20 モンゴルから来た家族 

 


 百メートル先に煉瓦作りの寒村が見える。起伏のある丘陵地帯だった。

 レッドが一軒の廃屋から飛び出してきた。一目散に走ってくる。

「村に人がいるようです」

 黒崎桜子が言った。

「男と女の二人です」

「グレイはどうした」

 成田毅が訊いた。

「ガルバンを追って先に行ったそうです」


「ジャン、武器を持ってきてくれないか」

「武器の種類は、どうします」

「君に任せる」

「わかりました」

 ジャンはスパイダ―に入っていく。

 タケ爺はジャンのことを、君と呼ぶんだ。なるほど。

 桜子は耳から如意棒を出し、一メートルの長さにした。ジャンが三十センチほどの筒状の武器を持ってきた。自分は一メートルほどの機関砲を持っている。

「光線銃にしました。よろしいですか」

「これも、インターフェースが必要なのか」

「いえ、この引金を引くだけです」

 ジャンは光線銃を成田に渡した。

「意識を失わせるだけの、軽光線銃です」


「ジャン、様子を見てみよう」

 成田は寒村に向かって歩いていく。

 桜子もその後に続いた。レッドが彼女の後を追っていく。


 成田は廃屋の前で立ちどまった。

 ジャンが機関砲を廃屋に向けて構える。桜子はジャンの後に隠れた。

 廃屋の中から一人の男が両手を上げて出てきた。続いて女が両手を上げて出てくる。男が叫んだ。音声通訳機能が即座に反応しなかった。

「モンゴル語です」

 ジャンが言った。

「撃つな。武器は持っていない」

 ようやく通訳機能が反応した。


「どこから来た?」

「モンゴルからです。ジュンガルへ行く途中です」

「ここで何をしている」

「盗賊に襲われたんです。娘と息子をさらわれました」

「どれくらい前だ」

「一時間ほど前です」

「どうして、ジュンガルへ行こうとしたんだ」

「西モンゴルは、酷いかんばつで羊の飼育ができなくなったのです」


「手を下ろしていいぞ」

 モンゴル人は顔に安堵の表情をうかべ、肩を落とした。

「あなた方は、どこから来ました」

「日本からだ。あなたがたと同じく、ジュンガルに向かっている」

 緊張感がほぐれたのか、モンゴルの女はうずくまると、両手で顔を覆って泣きだした。男のほうは茫然と立ち尽くしている。


 成田は片手を上げて、桂木とテミルベックに来るように合図をした。

 モンゴルの女は大地に両手をつけ、成田を見上げた。

「どうか、わたしたちの子供を助けてください」

 成田は溜息をついて空を見上げた。

 モンゴルの男も、女の横で並んで頭を大地につけた。

「娘は十一歳です。息子はまだ八歳です。これからどんな酷い目に遭うか分かりません」

「悪いがそれはできない。我々は、急いでいるんだ」


「分かりました。わたしが助けます」

 桜子は如意棒を振りかざして叫んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます