天涯のアルヴァリス~白鋼の機械騎士~

作者 strife

41

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公、ユウの葛藤と成長。

敵味方問わず個性豊かなキャラクター達。

登場するロボ、理力甲冑にある重厚な設定。


どれをとっても素晴らしい作品です。

ロボット物を読んだことのない方でも、ユウとその仲間たち、さらに敵陣営のキャラクターたちが織り成す物語は必見。

ですが、個人的に一番注目すべきは登場する理力甲冑です。量産機、ステッドランドに始まり主人公機たるアルヴァリス。その他にも様々な機体が登場します。その機体たちが死力を尽くして闘う様は素晴らしいの一言に尽きます。

完結していますので纏まった時間に一気読みするもよし、隙間時間にちょっとずつ読むもよしです。


★★★ Excellent!!!


堂々の完結……!!

主人公ユウ・ナカムラは、異世界へとその身を飛ばされ理力甲冑という人形のロボットに乗ることになった。

この作品の最大の魅力はなんと言っても戦闘シーン!
剣と剣。金属同士が擦れ合うシーンが圧倒的な表現力をもって再現されており、金属や油の匂い。戦場を漂う硝煙の匂いだったりをまざまざと見せつけられます……!!

その中にも異邦人(転生者)としての葛藤や、未熟な若者なりの矜持が描かれており、読む者を飽きさせません!!

ユウは。どちらのヒロインを選ぶのかも見どころの1つになっていますので、ぜひ!このワクワクとドキドキを体感してみてください(人*´∀`)。*゚+

★★★ Excellent!!!

異世界ルナシス
「理力」と呼ばれる特殊な力で動く人型兵器「理力甲冑」が戦場を支配する大地

主人公のユウは、その場所に召喚され理力甲冑へ乗り込み、戦乱渦巻く大地へと駆ける

本作の特徴は、魅力的なリアル系ロボットの数々である

題名にもなったアルヴァリスの高性能さ、あっと驚く能力を得た『欠陥試作機』のレフィオーネ、そして量産型の名機であるステッドランド……

彼ら理力甲冑達の活躍を、ぜひその目に焼き付けて欲しい

★★★ Excellent!!!

一人の少年を、異界の風が撫でる。
何故自分は召喚されたのか!?
異界取り巻く不穏な戦気は戸惑う少年を待ちはせず、その懐中へと放り込む。
少年よ、恐れるな。
君には仲間がいる。
少年よ、恐れるな。
君には鋼鉄の巨神がいる。

戦え!その理力を滾らせ、戦場を駆けろ!!

『天蓋のアルヴァリス』

秘められた力が、今、覚め輝く!!

★★★ Excellent!!!

 
の通りに王道ファンタジーロボット小説です。

主人公+バイクで説明不要、ですがしかしそのバイクも異世界でそのロボット動力源を流用して使う辺りが、ある意味モデルとされていると思わしき作品(言葉に語弊あり)には無い要素で個人的にツボ。

もちろん、ファンタジー+ロボットという線はキチンと押さえてありますが、個人的に一番評価が出来るのは
「ロボット整備時の油臭さ」
「クッキング(食べ物)が出てくる頻度」
でしょうか。
これを重視しているかどうかで、世界観の深みが大きく違います。それが作者様にはおそらく解っていらっしゃるのでしょう。

ただ、気になった点としましてはストーリー的に明確な目的(主人公が敵と戦う理由)が伏線的にも見受けられないという所、伏線というものは一つ思わせ振りな単語でも出しておくだけで(実の所、後先を考えなくても大丈夫)良いので、日常系のファンタジーロボット(少し矛盾のある言葉?)を目指しているのでなければ、出しておくべきかと……(ライバル風のキャラは出ておりましたが)

しかし、某オーラロード作品でも主人公が再び故郷へ戻るまでは、明確に敵と戦うべき理由を持っていなかった風にも見えましたので、私の洞察不足かも知れません。


と、ここまで余計なお世話をさせて頂きましたが、ひとえにこのままストーリーがだれてしまうのが惜しい作品ゆえのイチャモンと受け取って頂ければありがたいです。

あと、地味にチート要素が無い、骨太な作品であることを明記させて頂きます。