9 桜子ロングヘヤーをカットする


 黒崎桜子は格納庫に隣接する宿舎の自室から、滑走路を見ていた。

 月明かりに照らされた滑走路は、今まで見た事のない静寂に閉じこめられている。心細かった。物々しい資材の山、ロボットたちの佇まい、身にまとったロボットスーツの機能。任務の重大さが心に沁みる。


 今までこんな孤独感を味わったことがなかった。これから待ち受けている、未知への恐怖、不安。心が押しつぶされそうになる。

 まずい。これでは、わたしの取柄が無くなってしまう。楽観的でポジティブなのが、わたしの唯一の取柄なのに。


 ジャンが格納庫から出て、宿舎に向かって来るのが見えた。

「黒崎リーダー、ジャンです。これから、そちらに伺ってもよろしいですか」

 ヘルメットに内蔵されている音声受信機から、ジャンの声がする。

「どうぞ」

 桜子が答える。ロボットが自主的に行動している。驚きだった。ロボットは人間の命令だけに従うものだと思っていた。また心配事がひとつ増えた。


 桜子は宿舎のドアを開けた。ジャンがまっすぐ歩いて来る。

「中に入ってよろしいですか。黒崎リーダー」

「どうぞ」

 ジャンが体を屈めて宿舎の部屋に入ってくる。

「あなたとのインターフェースの確認にきました。よろしいですか」

 インターフェ―スの確認? なんだそれ……。

「いくつか質問してもいいですか」


「わたしは、あなたのことを何とお呼びしたらよろしいですか」

「サクラコでいいわ」

「サクラコでよろしいんですか。あなたは、このチームのリーダーですよ」

「ジャン、あんたは、爺さんのこと、タケシって呼んでいるじゃない」

「彼はわたしの相棒ですから」

「わたしは、あなたの相棒ではないの?」


「サクラコ」

 ジャンは早速わたしのことを呼び捨てにした」

「タケシのこと、爺さんと呼ぶのは駄目だと思います。彼は自分のことを爺さんとは思っていません」

「爺さんを爺さんと呼んで、何がいけないの。あの爺さん、わたしのこと、お嬢さんって呼んでいるのに」

「わたしたちは、仲間ですから。サクラコのこと、お嬢さんと呼ぶのを止めるようにタケシに言っておきますから」

 仲間か、この言葉に弱いんだな。それにしても、ジャンはロボットなのに人間くさく、頭が良さそうだ。

「それに、ドクターもタケシも魔の時代を生き抜いてきたという自負があります」

 たしかにそうだろう。でも今は、ロボットに対して素直に従う気になれない。

「わたし、どうしても、爺さんと呼びたいんだ。わたしの爺さん、わたしが子どもの頃、死んでしまって、爺さんと呼ぶ機会がほとんど無かったの」

 桜子の得意な戦法だ。ジャンはどう出るだろうか。


「それなら、そのようにタケシに伝えて、納得してもらったらどうですか」

 ウム……、そうきたか。このロボット、ただ者ではない。

「じゃ、タケ爺と呼びます」

「サクラコ、あなたとのインターフェースの確認、これで終えます」

 え? 今までのジャンとのやり取り、インターフェースの確認だったの。意味がわからない。

「サクラコ、ありがとう。では明日、また」


 ジャンは桜子に背を向けた。

「ジャン、あなたは、人間の心の機微というものを、理解できるの」

 サクラコはジャンの背中に問いかける。

「人間の心の機微とは、何ですか」

 桜子も大人の心の機微というものがわからない。ロボットに心の機微がわからなくて当然か。

「何でもない。今の質問取り消します」

「了解しました」

「ジャン、タケ爺はどうしている」

「理髪師が来て、散髪をしています」

「散髪している……。理髪師に言ってほしいの。タケ爺の散髪が終わったら、わたしの所に来てほしい、と」

「了解しました」


 ジャンの言うとおりだ。わたしたちは仲間なのだ。ただわたしとドクター、タケ爺とは年齢が離れすぎている。どう二人との距離をとればいいのだろう。桜子は目を閉じた。それは、これからの二人との生活の日々の中で考えていくしかないだろう。桜子はそう自分に言い聞かせる。

 ジャンが格納庫に入って行くのが見えた。

 桜子はヘルメットを取り、ベッドに大の字になって天井を見上げる。ジャンに会うまでの不安は消えていた。なんとかなる。わたしは、楽観的なのが取柄なのだ。


 ドアをノックする音が聞こえた。

「どうぞ」

「失礼します」

 バックを抱えた老女がドアを開けて入ってきた。

「髪をカットしてください」

 老女はバックを床に置くと、バックから白いシートを出して、桜子の前の床に敷いた。ドア口にあった木椅子を持ってきて、そのシートの上に載せる。

「こちらに向いて腰かけてください」

 老女はそう言うと、バックから四十センチメートほどの四角い鏡を出して桜子に持たせる。理髪用の鋏と櫛を持って桜子の背中に立った。

「どのように、カットしますか」

「耳の下あたりで」

「よろしいんですか。美しいロングヘヤーなのに」

「これから、命をかけた冒険に出かけるんです」

 桜子はそう言うと、唇をきつく結んだ。

 仲間の重荷になってはいけない。桜子は自分に言い聞かせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます