第23話「宿、探した方が良くね?」

 私たちは近くにあった広場へ向かう。芝生に座り込み、アルエルがお弁当を広げた。おぉ、自信作というだけあって、これは美味そうだな。


「おっ! 美味い!」

「うむ、確かにこれはいける」

「もうバルバトス以上の腕前になってるんじゃないか?」

「ありがとうございます~。あ、お茶もありますよ? って、ほとんど飲んじゃいましたね」

「じゃ、あたしが何か買ってくるよ」

「いえ、私が行きます」

「いいって。お前は疲れてんだから、そこに座ってな」


 そう言ってキョーコはスタスタと人混みの中へ消えていった。私は玉子焼きをつまむ。うん、これも美味いな。確かに最近料理の腕は上がってきているのかもしれない。まぁ、キョーコはああ言ってたが、まだまだ私には及ばないがな……。


 と、心の中で思う。口に出せば良いのだが、何となく言いにくい。私はこの状況、ふたりきりというのが、どうも気まずい。前はそうではなかった。でも、あれ以来、どうにも二人きりになると意識してしまう。アルエルは美味しそうにおにぎりを頬張っているが、どうとも思っていないのだろうか……?


 早くキョーコ帰ってこないかなぁ。間が持たないよ、これ。そんな感じでそわそわしていると、周囲を歩いている人たちが、チラチラと私たちの方を見ていることに気づく。


「ねぇ、あれ。カップル?」

「こんなところでお弁当広げて食べてるかよ、普通」

「ちょっと引くわ~。店、いっぱいあるんだから、そこで食べればいいのにね」

「うわ、お茶まで持参してるみたいよ」

「女の子はちょっとかわいいけど、男の方は……なんだか田舎もんっぽいな」

「王都の外の農夫じゃない? 都会に憧れてやってきた、みたいな」

「あはは。確かに農夫っぽいな。クワとか似合いそう」

「ぷっ、ちょっと。それ言い過ぎ」


 うーむ。どうやら、私たちが広場でお弁当を食べていることを、からかっているようだ。まぁ、改めて周りを見渡せば、確かにそんなことをしているやつは、他にはいない。でも、まぁ、飲食禁止とか書かれているわけでもないから、別にいいだろ?


 昔の私なら、ああいうのにはカッときて、怒っていたに違いない。しかし、不思議と「言いたければ言えば?」程度にしか思えなくなってきている。これは、もしかして歳とって丸くなっ……いや、違う! 成熟して多少のことでくらいでは、感情が揺さぶられなくなった。そういうことだ。


 ちょっと前にプンスカ怒ってたりしたが、あれはまた別の話。


 「気にすることはないぞ」隣に座っているアルエルを慰めようとすると、彼女が悲しそうな顔をしていることに気づく。膝の上に置いたお弁当箱をギュッと握りしめ、小さく震えていた。そうか、アルエルは王都に来たの、数えるほどしかないもんな。前に来たのはずっと小さいころ。アルエルの体質について、解決策を探るため、ダンジョン協会に来たのが最後だ。


 人と触れ合うことも滅多にないため、このような他人からの「騒音」に慣れていないのだろう。きっと傷ついているに違いない。とは言え、あの不届き者どもに魔王の鉄槌を下してやる……わけにはいかない。だって、ここは王都。そんなことをすれば、流石のダンジョンマスターと言えども罪に問われてしまう――。


「!!」


 そこで、慌てて振り返る。キョーコはまだ帰ってきていない。よかった……。いつもの展開だと、ここで真後ろにキョーコが立っていて「なんだと~」とか言いながら、千切っては投げ、となるところだ。いいぞ、今しばらく帰ってくるな。


 しかし、アルエルのことは何とかしてやりたい……。「ちょっと貸せ」と言って、アルエルの膝からお弁当箱を取り上げる。アルエルが朝早くから作ってくれたお弁当。それをバカにされたままにできるか! 私はお弁当箱に手を伸ばす。


「あー、美味いっ! 彼女の作ってくれたお弁当、チョー美味い!」

「このおにぎりサイコー! 塩加減も完璧だし、握り方もふわふわでバッチリだな」

「玉子焼きも美味い、美味すぎる! ちょっと甘いけど、そこらのお店で食べるのとはまた違った美味しさがあるな!」

「やっぱ、愛する彼女が作ってくれたお弁当は最高だなー! 料理上手な彼女がいて、俺は幸せだなー!」


 当初は「一体何だ?」と言っていた彼らも、段々目の色が変わってきていた。特に彼女連れの彼氏のようなヤツは「いいなー」という目で私を見ている。他にも微笑ましい目で見る人もいたし、子供がお母さんに「ねぇ、今度うちも、あんなのしたい! お弁当つくって!」とおねだりしている。


 先程私のことを「農夫」呼ばわりしていたヤツラも、すっかり気まずくなってしまったのか、そそくさと退散して行った。どうよ? この魔王級の演技力。あ、いや、料理が美味いっていうのは本当だけどな。でも「こんなところでお弁当広げて」という雰囲気を、あっという間に「羨ましい」雰囲気に変えちゃう演技。完璧じゃね? そう思わないか? アルエル……アルエル?


 アルエルはうつ向いて「カップル……彼女……カップル……彼女」と延々とつぶやきをループしている。あ、あぁ!? いや、それはほら、演技だって。演技。「微笑ましいカップル」っていうのを演出して……だね。……あれ? なんか急に曇ってきた?


 振り返ると、背後にキョーコが立っていた。ええっと、どこから見てたの?


「『チョー美味い』のところから」


 微妙なタイミングの所じゃないですか……。 あっ、お茶。買ってきてくれました? あぁ、ありがとう。いやぁ、冷えたお茶、美味しいなぁ。お弁当、まだ残ってるからね? どうぞどうぞ。私はもう結構食べたか――。キョーコのげんこつが、私の脳天に直撃する。


「っつー! 何するんだ!?」

「何するんだ、じゃ、ねぇ! 何アルエルを泣かしてんだ? えぇ!?」

「あー、ちょっと待って。これには深い事情が……」

「聞きたくねぇな」

「いやいや、ちょっと! 話くらいは聞いてくれてもいいだろ!?」

「歯を……食いしばれっ!!」

「ひぃ!」


「キョーコちゃん、違うんです!」


 アルエルが、振りかざされていたキョーコの腕を掴む。「バルバトスさまは、私をかばってくれたんです」そう言って、順を追って説明してくれた。それを聞いたキョーコは、まだ少しだけ憮然としながらも「あたしが帰ってくるまで待ってれば、なんとかしてやったのに」とボソッとぼやく。


 その「なんとかして」が駄目だから、私がなんとかしたわけなのだが。


「まぁ、事情は分かったよ。でもさ」そう言って、アルエルを指差す。

「アルエルにはちゃんと謝りなよ」

「いえいえ。ちょっと気が動転しただけで、バルバトスさまが演技であんなことしてくれたのだって、ちゃんと分かってますから」

「ふむ。その通りだ。突然のことで、多少、不備な点はあったが、あの場面では最善手と言っていいだろう」

「懲りてねーな」拳をグーにしないで、グーに。

「いえいえ。本当にいいんです」「……ちょっとだけ……残念でしたけど」

「ん? 何だって? 最後、聞こえなかったけど」

「あー、いえいえ。なんでもないです!」

「ふーん? まぁいいけど」不満げだが、とりあえず納得したようだ。「でもま、とりあえず」キョーコは立ち上がって、辺りを見回した。


「宿、探した方が良くね?」


 辺りはすっかり薄暗くなり始めていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます