6) これが神との対話であることがわかるはずだ

┌----------

 あなたが自分で考えたのでは、こんなに明快に語れなかったと考えれば、これが神との対話であることがわかるはずだ。さまざまな疑問について、自分でこんなふうに語ることができたなら、いまさら問いかける必要はなかっただろう。


 《神との対話1-P18》

└----------


 興味深いことに、ニールが著作の随所で、この対話が神との対話ではなく、自分の想像の産物に過ぎないのではないかと、疑問をぶつけています。『神との対話』を自分でも信じられなかったのです。


 ニールが新興宗教にありがちな狂信的な人物ではなく、私たちと変わりのない一人の人間であることが知れて、私は好感を持ってそれを読んだのです。


 『神との対話』を世界に発信したニールの不安は、想像を絶するものだったでしょう。しかし彼は勇気を出して、それを発信したのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー