18 食事担当の桜子が起きてこない 


 午前四時、成田毅は設定していた時刻に目覚めた。

 周囲を見回した。スパイダ―を取り巻く一帯が赤色灯に照らされている。目の前に焚火の炎があった。その近くの地面に寝袋が畳まれて置かれてある。

 使者テミルベックの姿がない。

 桂木ドクターが闇の中から現れた。

「どうした?」

「眠れなくて、早く起きてしまったわ」

「桜子は?」

「熟睡している。若いっていいわね」

「ジャンとジュンガルの案内人はどこに行ったか、知っています?」

「あの山脈の麓、馬に与える飼草を捜しに行った。ジャンはその護衛。五時までには帰るって言っていた」


「本部に連絡するのは、止めにしました。期限までにジュンガルに着けそうにもない時には、連絡せざるをえませんけど」

「そうね、それでいいと思う。桜子さんには、わたしから話しておきます」

 桂木はテーブルにマグカップを置いた。

「ミルク飲むでしょう」

「ありがとう」

「コーヒー、飲みます?」

「はい」

 桂木はコーヒー豆を手動のミルに入れ、ハンドルを回し始めた、成田はミルクを口に含んだ。生ぬるかった。

「このミル、父が使っていたものなの。わたしの大事な父の形見」

 コーヒー豆を挽き終えると、彼女はドリップサバ―にペーパーフィルターをセットする。

「娘のことだけど、府中を発つ朝、連絡が入ったの。あなたに報告が遅れて悪かったわ」

「成功したんですね」

 桂木はフィルターにコーヒー粉を入れながら頷いた。

「今度はわたしの番。手術を成功させて、綾人を救いだすわ」


「朝食担当が起きてきませんね」

「今朝はムリかも」

「わたしが、やるしかありませんね」

「そうね」

 桂木は笑みを浮かべて湯気のたつコーヒーカップを成田の前に置いた。コーヒーの香りが心を和らげる。成田はゆっくりと飲んだ。南海のプラットホームで飲んだ、インスタントコーヒーとは全く違う。おのずと笑みがこぼれる。


 成田はスパイダ―の開放部の通用口から中に入った。腕に内蔵されている検索モニターを見る。朝食パッケージとレンジを検索する。

「スパイダ―、D4とD2を開けてくれ」

 二つの木箱の上部蓋が両開きした。D4の箱から朝食パッケージ四つを取り出す。D2の箱からレンジを出す。レンジの上に朝食パッケージ四つを載せて、スパイダ―の体内から出る。


 東の山脈の峰が仄かに赤く色づいている。

 成田は朝食パッケージとレンジをテーブルに置いた。レンジの起動ボタンを押してみる。モニタ―が青白く点滅した。

「充電してありますね」

 成田は停止ボタンを押して稼働を止めた。


 グレイとブルーが立ち上がった。

 馬の手綱を引いて、ジュンガルの使者テミルべックが歩いてくる。その後ろからジャンがついて来る。

「ドクタ―、サクラコを起こしてきてくれませんか」

「わかった」

 桂木はスパイダ―に入っていく。

 成田はレンジを再び起動させた。レンジの中に一つ目のパッケージを入れ、朝食パッケージを指定する。レンジの中が赤く染まった。


 四つの朝食パッケージの処理が終わった頃、桂木がスパイダーから出てきた。

「あと、五分待って。女の子は準備がいろいろあるから」

 成田は朝食パッケージの上部の切れ目を裂いてみた。パッケージは広がり、大皿になった。様々な食材に満ちたスープが、大皿一杯に溢れている。食欲がそそる。


 桜子がスパイダ―から出てきた。気まずそうに頭を抱えたまま歩いて来る。レッドがとぼとぼとついて来る。

「ようやく、朝食担当がお出ましだ」

 成田が笑顔を向けて呟いた。

「申し訳ありません。寝坊しました」

 桜子は最敬礼する。

「今日からは、ロボットスーツを着て寝ることね」

 桂木も笑いながら言う。

「わかりました。そうします」

 桜子は頭を下げたまま言った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます