Guardian of Order 《ガーディアン・オブ・オーダー》

作者 かいぜる田中

やっぱり!早く続きが読みたい!はよ投稿するのじゃーヽ(=´▽`=)ノ

  • ★★★ Excellent!!!

追記
20章(!!)まで拝読してなんとなく世界観の大部分がおわったのかなぁ?と言う感じです(まだ先があるのかもしれません)
初期は熱血しか触れられなかったハリスがいつの間にか超絶素敵忍者に。
いたずらっ子さが目立ったトリシアはチームのサブリーダーのように
小さくてどこにも入れてもらえなくて拗ねていたマリスは一番信頼の置ける盾に
途中からのアナベルはメガネ巨乳というクリティカル属性なのに天然ゆえにムードメーカーっぽく見えるけれど中身は狂戦士という・・・

そしてケントは相変わらず自分の為になることしかしない。と言いながらお人好しさとオカン感と混沌も秩序も関係なく自分の中の正義に基づいて動く中身イケメン
ハーレム感は全く無いけれど楽しいチーム編成です。

ちょうど1年を超えたところと拝見して読み直しても尚、楽しませてくれる小説はWEBでは珍しいのでは?と思いながら今後に期待します。
改めて
「早く続きが読みたい!!」   2019.9.1編集

4章突入まで拝読してみてタイミング的には序章が終わったところなのでしょうか?

オンゲ好きなら馴染みやすく、わからなくても冒険譚としても楽しめるなぁと思います。

ハリスの寡黙で熱血なところとトリシアの「伝説の」冒険者らしからぬ
「にやり」が似合ういたずらっ子っぽさにこちらが「にやり」としてしまいます。
ケントは根っからの秩序側でもなく、だからといって混沌でもなく中立(ニュートラル)といった立ち位置を意識しているのかな?
回を追うごとに読みやすくなっている感じも、キャラクターたちも丁寧に書かれていて作者の世界観がしっかりしているんだろうなと思わせてくれる作品で今後も楽しみにしています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

かよさんの他のおすすめレビュー 2