第29話「棄権なんてさせないよ?」

 問題点の内、ひとつは簡単に解決方法が見つかった。強化魔法はゆるくかけることで、持続時間が長くなる。午後からの試合が始まる前、初めの試合でかけた魔法の効力が、まだうっすら残っていることに気づいた。


 ということは、同じくらいの魔法をかけておけば、決勝トーナメント中は強化魔法が切れることはなさそうだ。うん、こちらは問題ない。肝心なのはもうひとつの方だ。


 私は今、闘技場に立っている。目の前にはキョーコ。目が合うとニヤリと笑って「悪いが、本気でやらせてもらう」と言っている。そう、決勝トーナメント第1試合。『キョーコ VS バルバトス』戦の火蓋が、今まさに切って落とされようとしていた……。


 って、のんきに解説している場合じゃない! どどどどど、どうしよう……。「本気」ってどういうことよ? 前に『最後の審判』でやりあったときは、結局中途半端になってしまったが、それでもキョーコの実力は十分に分かっている。


 まともにやりあって、勝てるかどうか……。この闘技場をふっ飛ばすほどの魔法を使えば、あるいは……。いや、流石にそれはちょっとやりすぎ。そうなると、少し自信がない。うーむ。なんとか、隙を突いてキョーコに接近。近距離からの魔法で仕留める。そんな感じか……。


 とは言え、とは言えだ。先程から脳裏に『棄権』という二文字がこびりついて離れない。「危険だから棄権」という、会心のジョークまでも浮かんできた。どうだろう……。この会場にバルバトスという名前を知っていて、私が『鮮血のダンジョン』のマスターだと気づいている者がどれくらいいるのだろうか?


 もし、それが観衆の多くに知れ渡ってしまえば、流石に負けるわけにはいかなくなる。だって、魔王が負けちゃうダンジョンなんて、普通駄目だろ? しかし、幸いなことに、どうやら私は「農夫」として認識されているらしい。


 先程から「がんばれー、農夫!」とか「クワ忘れているぞー!」とかヤジが飛んでいる。今となれば、あのテロップにも感謝したいところだ。そう、我こそは農夫バルバトス。こんな場所に立っててすみません。


「バルバトスさまー!! ファイトー! 頑張って下さいねー!! バルバトスさまー!!」


 観客席の最前列から、アルエルが声を枯らしながら声援を送ってきている。うん、ありがとう。でも、ちょっと黙ってて。うっかり「ダンジョンの命運がかかってますよー」とか言いそうだしな、あいつ。


 よし、腹は決まった。銅鑼が鳴るとともに、上手く立ち回って、うっかり闘技上のラインを超える。これで場外反則となり失格だ。あれれ~、うっかりうっかり。ついやっちゃった。こんな感じで行くぞ!


 そして運命のドラの音が鳴る。まずは距離を取るため、バックステップ……って、キョーコが不敵に笑っている。「あ、これはバレてる」と思った瞬間、キョーコの姿が消える。とっさに振り向くと、そこにいた! ちょ、待てよ!


 無詠唱の爆裂系魔法を放つ。が、両手を盾にしてガード。「ワンパターンだな」うるさいっ! 魔法の反動で再度、背後に飛ぶ。同時にキョーコが低く構え、次の瞬間私に向かって飛んで来るのが目に入る。グングン私との距離が詰まる。よし、これでいい。


 ここで一発くらいパンチでも頂いて、そのまま場外へ。多少痛いのは仕方がない。命は大事。さぁ、来いキョーコ!!


 と思っていたら、またキョーコが視界から消える。「何っ!?」と思う間もなく、背中に激痛が走る。先程までとは正反対にふっ飛ばされた。ぐっ……、瞬時に背後に回り蹴り……だと? 痛みをこらえながら、ヨロヨロと立ち上がる。気配を感じ、顔を上げるとそこには私を見下ろしているキョーコの姿が。


「バルバトス。棄権なんてさせないよ? 正々堂々と勝負だ」


 えっと。趣旨が変わってない? 要は賞金が貰えればいいんだから、ここで二人が潰しあうのは得策じゃなくない? 目でそう訴える。しかし、世の中にはどうにもままならぬことというのが存在する。思い通りにならない。言っても分からない。道理が通じない。それを具現化したものが、今私を見下ろしている。


 いいだろう……。そんなに私とやり合いたいのなら、受けて立ってやる。ゆっくりと立ち上がりながら、魔法の詠唱をする。それに気づいたキョーコが間合いを詰めようとする。


 無駄だ。この魔法の詠唱の方が早い。


 キョーコの動きが止まる。「!?」どうだ? しゃべることもできまい? 正確には止まってはいない。極端に遅くなっているだけなのだ。


時間の支配者タイムキーパー』。


その呪文は、対象者の回りの空間の時間を極端に遅くする。クックック、そこでしばらく止まってろ……って、ちょっとずつではあるが、動いている……だと!?


 そこで、今キョーコが恐ろしいほどの速さで動こうとしていることに気づく。いや、普通の人間なら、ほとんど止まって見えるほどの魔法なんだけどな、これ。ヨロヨロながらも、キョーコは1歩1歩近づいてくる。全力で移動しているのか、顔が鬼の形相になっている。怖い……これは怖すぎる!!


 大慌てで、次の呪文の詠唱。私の身体が宙に浮かんだ。浮遊魔法『位相空間フライ・イン・ジ・エアー』だ。ちなみに、これらの魔法は私のオリジナルではないが、名前は自分で勝手につけた。私の身体はグイグイ宙へと舞っていく。それに合わせて、キョーコの姿が徐々に小さくなっていった。


 適度な高度で止まる。悪いなキョーコ。これでおしまいだ。再び魔法の詠唱。今度の魔法の詠唱はやや長い。『無敵の大砲バトルタンク』。空気の塊を巨大な力で押し出す魔法だ。しかもこの魔法。威力もさることながら、ある程度の範囲を持っている。


 それでも、いつものキョーコならかわされてしまうかもしれない。しかし、今ならいける! 呪文の詠唱が佳境に入り、私の目の前に魔法陣が現れる。眼下ではキョーコがもがいているのが見えた。さよなら、キョーコ。死にはしないだろうが、ちょっと痛いぞ。でも、お前が望んだ結果だ。さぁ、受け取るがいい!


 右手を上げ、魔法を放つ準備をする。そこで驚くことが目に入ってきた。もがいていたキョーコの動きが徐々に早くなっている。『時間の支配者』が切れかかって……いるのか!? マズイ。これはマジでマズイやつだ。


 焦りながらもようやく呪文の詠唱を終えようとしたころ、キョーコは踏ん張るような姿勢になっていた。えっ、何? 何が起こるの!? 訳が分からないが、とりあえず詠唱を完了させなければ! だが、次の瞬間、キョーコは雄叫びを上げながら、私の方へとジャンプしてきた。


 バカなっ! 結構距離取ってんだぞ? こんな距離を飛べるわけが……愕然としている私にキョーコがドンドン迫ってくる。ちょ、ちょっとー!?


 「うぉぉぉぉぉっ!!」と唸るような声が、徐々に大きくなってくる。そして、キョーコの拳が魔法陣に接触した瞬間、魔法が発動した。周囲の空気が振動し、まるで巨人が唸り声を上げているかのような轟音。閃光が走り、周囲がカッと白い光に包まれる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます