は出て来ちゃい
    ましたが…ww

    愛か否かはまた違う要素が絡むとだけお伝え
    しておきましょう!

    と言いますか、どう考えても絶望的です…
    この窮地を脱するためには、やはり鍵となる
    月方面への移動が重要と…!?

    今後の展開でも傷付いた邪神達が気になる所
    …ご期待下さい!

    2020年6月8日 11:33

  • 第59話 舞い降りた狂気へのコメント

    彼らの熱い心に感極まり号泣。
    もうこの先どう話か転がるのかわからないよ……。

    作者からの返信

    早朝からの号泣お誘い失礼。
    そして感謝しかありません!

    この物語をしかと読み進めていただけたから
    こそ、その涙を誘ったものと思います。
    救いし者達の強さと気概、そして討たれた
    邪神達の真摯なる想い……

    それを台無しにする様な邪神の狂気の
    訪れ……

    これらをさらに手に汗握る素晴らしき物語
    へと導いていきたいと思います!

    どうかまだ先が見えない感のある当作品
    ですが、応援よろしくお願いします!

    2020年6月5日 07:27

  • 第58話 竜と巨人、高潔なる激突と………へのコメント

    ジジィーッ!
    なんという結末……

    作者からの返信

    日曜コメ感謝です!

    まさか…ジジィがこの様な……
    許すまじナイアルラトホッテプと言う
    感じです!

    だがしかし、きゃつも何かしらの思考
    に駆られた故の蛮行…
    これからそれが何を意味し、どう展開
    するかをお待ち下さい!

    気が気でないでしょうが…!

    2020年5月31日 11:19

  • 第57話 邪神屠る刃の煌めきへのコメント

    前々から思ってたんですけども、クトゥグア可愛いですよね〜( ^ω^ )

    作者からの返信

    朝コメ感謝です!

    クトゥグアには、ドール達の様な幼い
    タイプのキャラが多い中での妖艶部門
    を担ってもらってます!

    ボクも結構お気に入りでありますよ!

    さあ、遂にノーデンス編の真のクライ
    マックス…この後予想外の展開に!?

    ご期待下さい!

    2020年5月28日 09:01

  • 第56話 天空乱舞!星霊姫の翼!へのコメント

    燃え盛る爆炎の光刃が大気を切り裂き、全てを焼き尽くす紅蓮の炎となった中で向き合う二人。
    続きが気になりますねぇ。

    作者からの返信

    毎度のコメ感謝です!

    ノーデンス戦におけるお転婆邪神娘、
    その二人との決着もそろそろ見え始め
    ましたね!

    この戦いの行方と、ハスター…そして
    ノーデンスとの決着の行方は!?

    ノーデンス戦クライマックス、次回を
    首を長くしてお待ち下さい!

    2020年5月22日 11:52

  • 第55話 邪神を欺くは、研ぎ澄まされし…へのコメント

    蒼穹のファフナーを一気見していたために閲覧が遅れたこと、謹んでお詫び申し上げます。どうかお許しください。
    本作のファンとしての責務である支援コメを怠るとは言語道断、ファン失格であり、許されざることですがどうか、どうか執筆の手を止めないでいただけると幸いです(汗
    ノーデンス戦も佳境、主人公達が決死の想いで機体を駆っているのに、読者である私が安寧とした場所で怠惰に身を任せている現状を改善する事を約束したいと思い、このようなコメを上げさせていただきました。
    これからも執筆作業頑張って下さい。応援してます。

    作者からの返信

    こんなご丁寧なコメ頂き、ボクも
    頑張って執筆した甲斐があると言う
    ものです!

    コメを頂けるだけでもありがたい所
    その読者様の行動を制限するなど
    もってのほかですよ!

    「」様のご都合が付く時にじっくり
    読んで頂ければ、ボクもその期待に
    添える様尽力させてもらいます!

    素敵なお言葉を頂けた事に心より
    感謝させて頂きます!
    これからも応援よろしくお願いしま
    すね!!

    2020年5月18日 19:31

  • 第55話 邪神を欺くは、研ぎ澄まされし…へのコメント

    久しぶりのエイィィメン! "((∩´︶`∩))"

    作者からの返信

    エイィィメン!ww
    コメありがとうございます!

    オリエルが活躍しないと、中々登場させられない
    のが玉にキズです(汗
    できればオリエルが単独で戦う時などは、なる
    べくエイメンって言って貰いたい!

    なんせオリエルのモデルは、通り名でエンゼル
    なんたらや、バイヨなんたらや、首切りなんたら
    言われる、狂気の若本的神父様ですからねww

    さあノーデンス戦も佳境――お楽しみ下さい!

    2020年5月16日 23:20

  • 第54話 憂う混沌の少女へのコメント

    法定速度無視www
    対ノーデンス戦も佳境。しかしその背後にはまだまだ闇が沈黙している。油断は禁物ですぞ!

    作者からの返信

    お待ちしておりました!
    コメ感謝です!
    (コメを媚びてすいませんww)

    フェラーリですからねw
    法廷速度内で普通に走っていてはその名
    が泣きますw
    大丈夫、作品紹介欄でちゃんとフィク
    ションと名打ってますので!
    (大丈夫なのか!?)

    そして動き出す這い寄る混沌…
    混沌な彼女が想定外の事をしでかすかも
    知れません…
    それがこの戦いにどの様な影響を与える
    のか…

    まだまだ行きます!
    応援よろしくお願いします!

    2020年5月10日 11:23

  • 第53話 竜と共に舞え!星霊姫の少女達!へのコメント

    海ジジイのコミカルな一面が見られた回だったかな?

    作者からの返信

    連休コメ感謝です!ありがとうございます!

    海ジジィww
    ジジィが愛されて嬉しい限りです!
    本来は界吏と武を競い合う邪神らしからぬ
    邪神と言う立ち位置であるのですが…
    どうもお転婆邪神達がそばにいると、孫に
    翻弄されるじぃ様みたいにww

    しかしカクヨム内でも執筆されております
    クトゥルフ神話系の先達様も、ノーデンス
    は掘り下げる余地があるとおっしゃられて
    おります。

    ゆえに新しいノーデンスを描けたらと、
    日々思考中であります!

    さあ、ノーデンス戦も佳境!
    今後の展開にご期待下さい!

    2020年5月3日 10:32

  • 第52話 真理なる裏切りの吸血鬼へのコメント

    彼らの思いを乗せ大地を駆けるフェラーリ・ローマの咆哮。
    かっこいい〜。

    作者からの返信

    お昼時コメ感謝です!

    物語冒頭でちょっと跳ね馬の名に泥を
    塗る様な登場をさせてしまったのでww

    どの跳ね馬を起用するか悩んだ末、
    物語の中である意味重要な名でもある
    ローマを冠する跳ね馬を選びました!

    ちょっとの登場ですが、跳ね馬の名へ
    敬意を表した軍馬の如き描かれ方ならば
    その汚名を返上できたと思います!

    前線で戦う者たちだけでなく、後方で
    支える者たちも大事に描ける様、後
    の展開も気を使いたいと思います!

    2020年4月28日 11:54

  • 第51話 海中の激突!アクア・ドゥラギ…へのコメント

    主人公が覚醒し、その盟友も辣腕を振るう。ヒロイン少佐もいよいよ自分の進むべき道を自覚して、終極の訪れを感じさせますな。

    作者からの返信

    毎度の素早きコメに感謝です!

    アリスとの接触が叶った事で、正に
    シエラの行くべき道が開けた状況です。

    ですが未だ尖兵、邪神への致命的な被害
    を与えられていない以上は、機関として
    も油断出来ぬ所。

    この戦いより界吏とオリエル、二人の絆
    もさらに強化されて行きます。

    その地球側の逆襲を受け、ノーデンスに
    クトゥグア、そしてハスターがいかに
    立ち回るか!?

    クライマックスまで、上り詰めますよ!

    2020年4月21日 10:24

  • 第50話 竜機換装!水竜装填!へのコメント

    水竜機とはな……。
    何かの神話を想起させる。

    作者からの返信

    定番の早朝コメが心に沁みます!
    感謝です!

    ここから星霊姫システムの本領が発揮
    される訳ですが、まだ現状は戦闘形態
    の変化にとどまっていますね。

    それぞれのドール達に与えられたシン
    ボルは単純な属性的扱いとは異なります。
    そこはやはりSFと言う事でw

    むしろボクの作品では、その属性は自然
    界の様々な現象を表す物理的な解釈と
    して扱ってます。

    まだまだ行きます!
    応援よろしくお願いします!

    2020年4月16日 09:03

  • 第49話 大海を統べる者へのコメント

    間に合ってくれと思ったところに増援。反撃の狼煙が上がった。
    ところで海流エンジンてロマンあるなぁ。

    作者からの返信

    期待に預かり恐悦至極!
    コメ感謝です!

    ロボットモノでは数少ない海中戦闘
    ですww
    ボクの好きなロボットアニメ作品で
    マーズデイブレイクだったでしょうか
    …火星の海洋を舞台にした作品もあり、
    さらには大海の旧神の強さを存分に
    引き出すギミックとして海流を活かせる
    か否かが鍵となる戦闘を登場させま
    した!

    加えて界吏は剣術に於いては最強クラス
    ですが、大自然の脅威を前に手も足も
    出ない…そんな、世の中一筋縄では
    いかないぞ!との展開としました!

    では次回もご期待下さい!!

    2020年4月11日 12:36 編集済

  • 第48話 起死回生!人ならざる少女達!へのコメント

    うむ、増援の模様。

    作者からの返信

    コメ感謝します!

    ようやくの救世主側の増援です!
    窮地に舞い降りる少女達は、いかなる
    活躍を見せてくれるか!?

    ある意味ここからが本当の戦いかも
    知れません!

    さらにさらに、ご期待頂けたらと思い
    ます!

    2020年4月6日 17:05

  • 第48話 起死回生!人ならざる少女達!へのコメント

    ドールってそのまま戦えるんだなʬʬ

    作者からの返信

    一番コメありがとうございます!

    ドールの少女達は実質戦闘兵器の様な
    存在であります。
    ですがただの機械ではなく、アリスを
    通じて心と言う概念をコアに活動する
    ガイノイドであります。
    その彼女らの心を貶める者に対しては
    防衛行動として攻撃を加える、星の防衛
    システムと言うのが正しい扱いなの
    です!

    よって、劇中のテロ部隊の様な道を誤っ
    た人類に対しては、容赦なくその牙を
    剥く事でしょう。

    星、そしてそこに住まう命の守護者…
    それこそが星霊姫システムとご理解下
    さい!

    反撃態勢が整いつつある中、今後の
    対決もお楽しみ下さい!

    2020年4月6日 13:23

  • 第47話 目覚めの時、アリスネットワー…へのコメント

    超えたか……だが試練はまだ続く。果たして彼等の行く末には何が?

    作者からの返信

    継続的なコメで執筆意欲が満タンです!
    ありがとうございます!

    ようやく一つの大きな起点に辿り着き
    ました。
    思えばこのシエラの物語を、界吏の
    物語とどうすり合わせて進行させるか
    が、当作品のキーとなっていました。

    それがクトゥルフ神話を主軸に据えた事
    ですんなり進行したのには、作者が一番
    驚愕している所です。

    しかしこの物語がここまで進んで来た
    のは「」様のように、少数であるも
    定期的に応援下さる読者様があっての
    ものと感じております。

    さて遂に目覚めの時を迎えた古の技術。
    その全容が少しずつ明らかとなり、
    ノーデンス戦でどの様に威力を発揮する
    か…まだまだ応援よろしくお願いします
    !!

    2020年4月1日 17:40

  • 第14話 深淵を来す冒涜的なる者達へのコメント

     ロボ企画から参りました、オリーブドラブと申します! 第1章に相当する今話まで拝読させて頂きました。
     界吏とアイリスのコンビネーション、真の力を発揮するオルディウス、炸裂するヒノカグツチ、シエラ少佐との対立に、敵勢力の怪しい動き……。スーパーロボットものの王道をこれでもかと突き進む、熱い展開の数々でしたね!(*≧∀≦*)
     これからもゆっくりと読ませて頂きたいと思います。やっぱり剣はロマンですな……(*´ω`*)

    作者からの返信

    コメ感謝します!
    ロボットモノの企画が自主公式共に
    少なく、SFロボットモノジャンルの
    危機を感じております鋼鉄の羽蛍です!

    少しでも王道的なスーパーロボットモノ
    を広めたいと思考錯誤の毎日です!

    ですがボクの貧弱な発想ではこのカク
    ヨム様界隈の猛者には太刀打ちできず、
    しかし負けじと作品を仕上げておりま
    す!

    今はまだ途中でありますが、基本エタ
    らない心積もりで挑んでいますので、
    慌てず読んで頂ければと思います!

    2020年4月1日 07:34

  • 第46話 相撃つ因果、竜星機とノーデンスへのコメント

    エグい剣撃使ってますなぁ。
    じぃやも苦労してるし、先が気になる。

    作者からの返信

    コメありがとうございます!
    先が気になると言う読者様のお言葉は
    執筆側にとっての糧であります!

    やはり皆伝と豪語するならば、数多の
    剣術を駆使して戦ってこそ。
    それを体現出来るオルディウスの存在
    こそが救世の使者たる所以です!

    さて、ノーデンス登場とまさかの海中戦
    突入に、果たして事態の光明は見出せ
    るのでしょうか!?

    次回も応援よろしくお願いします!!

    2020年3月26日 14:24

  • 第45話 激闘!死闘!折れぬ心の剣を振…へのコメント

    エィーメーン!!(๑´ω`ノノ゙ぱちぱちぱち✧

    作者からの返信

    コメありがとうございます!

    エィーメーン!!ですww

    この聖騎士さんはこれがないとしまり
    ませんww
    もうヴァチカン所属で騎士とくれば、
    某バイヨネットを砲弾の如く撃ち放つ
    主人公より悪役な神父様的なノリです!

    まだノーデンス軍との戦い始まった
    ばかり…果たしてシエラは間に合うのか
    !?

    次回もご期待下さいませ!

    2020年3月22日 14:33

  • 第45話 激闘!死闘!折れぬ心の剣を振…へのコメント

    今、覚醒の時っ‼︎
    魔を討ち滅ぼせ、主人公‼︎‼︎

    作者からの返信

    早朝コメ感謝です!

    相手が邪神であろうとも、人類が誇る
    救世の使者達は怯みません!

    窮地だとしても、その現状で最良の選択
    を選ぶもまた強者の証!

    その背を支える家族も、彼らが奮戦する
    からこそ諦めないのです!

    さあ、目まぐるしく移り変わる戦況の
    中…果たしてシエラは間に合うので
    しょうか!?
    次回もさらにヒートアップして行きます
    よ!!

    2020年3月22日 11:57

  • 第44話 ヒュペルボレオスの死闘へのコメント

    神に祈るしかなさそうです。

    作者からの返信

    「」様からのコメが来てホッとする
    自分がいます!
    いつも愛読下さりありがとうございます!

    祈るしかなさそうですね…
    相手も神ですけどね…

    いや、それでは物語が終わってしまいま
    すよww

    これをどう巻き返せるかが重要であります!
    その鍵となるのがシエラの活躍なのです
    から!

    次回、乞うご期待下さい!

    2020年3月20日 10:00

  • 第43話 支える者、魔剣の少女へのコメント

    メイドって強いですよねー。
    さて、一方主人公達は……。

    作者からの返信

    コメに鼓舞されております!
    ありがとうございます!

    いつの時代もどんな物語も、メイドと
    執事はやたらめったら強い法則に則って
    おりますww
    カクヨム内、某先生様の邪神の物語でも
    確か執事が切れ者だったはず…

    シエラを包む因果もそう易々と事を運ば
    せてはくれない様です。

    一方の主人公達ですが…こちらもかなり
    マズイ状況に…
    次回話も首を長くしてお待ち下さい!

    2020年3月12日 10:54

  • 第42話 迎え撃つは〈絶望〉へのコメント

    敵多数にしてこちらは2人。
    うーむ、絶望。

    作者からの返信

    コメありがとうございます!

    本当に絶望感しかありませんね…(汗
    さらにここから拠点襲撃とか、防衛
    戦略上普通に考えて詰んでます…。

    それでもノーデンスが賭けに出たのは
    人類を親愛してこそのものなのかも
    知れません。

    この戦いはクライマックスゆえ、それ
    なりの長さとなりますが、お付き合い
    して頂ければ幸いです!

    2020年3月8日 11:21

  • 第41話 天を引き裂くは、大海の旧神へのコメント

    ノーデンスきたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
    でも戦闘始まるの今話だろと思ってたけど来ただけなのかʬʬ

    作者からの返信

    コメお待ちしておりました!
    いつもありがとうございます!

    ジジィ来ましたww
    しかし物語の関係上色々あり、この話
    では戦闘は無いですww

    けれどそれは、この戦いが一つの鍵に
    なる大戦に位置しているためであり、
    それをもどかしく引っ張り回すための
    今話でもあります。

    訪れる状況はもはや絶望的…その中で
    果たして界吏は、シエラは、オリエルは


    その動向にご注目下さい!!

    2020年3月3日 15:32

  • 第41話 天を引き裂くは、大海の旧神へのコメント

    始まったか。

    作者からの返信

    早朝コメありがたいです!
    そう…始まりました!

    この戦いは人類にとっての起点とも
    なる大戦に他なりません。
    劇中ではまだ描かれていませんが、
    きっと映像なり何なりでそれを見た人類
    は世界の終末と見紛った事でしょう。

    天空から降り来たる邪神の大軍勢…
    これを屠れるかの大一番。
    固唾を飲んで見守ってあげて下さい!

    2020年3月3日 07:47

  • 第40話 大戦の前の静けさへのコメント

    力を持つ者には責任が伴うのでしょうなぁ……。
    かいりの苦悩がひしひしと伝わってきます。

    作者からの返信

    コメいつもありがとうございます!

    界吏が持つ苦悩が伝わり、思考錯誤
    した甲斐があります!
    リアルな世界でも言える、力を振るう
    べき者の責務を知る彼が、いかにその
    義を証明していくかも物語の基礎に
    なってます。

    力を持つからこそそれに見合った成果
    を求められるは世の必定。
    そこに多くの人命が関わるならば、
    その責務は無制限に跳ね上がる。

    力を持つ者としての宿命に立ち向かう
    彼と、それを支える者達…その今後を
    応援してあげて下さい!

    2020年2月27日 18:25

  • 第40話 大戦の前の静けさへのコメント

    次回辺り海の神?の邪神とか出てくるのか?

    作者からの返信

    いつも素早きコメ、感謝にたえません!
    ありがとうございます!

    海は即ちあのヒゲのジジィでございますね!
    すでにジジィ殿も色々追い詰められており
    ますゆえww

    そしてここいらが一つのクライマックスと
    位置付けております。
    しかし単調な戦闘では無く…いろんな不測
    の事態が総動員されるかと…

    執筆する側は悩みどころですが、読み手様
    に楽しんで頂ければと思考錯誤しており
    ます!

    まずはクライマックス…お楽しみ頂ければ
    幸いです!

    2020年2月27日 16:19

  • 第39話 誰もの決意は研ぎ澄まされてへのコメント

    !?(灬ฅฅ灬)
    ・・・突然のキス…

    作者からの返信

    コメありがとうございます!

    シエラさん不器用ですから…w
    言葉を選びあぐねて、結果色々すっ飛
    ばしての突飛な行動に出てしまうと。

    けれどそれが皆の目に止まるからこそ
    家族で支えたいと思える一途な頑張り
    屋さんなのです!

    シエラはヒロインでもあり、もう一人の
    主人公の様な立ち位置です。
    物語の中での彼女の成長はどんな道を
    辿って行くかと、毎度試行錯誤しており
    ます!

    彼女の大人可愛い面も出せたらと思い
    ますので、シエラさんへの応援もよろ
    しくお願いします!

    2020年2月22日 13:29

  • 第39話 誰もの決意は研ぎ澄まされてへのコメント

    最終決戦が近い…結末はいかに⁈⁈

    作者からの返信

    コメありがとうございす!

    まだまだ展開は読めぬ所ですが、勢い
    余ってネタバレしてしまうので多くは
    語らない様に努めますw

    試練に晒される側の決意と、試練を
    課す側の決意。
    その背後でうごめくさらなる脅威の
    思惑が物語を更に加速させます!

    まだまだ行きますので応援よろしく
    お願いします!

    2020年2月21日 11:35

  • 第38話 宇宙に舞う因果へのコメント

    忍び寄る影。
    迫り来る凶意。
    地球の存亡の危機。恐ろしや。

    作者からの返信

    コメいつも感謝です!
    ありがたいです!

    地球近隣に訪れる邪神でも厄介な所に
    さらなる邪神と魔王が加わりヤバさが
    桁違いに跳ね上がっております!

    なのに未だ命運託された者達の戦力は
    十分ではない…

    カギを握るはやはりアリスとシエラの
    会談です!

    この後の展開は混迷を極めます…
    どうか引き続き応援頂き、その混迷の
    先もご覧下さい!

    2020年2月18日 20:48

  • 第38話 宇宙に舞う因果へのコメント

    邪神たちも命掛けて何か成そうとしてるのは分かったけど黒い魔王?は強敵なんだろうな

    作者からの返信

    コメいつも感謝です!

    観測者に属する邪神が何故邪神と称さ
    れるのか、それはある意味ボクの作品
    のキーでもありますね。

    そして現れた黒き魔王。
    これは端的に言えば光に対なす者達の
    代表であります。
    タグの複数の神話要素が示す通り、
    この魔王も神話に関わる存在なのです!

    となれば誰がガチンコバトルを挑まれ、それに匹敵する実力であるか否かが
    想像に難く無いかと…

    さらには月の神殿との言葉も囁かれ、
    この物語の最初のクライマックスへと
    突入して行きます!

    今後も応援よろしくお願いします!

    2020年2月16日 11:38

  • 第37話 揺れる英国へのコメント

    もう人類は勝てないんじゃないかとこの話で思ったwww
    邪神より人間のほうが邪悪で草

    作者からの返信

    もうコメなしには執筆出来ぬくらい
    感謝しております!
    ありがとうございます!

    人類の持つ業は、同じ人間を喰らい
    尽くす災害とも言えます。
    それが邪神を呼び寄せたる諸悪の根源
    であり、その点を感じて頂けたなら物語
    の本懐の半分が読者様に伝わった事に
    なります!

    故にそこから救世の当主と呼称される
    界吏が、どう世界を救済して行くのか


    さらなる不穏渦巻く世界で、どうか彼と
    その家族達の活躍を見守ってあげて
    下さい!

    2020年2月9日 13:22

  • 第37話 揺れる英国へのコメント

    おやまあ、不穏なことで。
    盾の大地での戦闘も視野に入れた方がいいかも知れませんな。
    更なる脅威が訪れ、やがて不協和音を蒼星に奏でることになるんでしょうな。

    作者からの返信

    コメ感謝の極みです!

    地球での戦いが佳境に突入するか否か
    のご時世に、宇宙が不穏で騒めいて
    おります!

    さらに人類のためにと奔走する義を持つ
    者を妨害するのは、決まって己の強欲に
    塗れた輩です。
    世のならいとは言え理不尽極まりない所
    です…

    今後はこの不穏の勢力が一悶着を巻き
    起こしますので、界吏達の行く末を
    見守って下さいませ!

    2020年2月9日 12:30

  • 第36話 —共闘—へのコメント

    うーむ、麗しい友情。
    少佐も中々成長して来たし、主人公が誰かとくっつく可能性が見えて来たような……ならオリエル君も女だった方がハーレムになったかもな(失礼)。

    作者からの返信

    コメありがとうございます!
    それを支えに精進しております!

    この作品ではまず、共に戦う界吏と
    オリエルの絆、さらにはメインヒロイン
    とも言える少佐の心の葛藤と成長を
    主眼に置き進めております。
    それが読み手様に伝わる様に、皆の
    心情を細かく描く努力は惜しまぬ所存
    です。

    今後も皆の成長にご期待下さい!

    2020年2月6日 09:00

  • 第35話 絶望の過去は騎士を生むへのコメント

    寸止めで弾き飛ばすなら当てたら粉砕かな?www

    作者からの返信

    コメありがとうございます!
    励みになります!

    そうですね…粉砕で済めばいいのですが
    (汗)

    彼の力の源泉はかの天津神が誇る破壊神
    であるため、むしろ制御が難しいと言う
    のが実情です。

    己が力を振るう度に己の意思と関係無く
    それが一撃に宿るため、極めて扱いが
    難しいのです。

    故に彼はその力で無用の悲劇を生まぬ様
    常に力の全開を封じている。
    つまり彼は力の意味を知る者と言う事
    ですね。

    今後も彼の力との葛藤は熾烈を極めます
    が、どうか見守ってやって下さい!

    2020年2月4日 11:07

  • 第35話 絶望の過去は騎士を生むへのコメント

    圧倒的じゃないか!

    作者からの返信

    コメありがとうございます!!

    界吏も実はかなり力を抑えていた様です
    ww
    その理由は後々明かされる事になると
    思いますが、ひとえに彼が宿す神ヒノカ
    グツチの霊力が…

    ただ力を振るうだけで色々問題がある
    故、徒らに振るえないといった所です
    ね。

    そして敗北を喫した聖霊騎士は、今後
    どの様な決意に至るかが見ものです!

    さらに動き出すノーデンスと、一方の
    宇宙でブラックウインドが用立てた勢力
    が…

    さらなる展開にご期待下さい!!

    2020年2月2日 16:54

  • 第34話 失墜の聖霊騎士へのコメント

    なんか主人公“が”人じゃなくなってないか。

    作者からの返信

    早朝のコメ感謝です!

    主人公でなくなったの下りへの言葉と
    しましては…
    界吏の場合ですとむしろバックアップな苦労人
    に徹した感があります。
    オリエルの場合は人生で二度目とも言える
    苦難を迎えた様なものです。

    感じとしましてはこれが妥当な所でしょうか。

    自分の作品ではこんな紆余曲折を得た主役が、
    支える者達をも輝かせる様な物語を目指して
    おります!

    色々と考えさせられるコメを、いつもありが
    とうございます!

    2020年1月29日 08:50

  • 第16話 騎士と武士へのコメント

    こんにちは、カクヨム武道会開催者の夢見隼と申します。

    草薙の剣術、拝見致しました。深淵の先兵を蹴散らした剣技、確かに見事と評しますが、それらの剣術は刀の潜在能力などに依存しているように思えます。
    現に、この話では騎士に対して不覚を取っており、剣士としての心構えも未熟。

    個人的に、この作品は非常に面白く躍動感あるように思えますが、企画趣旨に即しておらず、中臣静馬の剣技にかなわないと判断し、武道会予選で敗退とさせていただきます。悪しからず、ご了承くださいませ。

    夢見隼

    作者からの返信

    分かりました!
    敗退と言う事で問題ありません!

    わざわざの通達痛み入ります。

    2020年1月25日 22:09

  • 第33話 煮えきらぬ決着へのコメント

    自己犠牲ジジイ…なかなかやるやないの。
    にしてもあの二人は仲が良いな(爆)。

    作者からの返信

    コメいつもありがとうございます!
    ジジィは神らしからぬ気概を見せており
    ます…。
    今後このジジィも中々の見せ場がある
    かも?

    そして邪神の娘っこ二人…仲が悪い様
    に見えてこれですww

    しかしこの後の展開ではこの友好的な
    メンツが…ご期待下さい!!

    2020年1月25日 14:43

  • 第32話 焦燥の騎士を屠るは荒ぶる暴風へのコメント

    聖騎士にベルセルクの主人公みたいな過去があんのか…。
    にしても忙しいな、主人公。

    作者からの返信

    コメありがとうございます!!

    当作品はやはり狂気を司る者が相手であり、
    そして界吏や邪神らが口にした様に狂気の
    源泉は人類そのものが生んだ事象に他なり
    ません。

    クトゥルフの狂気へ違う側面からアプロー
    チできないか、各主人公キャラ達の過去を
    上手く物語りに組み込めないかと、そんな
    話作りを進めております!

    その分各キャラの厚みが増せばと、鋭意取
    り組み中ですので、まだまだ応援よろしく
    お願いします!!

    2020年1月19日 12:30

  • 第31話 炎と炎は相見えるへのコメント

    いっけぇぇぇぇぇ!
    やっちまぇぇぇぇぇ‼︎

    作者からの返信

    応援コメをお待ちしておりました!
    いつもありがとうございます!

    そして「」様が作者よりも燃え盛って
    おられるww

    何だかんだで敵対しつつも良いライバル
    関係な界吏とクトゥグアです!
    炎対炎の演出も自分好みな展開でありま
    すね!

    同時にオリエルとハスターの戦いもある
    種の巡り合わせの様な関係性となります
    ので、そちらも応援してやって下さい
    ませ!

    2020年1月14日 22:53

  • 第30話 武士と炎の化身、騎士と黄衣の王へのコメント

    オリエルやられたか?次回エイィィメン!
    ってまたやるんかな?

    作者からの返信

    いつもコメありがとうございます!

    やられたか、どうか…それは次回のお楽しみ
    ですね!

    何やらエイィィィメンが気に入ってもらえて
    ww
    オリエルを生み出した甲斐もあると言うもの
    です!

    彼も含めて界吏もこれからどんどん活躍し
    ますので、引き続きの応援をお願いします
    !!

    2020年1月11日 14:35

  • 第30話 武士と炎の化身、騎士と黄衣の王へのコメント

    あらら…。
    おいたが過ぎたようで。

    作者からの返信

    コメが励みになっております!ありが
    とうございます!

    現在山あり谷ありの見せ場を、何か聖
    騎士が全部持って行っている感じです
    が…
    彼もある意味主人公的な立場でもあり
    ますので、暖かい目で見守ってやって
    頂けたらと。

    引き続き応援よろしくお願いします!

    2020年1月10日 14:04

  • 第29話 狂気を超えるのは……へのコメント

    エイメーン草𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔𐤔

    作者からの返信

    コメありがとうございます!

    彼のモデルはかの吸血鬼作品で登場する
    ヤバイ司祭様ですww
    ですがまんまだと社会的に問題となり
    ますので(ヴァチカンの時点で微妙(汗)
    自分なりのアレンジを加えたら、いい
    味出す聖騎士様になりました。

    しかしまだ何かに仕える立ち位置からの
    脱却が出来ぬ彼。
    ここから彼も真の救世者として成長して
    行きますので、暖かい目で見守ってあげ
    て下さい!

    2020年1月4日 10:45

  • 第29話 狂気を超えるのは……へのコメント

    これは……燃え女の炎でさえ霞む熱い展開‼︎

    作者からの返信

    新年コメ感謝の極みです!

    良かった、ご期待に添えて!
    ハスターさんちょっとキチガイっぽい
    ところがありますから、まんまと界吏の
    挑発に乗ってしまいましたww

    クトゥルフ系邪神にお笑いで対抗した
    のは彼が初とも思いますが…

    そこで登場するオリエルの見境なしが
    見事に敵二人を巻き込んでます。
    図らずして武士対炎、騎士対風の構図が
    出来上がる事になったのです!

    次回も乞うご期待です!!

    2020年1月3日 10:16

  • 第1話 神話—今よりこれからへのコメント

    『ヒュペルボレオス』、『マスターテリオン』、『ビヤーキー』………クトゥルフ神話も好きな自分には、名前のチョイスが悉く好きだ。

    作者からの返信

    連投コメ感謝です!

    このクトゥルフネタは昔当作品ベースを
    考えていた際もっとポット出に近かった
    経緯を持ちます。
    ですがカクヨム様サイト内でのクトゥル
    フ人気を考慮しクトゥルフを全面に押し
    出した結果、自分でもヨダレ物の作品が
    出来つつあり個人的にも満足です!

    しかし、多様化したクトゥルフ神話系
    作品の中で受け入れられるかが心配な所
    でもありますので、継続した応援を頂け
    れば何よりの執筆の力となります!

    よろしくお願いします!

    2019年12月31日 09:34

  • 第0話 神の意に抗う者へのコメント

    良いですね、この世界観。
    自分は皆川亮二先生の『スプリガン』からSFにも考古学にも、AUGにもハマった口なので。

    内容には関係ない話なのですが……AUG、君の進化は其処で終わりか? P90君と同じ停滞は止めるんだ………と、思うのは自分だけでしょうか?

    作者からの返信

    コメありがとうございます!

    ボクもスプリガン世代ですので、かの
    名作の様な部分は自作品の至る所で
    散りばめています!

    流行りの王道やらテンプレやらが好み
    ではないため、こんな作風になった次第
    であります。
    特にSFとロボットを組み合わせた際は
    基本的に神がかり的な力が関与したり、
    現在のリアルに対する啓蒙や警鐘を盛り
    込むのを基本としてます。

    今後も応援頂けたらと思います!

    2019年12月31日 09:25

  • 第28話 炎は嵐を引きつれ舞い戻るへのコメント

    よし、合体や^_^

    作者からの返信

    いつもコメありがとうございます!

    そんなに煽らないでww
    現時点ではオルディウスとメタトロンが合体する
    構想は考えてないのですが…

    まあ合体攻撃ぐらいはゴニョゴニョ…

    兎も角次回を応援よろしくです!

    2019年12月30日 12:01

  • 第26話 英国の名門、円卓の騎士会機関へのコメント

    もう人類滅んでもいいだろとここまで読んで思った。

    作者からの返信

    さらに連コメありがとうございます!

    魔神竜様にその感覚が伝わったのならば、自分もちゃんと
    思い通りの物語が描けたと自負できます!

    シエラの悲しき記憶はまさに欲望に塗れた人類が、当たり前
    の様に手を伸ばすなれの果ての惨劇です。
    リアルにおいてもそれが世界を覆うさまに、憤りと悲しみ
    しか浮かばない所…
    だからこその救世の当主たる主人公に、そんな世界を物語上
    だけでも救ってもらいたいとの思いを込めた作品です!

    まだまだ続きますので、じっくり応援頂けたらと思います!

    2019年12月27日 20:13

  • 第22話 狂気を司る者へのコメント

    セラフィム来ると思ったわʬʬ
    最初からセラフィムが戦ってればオルフェウス要らんだろうと思ってしまったw

    作者からの返信

    連続応援からのコメ感謝です!

    はい!これはまさに本来味方であるはずのライバルが
    邪魔する典型的なロボット物の展開です!

    この時点では天使に乗る騎士殿は、ちと猪突猛進で
    周りが見えてない感じです。
    それが場合によっては弱点になる事までは、狂信的
    な信仰心が邪魔して気が付かない様です。

    彼の存在も非常に重要ですので、以後もお楽しみ頂け
    たらと思います!

    2019年12月27日 20:04

  • 第16話 騎士と武士へのコメント

    竜星機がなくても能面の天使?があれば世界を守れそうだなと思った。

    作者からの返信

    コメ感謝です!

    そう思って頂けると思惑通りで嬉しいところです!

    やはり天使兵装は元来神格存在からもたらされた
    最大の武力です。
    しかしながら、それを人が操るとなれば話が別に
    なります。
    人の心が弱ければそれを操る事も叶わない、と言う
    のが物語上の設定ですね。

    力があれば全てがうまく進む様なチート系の展開
    出ない事は明らかですね!

    2019年12月27日 19:57

  • 第27話 訪れる一時は、狂気舞う嵐の前…へのコメント

    少佐もチキンレースに加わるのか……。
    あぁっ!SAN値が‼︎SAN値がっっっ!!!!!

    作者からの返信

    コメありがとうございます!

    ちょっと気を抜ける時間をと差し込んだ話です!
    そして閃いたのがかの英国を代表するマズイ料理
    …画像を見ても絶句の後爆笑してしまった二品
    です。

    もはや聞いただけでも食べる気がしないそれを、
    まさかの度胸試しにブッ込む正気を疑う行動w

    そして甘んじて餌食になった当主様の惨状は
    言葉で表現できるかが心配でした(汗)

    さらにシエラさんはと言えば…
    SAN値の狂気乱舞は果たしてどうなる?次号期待
    です!!

    2019年12月27日 11:41

  • 第26話 英国の名門、円卓の騎士会機関へのコメント

    ぐぬぬぬ…寂しいな。

    作者からの返信

    ちょっと前後しましたが、コメが連投で涙が
    出そうです!感謝です!

    このアリスとシエラの物語はまさにこの作品に
    おける主軸であり、シエラの成長がアリスとの
    関係修復の鍵となります。

    そしてシエラを変えていくのが救世の当主である
    草薙界吏…彼が持つデカすぎる器がシエラと言う
    女性の心までも救って行きます。

    シエラとアリス、そして界吏の関係には今後注目
    頂けたらと切に願います!

    2019年12月27日 11:47

  • 第0話 神の意に抗う者へのコメント

    面白いと思う。

    作者からの返信

    コメありがとうございます!

    まだまだ未熟者で稚拙なところもあるかと思いますが、
    若い方に負けじと執筆中です!

    目を通して頂き感謝です!

    2019年12月27日 11:16

  • 第25話 黄衣の王、ハスターへのコメント

    その選択が何をもたらすのか?

    作者からの返信

    コメありがとうございます!感謝です!

    シエラの物語はこの作品でも重要な軸となります。
    それを嘲笑うような邪神の襲来に対し、シエラの
    過去への挑戦が一体どう物語を動かのか…

    彼女の心情とその変化も追って行きますので、
    お付き合い願えたらと思います!

    2019年12月17日 12:23

  • 第24話 荒ぶる風の予感へのコメント

    謎のペアが出来上がった様で。
    互いに人外の存在を持つと苦労するねえ( T_T)\(^-^ )

    作者からの返信

    コメ連投には感謝しかない!ありがとうございます!

    ハスターはクトゥグアとともに、性別とキャラ付けに関し
    て悩んだ所でした…。
    ですが自分流の邪神としては、セリフ付けや思考に感情と
    思惑通りの物になった感じです。

    序盤はノーデンス含めたこの三邪神が中心で事が運びます
    ので、長い目で物語を堪能頂けたらと思います!

    2019年12月12日 09:16

  • 第23話 熾天使 メタトロン・セラフィムへのコメント

    仲良くなっとるやん。
    その内合体するんじゃねぇか?

    作者からの返信

    コメありがとございます!

    おかしいですねw
    何か仲良くなってますw

    まあスーパーロボット物ではよくある一つの展開
    でもあり、またこれが物語…特にラスト辺りで登場
    するかの這い寄る混沌を屠るための因果の導きとも
    なります!

    まだ邪神さえ一柱しか相見えない状態です。
    今後もよろしくお願いします!!

    2019年12月7日 12:46

  • 第22話 狂気を司る者へのコメント

    おやおや、邪魔者が…。
    マグロのたたきにしてしまおうかな?

    作者からの返信

    コメ感謝感激です!

    邪魔者の気配が…ww
    そうですね、三枚下ろしでも良いかもしれませんww

    まさに次回そんな感じで進みますので、暖かい目で
    見守って下さいませ!

    2019年12月4日 20:19

  • 作者からの返信

    朝早くのコメ感謝です!

    クトゥグアさん本性出しました。
    やっぱりクトゥルフを代表する邪神以外の何物でも
    なかった様ですww

    ですが礼節面はあながちハッタリでもない様です
    ので、妖しい少女クトゥグアさんと燃え燃えな当主
    の戦闘を楽しんで頂けたらと思います!

    2019年11月27日 07:40

  • 第20話 炎の化身、邪神クゥトグアへのコメント

    ファイトォー草薙!
    まさかの礼節をわきまえるものだったとは思いもよらず、驚愕。
    なんならマブダチにでもなっちまえと思う今日この頃。

    作者からの返信

    ありがとうございます!コメが心に染み渡ります!

    まさかの礼節がある邪神…実はこの後の豹変のため
    に準備した布石でもあります。

    ここらから相手が本来手を出してはならない存在で
    ある事が、如何なく発揮される頃合いです。

    どんな感じになるかは乞うご期待!
    (当の作者は期待に添えられるかひやひや物なんです
    が…汗)

    2019年11月23日 11:51

  • 第19話 炎舞う化身へのコメント

    クゥトグァエチエチすぎや……。

    作者からの返信

    素早いコメありがとうございます!

    クトゥグアは結構既存の作品で萌え化されており
    自分流の彼女を探っていた所、ドールズが基本清楚
    で登場しますのでここはあえてのエチエチ方向へ
    振って見ましたww

    喋りも独特にすれば他の作品と差別化が図れたかと
    思います。

    まだまだ行きます!
    応援よろしくお願いします!!

    2019年11月20日 07:36

  • 第18話 交錯する思いへのコメント

    女性に手を挙げるのは良いのやら悪いのやら……でもこれは仕方ねぇよ、草薙の兄貴よ。
    んで、今回の話で宇宙適応生命とかいう厨二病wordにワクワク。まだ中盤といったところでしょうが、複雑に絡み合った勢力がどの様な結末を迎えるのか?
    楽しみですねえ(^ω^)

    作者からの返信

    コメ毎度感謝にたえません!

    界吏は堪えるべきところは堪えるけれど、理に反するとなれば
    やはりしかと口にできる男です。
    シエラも己の苛立ちも分かりますが、それを弱きにぶつける道理
    にはならないと言う事ですね。

    ですがこの絡みが徐々に彼等の運命を纏めて行く…そう言葉に
    させてもらいます!
    そして厨二病ワードは必須ですよねww

    まだ邪神の軍勢は尖兵しか現れていない現状、どうなるかご期待
    頂けたらと思います!

    2019年11月17日 09:23

  • 第17話 唯一の神と八百万の神へのコメント

    対になる存在があるということが、吉とでるか凶とでるか。
    両者の最大戦力のぶつかり合いが披露されることも期待しつつ筆を置く。

    作者からの返信

    いつもコメ感謝です!
    まさにいずれに転ぶかは本人らの行動次第と言う所です。

    今作品の見どころでもある両者の関係を、メインでもある
    シエラやアイリスと合わせて思考錯誤中です。

    敵対勢力でもある邪神軍でも動きがあるかと…
    ご期待に添えるよう執筆して参ります!

    2019年11月13日 09:15

  • 第16話 騎士と武士へのコメント

    内容が気になるお\( 'ω')/

    作者からの返信

    いつもコメ感謝です!

    ええ、気になって下さい!
    聖騎士の立ち位置はとても重要ではありますが、
    クトゥルフとどう絡ませるかが課題でもあります。

    ですがそろそろ描いたキャラが一人歩きを始めて
    ますので、ボク作のキャラが勝手に(!?)物語を
    作ってくれる事でしょうww

    ご期待に添える様に、執筆頑張りたいと思います!

    2019年11月8日 07:45

  • 第15話 招かざる来客へのコメント

    さては作者……ツインテ好きだな?
    それよりもライバル出現の予感。期待してる(^ω^)

    作者からの返信

    毎度のコメ感謝です!

    ツインテ好きですw
    バレてしまいましたか。

    この作品で最も重要なライバルその壱登場です。
    いきなり面倒くさい感じで物語をかき回して
    くれます。
    面倒くさいのは彼の使命感からくるものでも
    ありますので、どうか素晴らしき騎士の活躍も
    ご期待頂けたらと思います!

    2019年11月5日 02:34

  • 第14話 深淵を来す冒涜的なる者達へのコメント

    話が進んでいく。
    これからの展開に期待大だ。
    大変だとは思うが、更新頑張ってくれや\(^-^ )

    作者からの返信

    毎度のコメに感謝です!

    現在この作品は元々構想していたベースでは在り来たりであったため、扱いそのものはそこまででもなかったクトゥルフ神話邪神群をメイン敵に大幅変更した経緯を持ちます。

    そのためベースは出来ていても、そこへ邪神群を当てはめたため物語上の展開が全くの白紙から制作された様になっています。

    なので思考錯誤で今後も進めて行く事となりますが、応援頂けると幸いです!

    2019年10月30日 09:27

  • 第13話 対立へのコメント

    かわいそうに…。
    でも女に振り回されるような主人公でなくて満足。

    作者からの返信

    コメありがとございます!

    この主人公は想像を絶する人生を歩む上で、多くの女性を助けたい
    と心から願い、そして有言実行するイカしたナイスガイの設定です。

    そしてその心持ちが後に大きく物語を左右しますので、まだ始まった
    ばかりですがご期待頂けたらと思います!

    2019年10月26日 22:01

  • 第12話 深淵を穿つ対魔の焔へのコメント

    事後承諾w

    作者からの返信

    コメありがとうございます!
    事後承諾ですw
    もう機体に搭乗するや敵戦力へ軽くかました後ですのでw

    ボクの執筆する作品はどうも頭デッカチが多すぎるので、
    たまには直感で深く考えずに突っ込む主人公もありかなと。

    それにかの邪神軍を相手にチマチマ思考してたら、名状
    し難い何やらが次々襲って来ますのでw

    2019年10月22日 18:33

  • 第10話 星を纏う竜の目覚めへのコメント

    僕は本作と同じくカクヨムで連載されている「エイティシックス」も読んでるんすけども、個人的にこっちの方が面白いっす(`・ω・´)
    文章にしろ設定にしろ好みっす

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    何と嬉しいお言葉…感慨の極みです!

    この作品は同じ時間軸で展開される別ストーリーとリンク
    し、且つそれらと展開や登場人物へ大きく変化を与えて
    進めております。
    しかしその根底で設定を共通としつつも、各ストーリーが
    個別に楽しめる、言わば一人スーパー◯ボット◯戦の
    イメージです。
    すでにそのカクヨム内先駆者としてはながやん先生が
    おられますが、ボクの作品は長年温めていた物であり被る
    事も少ないと思っています。

    この先の展開で、もしかすれば好き嫌いの分かれる流れに
    なるかも知れませんが、楽しんで頂けたら幸いです!

    2019年10月16日 09:10

  • 第1話 神話—今よりこれからへのコメント

    馬鹿なッ——円卓の騎士会は、我々から、人類に過ぎた技術たる世紀の発明品「ウォッシュレット付便器」まで奪おうと言うのかッ!

    すいません、悪ノリしましたm(_ _)m
    オルディウスの登場に心躍る一方で、脇役であろうビヤーキーにすごく心惹かれるのは、私だけでしょうか?

    作者からの返信

    連投感謝です!
    ボクも古代技術に「ウォシュレット付き便器」があるのは
    初耳ですwだとすればそれは数万年前の超技術で…
    すいません悪ノリに乗っかりましたw

    言うに及ばずビヤーキーはかの邪神軍の尖兵にございます。
    しかしすでに多くの作者様がその這い寄る混沌の餌食(?)に
    なっておられますのでww皆さまとは違う方向で浸蝕(!?)
    されたのが当作品の形となりますww

    何気に活躍する支援機体ですので、今後もそれなりの出番が
    あろうかと思います!
    今後もよろしくお願いします!

    2019年10月10日 23:36

  • 第0話 神の意に抗う者へのコメント

    蒼弍彩さんの企画から訪問させていただきました!

    ステアーAUG……イカしてますよね、あのフォルム。
    仲間は倒れ、主人公一人だけが生き残り、邂逅する未知の存在……痺れますねぇ(・∀・)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    ステアーに反応があるとは想定してませんでした!

    ステアーAUGは自分がなけなしのお金で買った唯一の
    電動ガンで、その形状もまさに自分好みなのでチョイ
    役小物として登場させました。

    おっと、お話がそれましたが…この作品は自分の他作品
    の展開に重ならない感じで準備したお話です。
    複数自作品がある中で、いかに似た様な展開にならない
    様にするか頑張って思考錯誤したいと思います!

    2019年10月10日 23:28

  • 第8話 因果は今……邂逅するへのコメント

    段々おもろくなってきたぞ!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    なにぶん自分の作品は長いスパンでじっくりのタイプであり、
    即興で手軽に読みたい方には敬遠される様です。

    ですがキャラや世界観をゼロから試行錯誤し執筆していますので、
    どうしても速度が遅くなる所。
    なので速度で劣る分、展開のめまぐるしさを盛り込んでいけたら
    と思っています!

    まだまだ研鑽の最中ではありますが、応援よろしくお願いします!

    2019年10月6日 18:44