さとうきび・そーど

久志木 梓

さとうきび・そーど

 曹操そうそう健在の頃のこと。曹操の長子・曹丕そうひは、宴にて将軍らと盛んに論じていた。論題は鄧展とうてん将軍の剣術についてである。白刃も素手で取ることができると、鄧展は自慢した。


 議論は白熱した。曹丕は鄧展の剣を悪しとし、鄧展はそれを認めなかった。曹丕は遂にすっくと立ち上がって言い放った。


「将軍の剣が良いか悪いか、何、ここで打ち合えば自ずと分かる」


 衆目は、すわ刃傷沙汰と色めきたった。


 したたかに酔った曹丕は、むずと棒状の物を掴んだ。南の呉の特産物、芋蔗さとうきびである。先程まで曹丕が神経質にがじがじと齧っていたものであった。


「さあ来い、将軍」


 歯型もくっきりとした芋蔗を凛然と構えて、曹丕は言った。


 勝った、と曹丕は自伝に記している。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

さとうきび・そーど 久志木 梓 @katei-no-tsuru

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ