4章 地球文明復興

【 三〇年もたてばそうなる。最初のドミノさえ倒れたら、もっと速く変化するかもしれない 】


【 いま、その時機が来たのだ 】


┌----------

 新しい霊性とは、それを意識して行うことだ。意識を拡大しようという呼びかけた。意識的な創造への招待だ。進化のプロセスのつぎのステップだよ。


 それによって、あなたがたの地球で革命が起こるだろう。それは暴力的ではない革命、革命のなかでも最も革命的な革命だ。なぜならそれは、進化の革命だから。


 《明日の神P73》

 ----------

 古い信念はもう役に立たないと思うひとたちが増えている。


 その数は急激に、臨界量に達しようとしている。あなたにできるのは、それを助けることだ。


 全体の五パーセント未満であっても、ひとつの方向へ動き出せば、臨界量になりうる。


 言い換えれば、たったひとつのドミノが倒れれば、残りのドミノは次つぎに倒れていく。


 《新しき啓示P363》(一部略)

 ----------

ニール:それじゃ、地上のものごとが良い方向に向かうくらいプロセスが進行するのは、いつなんですか?


神:まもなくだよ。もうじきだ。


 あなたが生きているあいだにも起こりうる。三〇年もたてばそうなる。最初のドミノさえ倒れたら、もっと速く変化するかもしれない。


 《明日の神P29》(一部略)

 ----------

 いま、その時機が来たのだ。


 《神との対話4-P16》

└----------



┏━あらすじ━━


(1)社会改革


・高度に発達した科学技術は、今や、人間のコントロール能力を超えようとしている。


・人間が「霊性」の復興なしにこのまま行けば、自滅の道を行く危険がある。


・温暖化など近年の地球環境の激変は、地球を破壊し続ける人類を拒絶しようとしている、地球自体の適応現象だ。


・人類の進化の程度は、まだほんの序の口だ。


・人類は歴史上で、一度、進歩に失敗したことがある。再び失敗する危険も大いにある。


・社会の目指す方向が人間の魂の成長にあるとするなら、現代社会の価値観は目指すところには連れて行ってくれない。


・細胞レベルに組み込まれた神性への人間の衝動は、いくら抑え込んでも、抑えられない。


・それを無理矢理排除しようとする政府や国家は、結局、それが不可能だと分かる。


・人間には、生まれもった独特な個性や個別性があり、同じ人間は一人だにいない。


・全ての人間は、「平等」ではなく「公平」であるべきで、社会システムもそれを保証するものであるべきだ。


----------


(2)政治改革


・「政治」は、人間の「霊性」の現れである。それは、政治の中に、霊性が反映されているということを意味する。


・「霊性」とは、既成宗教のことではなく、魂レベルの意識活動をいう。


・現代社会では、既成宗教の教えが機能しなくなっていて、その教えによっては解決できない社会問題が、山積している。


・新しい霊性を生み出す新しい神学が必要とされ、それにもとづく政治の構築が求められている。


・『神との対話』で提起される「新しい民主主義システム」の要項は以下のとおり。


①透明性が政治プロセスの一部になる。


②代表(議員)を選んで議会に送る。


③議員の仕事は、その領域の課題を考え、種々の解決策を徹底的に比較検討し、どの解決策を法律として国民投票にかけるかについてコンセンサスをつくり上げること。


④国民投票が行われて、人々は、議員の提示した各法案の賛否を直接投票をする。


⑤国民投票の決定には三分の二の多数が必要。


⑥オンラインで投票し、コンピュータで票を集計すれば、投票終了直後に結果がわかる。


・世界を統治するために創設すべき実際の機関は以下のとおり。


①「世界統一政府」


②国際紛争を解決する強力な「世界裁判所」


③自らを統治するために選んだ法律に強制力を与える「平和維持軍」


④地球上の全国家から二人ずつ代表が集まる「世界上院議会」


⑤各国の人口に比例した数の代表が集まる「世界下院議会」


・自由こそ神の本質、魂の本質であるから、国家社会の政治体制は、人間の自由を保障するものでなければならない。独裁政治は終わるだろう。政府が独裁的になって自由を抑圧すれば、世界中で同じことが起こるだろう。


・宇宙には、地球外生命体の文明は多数存在し、その多くは、地球文明よりはるかに進化している。(それを highly evolved being 高度に進化した存在:HEB と呼んでいる。)精神が高度に進化しているHEBは、自分の成長には小さなコミュニティが最適だと判断し、その集団で生活している。したがって、HEBの世界の政治は、小規模のコミュニティの中での自治、つまり自分たちで自分たちを統治するというシンプルな制度しかない。


----------


(3)経済改革


・資本主義システムと制度は、金持ちと権力者がつくったものだ。支えているのも、金持ちと権力者だ。


・社会の目指す方向が、人間の魂のより高位への成長にあるとすれば、現代社会の商業主義的な価値観はおかしい。


・ごくわずかな人びとが世界のお金と資源の大半を支配する時代は終わる。


・天然資源は全人類の共有財産で、全人類が全人類の最高の利益のために活用すべきだ。


・所有という言葉や概念はなくなるだろう。つまり「自分の土地、財産」というような「所有」という考えは、社会からなくなる。


・地球上の人間が、「すべては一体である」という新しい福音を受け入れ、そのように生きれば、生存競争は必要なくなる。


・これからの経済システムは、「透明性」を確保すべきだ。つまり新しい経済システムのキーワードは、「見える」という性質だ。


・富とは所有することではなく、アクセスつまりみんなが利用可能なことだ。


・所得に下限があるように、上限も設けられるだろう。


・経済は地方化するだろう。経済も、コミュニティを基本にして、小さな経済圏を創るべきだ。


・すべてがはっきりと見え、記録をたどることができて、数字を確認できる、オープンな国際通貨制度をつくるべきだ。


----------


(4)教育改革


・「教育」のあり方へのアドバイスが次のように書かれている。


①産む人間と育てる人間が同じでなくてもいい。


②知識ではなく智恵を教える。


③霊性を教え育てる。


④シュタイナー教育は教育のあるべき姿を示唆している。


----------


(5)新しい霊性をもたらすマスターとメッセンジャー


・かつて人類は、現代の地球文明よりももっと高度に進歩した文明(アトランティス)を持っていたが、開発した科学技術をどう扱うべきかを知らなかったために、自滅してしまった。


 技術が人間のコントロール能力を超えて発達すると、その社会は自滅する。


 今や、高度に発達した科学技術は、人間のコントロール能力を超えようとしている。


 人間の「霊性」の復興なしに、このまま技術の発展が続けば、遠からず地球文明は自滅の道を行く危険がある。


 世界は新しい霊性を生み出すために、いまのやり方ではうまくいかないことを認めなければならない。


 古い霊性によって築かれた社会構造がうまくいっていないのなら、新しい神学的な考えや概念、新しい霊的なモデルを適用しなければならない。


・古い考えは、現代社会にはもう役立たないと思うひとたちが増えている。


 たったひとつのドミノが倒れれば、残りのドミノは次つぎに倒れていく。


 最初のドミノになるよう、神は私たちを誘っている。


・マスター(大いなる師)は、自分の人生を通じて、他者が真実の自分を思い出すという課題に仕えるために、現世に戻ってくる。


 意識には、超意識、意識、潜在意識の三つがあり、マスターは超絶意識(三つが一体になった意識)を持っている。


 マスターは色々な所にいる。時にはホームレスやコメディアンの姿をしたマスターもいる。


 マスターがいつ自分の目の前に現れ、 導いてくれるかは分からないので、いつも人との出会いに注意を払っていなければならない。


 真のマスターは、弟子をマスターのレベルに教え育てる者だ。


 自分を「救世主」とか「真の親」とか大げさなことを言う者からは、さっさと逃げなさい。


・メッセンジャーとは、究極の真実、真理を世の中に伝える使命を持った者をいう。


 新しい霊性を必要としている世界には、これからしばらくの間、神の言葉を伝えるたくさんのメッセンジャーが必要とされている。


 メッセンジャーには本人の意志しだいで誰でもなれる。


・HEB(highly evolved being:進化した地球外生命体)は現在、地球上に多数存在していて、黒子に徹して陰で地球人の進化を助けている。


 近い将来、地球人の意識が向上し、HEBを迎え入れる準備が出来たら、彼らは姿を現す。


・『神との対話』に書かれたメッセージを、世界中に伝えなさい。


 インターネット、携帯電話、ファックス、Eメール、自製のビデオやCDなどいままでなかったツールによって、全世界は結ばれている。


 これらのテクノロジーを使って、世界的なコミュニケーションをとりなさい。


┗━━━━━━━




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー