見守る誰か

作者 無月弟

55

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

さらっと読み手に入ってくる、ほんのり漂う、最初の恐怖。

なるほどね…とストーリーを読み進めていく。

すると、最後の最後で明かされる、どんでん返し。

まるで、狐につままれたような、不思議な感覚と、じんわりとした恐怖。

そして、つい最初から読み直してしまう。

上質な「見られている」感覚を味わってみませんか?

★★★ Excellent!!!

『誰か』の視線を感じ、怯える女性。
それを恋人に訴えるも、彼はなかなか真剣に聞いてくれません。
明日必ず行くから、と。
けれど彼女は気味が悪いのでホテルに泊まると言う。

そして、その翌日。

事件は終わりのように思えましたが――。

一件落着、と見せかけて、まだある!
こういう余韻のある終わり方、大好きです。