属性は何を選択すればお嫁さんにしてくれますか?

作者 aoiaoi

74

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

キャリアウーマンの超美人上司に惚れた主人公は、何を思ったか、上司を嫁にするのではなく、上司の嫁になることを決意します。

え?それ本気?と思えるような上司攻略法をあれこれ考え、実行しますが……。

属性ペットになったり、社内恋愛、ライバル登場、冴えない主人公が悪戦苦闘する姿が、滑稽でもあり可愛くもあり、クスクスと笑える楽しいラブコメ。

スニーカー文庫《タイトル斬り!!》コンテスト特別賞受賞作。
読めばその受賞理由も納得の作品です。


★★★ Excellent!!!

楽しく拝読させて頂きました!

高嶺の花の超絶美人上司に絶賛片想い中の主人公が、どうお近づきすれば良いのか、恋愛の先輩の助言を聞きつつ、奮闘する物語です!

社内恋愛ですが、同じ社内には強力なライバルもいて、恋愛が仕事に影響してくるものだから、主人公たちを苦しめます!

冴えないと思われていた主人公が、起死回生で巻き返しを図った作戦は、恋愛だけでなくビジネスの上での参考になります!

ギリシャ神話に由来する『チャンスの神様には前髪しかない』という格言がありますが、ビジネスだけでなく恋愛にも使われるんだな、と思いました☆

私は、物語を通して登場する恋の相談役の五十嵐さんのキャラが好きです!

とても読みやすいので、皆様にオススメしたいです!

★★★ Excellent!!!

主人公のエネルギッシュな考えや行動が素晴らしい。僕なら挫折するだろうな。
主人公は男前属性でなく、とてもダメだろうなと思われるが、努力する姿に好感が持てる。
ミディアムなテンポで読みやすく、思わず引き込まれる。
新商品のキャンペーンなど、会社の仕事が興味深く描かれていて、それも楽しめる。

★★★ Excellent!!!

ストーリィのテーマも展開も会話の言葉の選び方もすべて秀逸。
素晴らしいラブコメです♪

あおいさんのお話の素敵なとこはね。
フラグやその回収方法。

ラブコメや恋愛もの書いてる普通一般の作家さんが読者に委ねる部分、いわゆる「その先は想像に任せます」的に、あえて書かないような細やかなオチまでも、綺麗に拾っていくとこなんですよね。

ベタベタな甘甘なラブコメ好きの俺としてはね、そういうのすっごい安心するんですよ。
あぁ 本当にしあわせになったんだなーって。

世の中に売れてる作家さんのお話とかみんなそうですよ。
足りないほうが売れてる。
そういうの、程好いって言うんだろうけど、読者みんなそうじゃないんだよね。俺はちゃんとぜんぶおとして欲しい。

あおいさんは愛がいっぱいなんでしょうね。
そのキャラに、とことん恋しながら、想いやりながら書いてんだろうなぁ。

そんなとこ、すっごい好きです。

これからも、こんな素敵なお話読ませてくださいね♪


Love finfen ♪

★★★ Excellent!!!

恋愛偏差値が人よりひくいのだ、と悩みをかかえる篠田航平。
キラキラとまぶしい姐御肌の係長にハートを射抜かれ、
すぐに猛アピールをはじめるのだが……
俺の「属性」っていったい何なんだ!?

七転八倒する主人公が愛らしくて胸キュンなのです♡
属性をさがす旅にでるけれど、なんだ引き出しいっぱいあるじゃない!
でもその芯には、大切な人の支えになりたいとの強い想いがあるのです。真摯なその想いが、届かないわけがありません!
ライバルあり、援護者あり、伏兵(?)ありで……
彼の恋路は、山アリ谷アリ!
やっと辿り着いたその展望台は、大声で愛をさけびたくなるような、すがすがしい気持ちにさせてくれるのです……!!(*ノ´∀`*)

★★★ Excellent!!!

タイトルから、いったいどのような仕掛けを施しておられるのか、興味津々で拝読いたしました。
結論から申せば、タイトルに偽りなしのとても面白い物語です。
篠田くんが惚れたのは、超美貌のキャリアウーマンで、かつ自身の上司。この設定だけでもそそられます。
文章力、構成力ともに追随をゆるさぬ技巧派の書き手から紡がれる物語は、単なる恋愛小説を超え、お仕事小説としてもパーフェクトに完成されております。
魅力あるキャラクターたちに、いつのまにか感情移入してしまいます。
爽やかな読後感を、ぜひ味わってみてください。

★★★ Excellent!!!

或るときはわんこ。
また或るときは可愛い妹。
然かして、その実態は……!

なんの取り柄もないと自負する冴えない男の子が、高嶺の花の美人上司に恋をしました。
彼のとった作戦は「男前な彼女の嫁になる!」

さて、その作戦は上手くいくのでしょうか?
素敵な先輩、五十嵐さんに助けられつつ。
ちょっと突拍子もなくて、でも憎めない。
彼の作戦に目が釘付けです。