第一幕

一章 それは真夜中から始まった

1 ニ〇七五年九月一日午前〇時を告げる鐘楼の鐘の音が鳴る

 月光の下、少女は黒マントを纏い、巨大ドーム大扉の前に立った。

 長い黒髪を棚引かせながら、背筋を伸ばし大扉を見上げる。大扉の上から見下ろしている感知センサーの目玉を見つめ、少女はウインクする。藍色の感知センサーが、ビクビクと瞬きする。大扉の真ん中が縦に割れ、橙色の光が溢れだすと、両扉が左右に開き始めた。


 巨大ドームの中は橙色の光に満ちていた。

 少女はドームの床に一歩足を踏み入れる。

 体が冷風に包まれる。

 見覚えのある寺島家の執事が立っていた。

「桜子(さくらこ)さま、お待ちしておりました」 

 今は亡き桜子の父は、かって寺島邸で執事をしていた。出迎えた執事は父の後任なのだ。たしか、名前は北原。

 先代の社長の葬儀のとき、葬儀会場だったこのドームに初めて入った。その時もそうだったが、半球形のこのドームは広すぎて落ちつきを失いがちになる。


 奥のさらに奥の壁面に、身長が三メートル近い戦闘用ロボットが立っているのが見えた。そのロボットの両眼は暗く閉じられていて、休眠中であることがわかる。ロボットの前にダークスーツを着た女がいて、桜子を見つめている。暗くて、顔立ちまでわからない。女の前に体長一メートルほどののドックロボットが、三頭臥せている。

 まっすぐその女に向かって歩いた。


 突然、鐘楼の鐘が鳴り響いた。

 桜子は体を強張らせて、立ちどまった。

 二〇七五年、九月一日、午前〇時を告げる鐘の音だった。


 桜子は自分を待ちうけている女に向かってまっすぐ歩いていった。女はポケットから折り畳み式のタブレットを出すと、画面に指を走らせた。

 桜子が五メートルほどに近づいたとき、奥の壁面が三メートルの高さまで縦に割れて、左右に開き始めた。暗闇の中から、二足歩行椅子がゆっくりと現れた。その椅子に、頭から黒いショールを纏った老女が座っている。寺島ホールディングス会長、五社企業連合組織の総裁、寺島麻莉婆さんだった。


 ダチョウの脚をした歩行椅子は、桜子に向きを変えると、急ぎ足で近づいてくる。顔の前まで来ると、ダチョウの脚をすっと伸ばし、麻莉婆さんは桜子を見下ろした。この婆さん、見下ろされるのが嫌いなのだ。

「黒崎桜子、わたしの孫の婚約者。ずいぶん不機嫌なようだね。ま、仕方ないか。真夜中に叩き起こされたのだから」

 その言葉で、この老女を睨みつけていたことに気づいた。あわてて作り笑いを浮かべる。


「おまえの婚約者が、西の国で拉致された。二時間ほど前に連絡が入ったんだ。桜子、おまえなら、どうする?」

 どうする? 桜子は自問する。この婆さんは、何を期待しているのか。

「助けることしか、思い浮かびませんが」

「どうやって、助ける?」

 どうやって? 再び自問する。

「相手の要求を聞いて、それに対応する、とか……」


「なるほど、お前は婚約者の寺島綾人を助ける意思があるんだ」

 あたりまえでしょう、と言おうとしたが、かろうじて思いとどまった。いつも、一言多いのだ。それで周囲の斟酌をかうことになる。

 そもそも、桜子は寺島綾人をなんとも思っていなかった。どうしたわけか、麻莉婆さんから、孫の嫁になるように懇願されたのだ。綾人は体が細く弱弱しかった。魅力を感じていなかったというのが本心だ。だが、彼には別の魅力があった。寺島企業グループの権力、そして富豪としての金力。この魅力に勝るものはない。


「孫を解放する条件は、その国の最高指導者の臓器移植手術を成功させることだ。移植チームのすべての準備を整えて、一週間以内に現地に到着させなければならない。どうだ、お前にできるか」

 できるはずがないでしょ。わたしはまだ十八歳、リーダーの経験など一度も経験したことがないのだから。麻莉婆さんは、何を考えているのか。

 

 そもそも、桜子が表舞台に拾いあげられたのは、麻莉婆さんの誕生日の祝いの日のことだった。執事だった父に連れられて、このドームに来たのがきっかけだった。

 そのとき、麻莉婆さんは、桜子に自己紹介するように命じたのだ。

「黒崎桜子は、若くて、凄く強い女なの」

 胸を張って言った。周囲の取り巻き連中から失笑が漏れ、品がないこと、教養のないこと、囁きが聞こえた。

 桜子は父の勧めで十二歳の頃から武術の修業をしてきた。からかわれるので、誰にも話さなかったが、流派は柳生新陰流である。

 でも、人生はわからないものである。

 翌日、麻莉ばあさんに呼び出されて、昼食をともにしたのだ。父親が執事をしていたからなのか、それとも、自己紹介が功を奏したのか分からない。確かなことは、麻莉ばあさんに気に入れられたということだ。


「わたしの婚約者は、無事なのですね」

「無事だ。今はな。でも、現地に遅れていったり、手術に失敗すれば、どうなるかわからない」

「わたしは、どうすればいいのですか」

「おまえは、わたしの名代として、かの国の最高指導者に会ってほしい。そして、婚約者の開放を願いでるのだ。最高指導者は女らしい。お前が、ひたすら頼み込めば、おまえの心は、相手に通じるかもしれない」

「わかりました」

 ここで、麻莉婆さんに見捨てられたら、桜子はアホで間抜けで、一文無しの小娘になってしまう。


「一番大事なことがある。三ヶ月後の十一月三十日の日没までには、ここに戻ってくるのだ。その日のうちに寺島ホールディングスの後継者手続きを終えなければならないからだ。そうしなければ、寺島ホールディングスは、企業連合組織のメンバーから外され、政府の支配下に組み込まれてしまう」


 そんな……。荷が重すぎる。

 寺島ホールディングスが解体したら、玉の輿も夢のままに終わってしまう。わたしはアホで間抜けな一文無しになってしまう。

「時間の余裕はない。明日の早朝には、準備を整えて、東京を発たなければならないのだ」

 麻莉婆さんは、桜子を睨みつける。


 麻莉婆さんの後ろに待機していた女のタブレットが悲鳴を上げ、赤く光を発した。女は麻莉婆さんに駆け寄り、タブレット画面を見せた。

 婆さんは深い溜息をついた。

「今日は、徹夜になるのか……」


 何が起きた? まさか、綾人に異変が起きたのか。

「詳細は、この戸倉絵美から話させる。彼女はわたしのプライベイト秘書だ。困ったことが起きたら、彼女と相談するのだ。今、緊急事態が起きて、おまえとは、当分会えなくなるかもしれない。いいか、もう一度言う。三ヶ月後の十一月三十日の黄昏までに、必ず綾人を連れて戻ってくるんだ。綾人を連れ戻すことが、最優先だ。どんな犠牲を払ってでもだ」

 麻莉婆さんの顔がほころんでいる。つられて桜子も作り笑いを浮かべた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます