ごめん、好き

作者 仲咲香里

45

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

純粋で一途な女の子。大人びているようで、どこか子供っぽい男性。
そんな彼女らの、夜の十二時に至るまで――日付けが変わってしまうまでの、最後の〇分間のお話です。
それまでの二人。そこからの二人。日を跨いだ二人の仲は、一体どのような変化を迎えるのでしょうか。

その時に至るまでに繰り広げられる、微笑ましい限りの回想。
合間に挟まれる、現在の二人の会話。
そんな二つの対比により描かれる、積み重ねてきた時間、築き上げてきた関係性。
それらが濃密なまでに、このたったの数分間に凝縮されており……読んでいるだけで自然と笑顔になれるような、温かな気持ちへと導かれていくような感覚でした。

「落としていったガラスの靴の持ち主を探す王子様」ではなく、「忘れられた傘の持ち主を待ち焦がれるお姫様」。
とある場面にて個人的にそんな感想を抱いてしまい、思わずクスリとも。

やがて約束の時を迎えた、物語ラストの二人のセリフが、また一段と格別でした。
これからの二人の日常が垣間見れたような、ちょっぴり美味しい気分を味わわせてくれます。

元気が出るような、明るく甘めのお話を欲してる方。ぜひぜひ、ご一読くださいませ。

★★★ Excellent!!!

2人の『心』の移り変わりと、
2人の『立場』の移り変わり。

その2つの要素を、『時間』という1本軸の上で、とても素直に表現した極めて精良な作品です。

絡まりそうで、絡まらない。
近づけそうで、近づけない。
既に想いは同じなのに。

―― いいですね!こういうの。

学生側からの青春と、
その反対側からの青春。

そのどちらも共感できましたよ。
素敵な作品でした!!