2 戸倉絵美は賢い女だ  でも好きになれない

 麻莉婆さんがドームから消えると、戸倉絵美は桜子に近づいた。

「桜子、油断は禁物だよ」

 戸倉は桜子のことを呼び捨てにした。

 寺島グループの人間なら全員わたしに敬語を使う。この女、わたしのことを馬鹿にしている。とんでもない女だ。多分、わたしより二十歳は歳をとっているだろう。わたしのほうが断然魅力的だ。でも、今は我慢しておこう。


「何があったの」

 桜子は一歩後ずさりして訊いた。

「何があった? 何のこと?」

「タブレットの内容よ」

「たいしたことではないわ。ちょっと南の海でトラブルが起きただけ」

 そんなことはないだろう。麻莉婆さんの驚きようは尋常ではなかった。

「あなたには、そんなこと気にしている余裕はないはずだ。桜子、油断は禁物だよ。会長の申し出を聞いた以上、結果に覚悟が必要だ。ミスすれば、命取りになる」

 近すぎる。桜子はもう一歩後ずさりする。


「寺島の御曹司、あなたの婚約者は、シベリア共和国のバイカル湖の畔で拉致された。三日まえのことだ。拉致したのは、中央アジアに棲息している、新興の集団だ。ジュンガルと名乗っている。彼らの目的は、最高指導者の臓器移植を日本の医師にさせることだ。ドクターも指名してきている。臓器移植の装備を整えて、一週間以内にジュンガルに来るように言っている。もし来なければ、人質の命は保障しないと」

 

 桜子はマントを胸の前で両手で合わせ、戸倉を鋭く見つめたまま腕を組んだ。戸倉は笑みを浮かべた、マントの下の寝間着を見られてしまったかもしれない。麻莉婆さんの呼び出しがあまりにも激しかったので、着替える間などなかった。気がついたときには、マントを羽織って飛び出していたのだ。


 戸倉は桜子に一枚枚のペーパーを渡した。

「移植チームは、寺島ホールディングスの責任者、ドクター、警護の兵士一人、警護用設備数体、作業用ロボット一体、装備等の運搬用車両一台、臓器記憶移植用資材、食糧、生活用品。そう伝えてきた」

 桜子は記憶に留めようと何度も頷いた。

「それで、あなたは、何から手をつける?」

 また口頭試問だ。

 桜子は戸倉から渡されたペーパーを確認した。それには、八点の項目が箇条書きで記されていた。


 1 寺島ホールディングスの代表者

 2 臓器移植ドクター 桂木奈津子

 3 警護の兵士 一人

 4 警護用付属器 数体

 5 作業用ロボット 一体

 6 装備等資材運搬用車両 一台

 7 臓器・記憶移植用資材、設備  一式

 8 食糧、生活用品 一式


「移植チームの編成です」

「誰から、何から、優先順位は?」

 桜子は慌ててもう一度ペーパーに目をやった。


「ドクターです」

「正解だ」

 戸倉はにんまりと笑った。

 わたしは、運がいい。今まで運の良さで生きてきた。

「名前は、桂木奈津子という。歳は五十五歳だ。臓器移植の名医と言われている。まず彼女を説得しなければ、この任務はご破算になる」

「ひとつ、訊いていいですか」

「どうぞ」

「どうして、ジュンガルは、そのドクターを指名したのですか」

「それは、わからない。彼女でなければ、駄目だと言っている」

 臓器移植医は、世界中に履いて捨てるほどいるだろう。日本にだって、彼女の他に何人もいるはずだ。


「彼女を説得するのは、戸倉さんですね」

「なに、言ってるの。あなたに決まっているでしょう」

 まずい、わたしは坊主と医者は苦手なんだ。

「もう一つ訊いていいですか」

「今度は、何?」

「臓器移植には、ドナーがいるでしょう。そのことについては、どうなっているのですか」

「あなたは、噂で聞いていたほど、愚かではないようね。でもそれは、今は考えなくてもよさそうなの。桂木ドクターが承諾したら、相談してみる」

 うん、やはり戸倉絵美は賢い。でも、わたしは好きになれない。

「あなたのことだから、すでに桂木ドクターの居場所は掴んでいるんでしょうね」

 桜子はそう尋ねて、マントの合わせ目を引きよせて両手で体を抱きしめる。

「わたしは、馬鹿ではないんでね、それぐらいの段取りは、考えている」


 桜子は自信がなかった。突然、危険な仕事を依頼されても、女性ドクターはオーケーを出すとは思えなかった。どう説得すればいいのだろう。彼女の望むものは、何だろう。お金かな、それとも名誉、かな。


「さあ、桜子でかけましょう。時間がない」

 戸倉は外への扉に向かって歩きだした。桜子はその場で立ちつくした。

 戸倉は桜子にショルダーバックを投げてよこした。

「それは、わたしの着換えだ。仕方がない。あなたにくれてやる。わたしは、淫らな恰好でここには来ていないから大丈夫。ここで、着換えしな。だれも見ていないから」

 戸倉の皮肉が胸に突き刺さる。

 やっぱり、戸倉はわたしのマントの下を見ていたんだ。油断できない。

「外で待っている。さあ、ドクター桂木を叩き起こしにいくよ」


 軍用ヘリコプターはドームのある府中から房総に向かう。 

 ヘリから見える都心は、月明かりに照らされて、廃都となった無残な姿をさらしている。崩れた高層ビル群、死没した街並み、林立する樹木。東京は廃都となったまま、手づかずの状態で長い年月が経過していた。


 二〇三九年から三年間の間、日本は未曽有の大震災に見舞われた。千島海溝地震、東京直下型地震、東南海地震、冨士山噴火。国家財政の破綻、デフォルト状態に陥り、日本は最貧国に陥った。日本発の大恐慌は全世界に広がり、世界は混乱の渦の中に沈みこんだのだ。


 しかし、悲劇はそれで終わりではなかった。

 二〇四五年、アジア大陸中央部から新たな疫病が蔓延しだしたのだ。猛毒性変異型インフルエンザである。アジア大陸は半年でパンデミックに陥り、一年後には、全世界はパンデミックに陥った。経済的に疲弊していた国々は、なすすべもなかった。

 日本の人口は九千万人を下回っていたが、二年間の間に、さらに半減してしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます