第2話

 一週間後。あの彫像はまだ同じ場所にあった。今日も作者は欠席のようだ。

 頭部に変化はなかったが、首から下には進展があったようで、先週より全体的にほっそりしている。その分、胸の肉付きは強調され、臀部のラインにもメリハリが出た。

 やはり、あれで完成というわけではないらしい。

 改めてまじまじと眺め入る。それにしても艶めかしいものだ。

 手で掴めば程よい弾力を指に感じられそうな、そんな柔らかな肉感に満ちている。とても固い石で出来ているとは思えない。

 見蕩れている内にチャイムが鳴り、今週もあっという間に授業が終わった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます