ニ章 チームリーダーは、18歳の少女

7 3匹の犬と一羽の小鳥


 府中飛行場の滑走路に飛行機が止まると、黒崎桜子がタラップを使わずに飛び降りた。まっすぐ格納庫の開かれた扉に向かって歩いていく。

 軍用ヘリから梱包された荷物を、作業用ロボットが格納庫内に搬入している。準備作業が順調に進行しているようだ。

 

 格納庫に入ると、戸倉絵美が桂木奈津子と立ち話をしていた。  

 桜子が大声を上げた。

「成田毅を連れてきました」

「その兵隊さん、どこにいるの」

 桜子は飛行機の方向に振りかえった。成田はタラップを手すりを頼りに降りてくるところだった。桜子は彼に向かって手を振った。彼は体を揺すりながらゆっくりと歩いてくる。

「ずいぶんヨボヨボしてるわね。先生大丈夫ですか、あの兵隊さん」

 戸倉の問いかけに、桂木はタブレットから目を上げ、成田の方角に視線を回した。

「日本の兵隊さんは、皆同じ。七十を越していますから。ロボットスーツを着れば、変身するわ」


 成田は格納庫に入ると、廻りを見回した。そして徐に桂木と戸倉を見つめ軽く頭を下げた。

「成田さん、紹介します。こちらは、ドクターの桂木さん、そしてこちらは総裁秘書の戸倉さん」

「どうも」成田は二人に向かって頭をさげた。

「皆さん、こちらが成田毅さんです」

「よろしく、お願いします。こちらの申し出を承諾して頂けて、感謝しています」

 戸倉は愛想笑いを浮かべて頭を下げた。この女、さっき成田のこと、ヨボヨボって言ったことことを、もう忘れてしまったのか。

「桂木奈津子です」

 桂木は旧知の人に会ったように笑顔を浮かべ、成田に向かって両手を差し出した。成田は彼女の両手を握りしめて、桜子の顔を横目で見た。

 やはり成田は、桂木のことを知らないのだ。桜子は改めてそう思った。


「桜子、あなたから連絡のあったロボット、届いているわよ」

 戸倉の指さす方向に、三体のドックロボが伏せた状態で、頭部を床につけている。三体とも体長一メートルほどだ。一体のドックロボの背中に、金属製の羽を閉じた小鳥が止まっている。

「これで、いい」成田が呟いた。

「問題は運送用歩行機ね」

 戸倉の呟きに成田が頷く。

「そうだな」


「まだ問題山積だけど、全員揃ったところで打ち合わせをしませんか」

 戸倉が提案した。

 格納庫の中央に八人掛けのテーブルと椅子があり、そこに百インチのモニターが置かれてあった。そのテーブルに軽食と飲み物が並んでいる。

 桜子が真っ先にテーブルに向かった。

「桜子」

 戸倉が呼びとめた。

「あなたとドクターは、ロボットスーツの採寸をしなければならないわ。ロボットスーツが機能しなければ、ロボットたちとのインターフェースができないから」

 戸倉が重機が並んでいる壁際を指さした。そこに高さ二メートルほどの透明な長方形の箱が見える。情報管理局の制服を着た女技術者が立っていて、桜子と視線が合うと、箱の扉を開けて頷いてみせた。

 やはり、戸倉にはかなわない。素直に従うとしよう。


 桜子は急ぎ足でその女の所に行き、透明な箱の中に入った。すぐ緑色の光線に包まれた。あっという間に採寸が終わった。

 桂木も箱の中に入る。

 桜子はテーブルに戻り、モニターと向かい合わせに座り、菓子パンを口に運んだ。タンブラーからジュースをガラスコップに注ぐ。腕を組んで立っている成田に、桜子がコップを差し出した。

「借りた金、今日中に返すから」

 成田は苦笑いを浮かべて、コップを受けとる。


 桂木が女技術者と共に戻ってきた。

「三人のロボットスーツは、夕暮れまでには届くわ。新品の最先端のスーツが。夕食前に、インターフェースを終えましょう」

 戸倉がモニターを起動させる。

「今までに用意した荷物を説明するわ。まず、医療機器ね。桂木ドクタ―お願いします」

 モニターに医療機器、医薬品などのリストが現れる。

「現地では、調達できそうもないので、移植手術が完全に遂行できるように揃えました。重量がかさばるのは、手術室です。手術室は無菌状態でなければなりません。用意したのは、折り紙式に畳まれたものです。現地で組み立てます。それから手術ロボット「ゲンナイ」です。精密AI機器ですので、梱包には苦労しました。AI手術ベッド、これもおりたたみ式です。後は手術機器、医薬品などで、重量的には嵩張りません。何か質問はありませんか」

 

 成田が手を上げた。

「電源はどうするんですか」

「バッテリーと発電装置は別途用意します。あなたが提案した蜘蛛型輸送歩行機に装備された機種を選ぶつもりです」

 女技術者が答えた。

「臓器移植のドナーはどうなっているの。それから、輸血用血液も」

 桜子は桂木を見上げて訊いた。

「血液は現地調達。ドナーは大丈夫と伝えてきているそうです。移植用臓器を現地で作るのは、時間的に困難ですから、相手側を信ずるしか方法がありません」


「護衛用ロボットは、まずジャン。それから犬型ロボット三体。これは、三人に一体ずつということでよろしいですね。成田さん」

 戸倉が確認する。

「はい」

「鳥型ロボット一体。これは斥候用ですね」

「そうです」


「生活用品はモニターに列記してあります。この他に必要なものがありましたら。夕食前に申し出てください」

 戸倉はそう言って、成田、桂木、桜子に視線を回した。

「問題は食糧と水です。三か月分を確保し、運ぶことは事実上困難です。できるだけ現地調達してください。それから、現地での三人の役割分担を決めてください」

「役割って?」桜子が訊いた。

「あるでしょう。これから、ずっと一緒に生活するんだから」

「わたしは、医療関係」

 真っ先に桂木ドクターが言った。

「それでは、わたしはチームの護衛全般」

「わたしは……」

 桜子は口を開けた。

「わたしは、生活一般」

「いい心掛けだわ、サクラコ。食事の用意も入っているのを忘れないでね」


 成田が手を上げた。

「三か月とはどういうことだ」

「このプロジェクトのタイムリミットは、十一月三十日です」

「ドクター、そんなにかかるのか、移植手術に」

「相手しだいね。何が起こるかわからないし、経過観察に時間がかかるかもしれないから」

「一日も早く戻ってきて。寺島綾人を連れて」

 戸倉が一方的に言い放った。


「明日、準備が整い次第出発します。いいですね。行き先は東ロシア共和国クラスノヤルスクの南西、アルタイ山脈のふもと、空軍基地。そこから、軍用ヘリでアルタイ山脈を超え、荷物を内陸の盆地に運びこみます。東ロシア共和国の空軍の協力を得て、その基地に前線基地を置きます。わたしは、このプロジェクト終了まで、その基地に詰めます」

 

 成田が手を上げた。

「理髪師を呼んでくれないか。さっぱりしたいから」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます