【書籍発売中】天才詐欺師は転生してもラクに暮らしたい(旧題:異世界(インチキ)ヒーローズ)

作者 如月衣更

1,991

709人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても読みやすくて面白いです。
主人公のロジカルな性質がきちんと表現されていて、描写も簡潔でテンポがいいですね。

主人公もヒロインも魅力的だし、周りのキャラクターも生き生きしていて心理描写も上手いです。

主人公の主観で何をどう見ているか予め描写されている点が構造的にも巧く出来ています。
これがなければ後だしジャンケンみたいになってしまいますから、こういう作品では大事なポイントだと思います。

学園編以降はちょっと怪しくなってきています。
仕掛けを重層的にしていきたいのはわかりますが、主人公視点である以上何かしたのならした描写がないと違和感が残ります。

しかしそれらを補って余りある魅力のある作品です。
これから彼がこの世界で何を成していくのか、序盤のヒロイン描写からかなり大きなことをやり遂げそうなので期待しています。

★★★ Excellent!!!

剣も魔法も使わずに、口撃の発想が特筆される。テンポはミデアムな印象で、口撃でテンポのバランスをとっている。僕は口が弱いので主人公が羨ましいです。
僕は世界随一のペテン師と言われたことがありますが、間違いなく冗談ですね。
伏線の回収が素晴らしく、今後の回収も期待出来る。展開の構成も素晴らしい。

★★★ Excellent!!!

異世界に転生しているからチートとか何か飛び抜けている才能を持ち合わせているものなのか、と思ったけど想像を遥かに超えてきた。チートとかそういうのは全くなく、前世でのものを使えるだけ使う。

占い師じゃなくて詐欺師

続きを読んでいくとどんどん次が読みたくなるそんな気持ちにさせてくれる。

表現下手ですがとても素晴らしいものです!ぜひ1度読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

詐欺師の主人公が異世界で様々な事件を解決する事で物語が進行する。
主人公にチートの類は無く、あるのは前世で培った詐欺の手管だけ。
探偵と呼ぶには少々荒っぽいが、側からみれば先が見えているかの様な謎解きは見ていてとても痛快だ。
そして最後に主人公はこう嘯くのだ。
「僕は占い師じゃなくて、詐欺師だからね」


張り巡らされた伏線と鮮やかな回収、そして最後の決め台詞。
私の好きなものが詰まった素晴らしい作品です。

★★★ Excellent!!!

10話程読んでの感想です。詐欺師を題材にすのは難易度高いと思われますが、ちゃんとしてます。素人目ですが普通に楽しめる。今のところ論理的に破綻してるような描写はあまりないし無理やりな展開もない。単調に同じ調子で話がつづくみたいなこともない。話の切れ目の「引き」がうまくて続けて読みたくなります。ネット小説としてめちゃくちゃ良いと思います!オススメします!

★★ Very Good!!

詐欺師だった前世。
完全に詐欺師ではあったが、相手への救いもあったために訪れたチャンス。
魔法などがある世界での転生ではあるが、気付いた時点で有効に使えるのは、鍛え上げられ習慣となっている技術のうちの観察眼と詐術のみ。

魔法などの特殊技術には手を出さず、確実に使える詐欺師の技術のみで、底辺に居る自分の環境を変えていく……のが割りと珍しくて面白いかと(^^)b

手に汗握る緊張感ある頭脳戦……とは少し角度が違いますが、名探偵が謎解きをするかのようなストーリー展開は楽しめる人も多いと思います。

主人公がTUEEEしなくても良いという方は、一度読んでみては(^^ゞ