最後のホームルーム

無月兄

第1話

「卒業、おめでとう」


改めてその言葉を聞いて、これで本当に最後なんだと今更ながら思う。

卒業式も無事に終わり、このホームルームが終わった時、俺達はこの学校を去る。


教室の至るところから、すすり泣く声が聞こえてくる。いつもは早く終わってくれと思っていた先生の話が、今日だけはずっと続いてほしかった。

だけど、その時は思っていた以上に早くやってきた。


「俺からお前達に送る言葉はこれで全部だ。みんな、三年間ありがとな」


もう終わりかよ。早すぎだろ。時計を見ると、チャイムが鳴るまであと5分もある。


普段、先生の話は長かった。休み時間にまで延長するのだって珍しくなく、俺達はよく不満を言ったもんだ。なのにどうして、ずっと続いて欲しい今に限って、こんなに早く終わるんだよ。


そう思ったのは俺だけじゃなかったようだ。


「あの……もう終わりなんですか?」


誰かがおずおずと声をあげる。そうだ、いつもみたいに時間ギリギリまで話してくれよ。今日だけは延長したっていいから。


だけど先生は、少し困った顔で教室を見回した。


「今話したので、時間一杯使うつもりだったんだ。でもな、お前達が誰も騒がず黙って聞くもんだから、思ってたよりずっと早く終わったんだよ」


ああ、そう言えば先生は、休み時間まで授業を続けた時はいつも言ってたっけ。お前達が騒ぐせいで授業が遅れたんだぞって。


「と言うわけでだ。いつも騒いでいたお前達が、最後の最後真面目に話を聞いたご褒美だ。残りは自由時間にする。好きにしろ」


「「は?」」


クラス中が声をあげる。このタイミングでいきなり自由時間何て言われても困る。だが先生は言った。


「みんな、この教室で話ができるのもこれが最後なんだぞ。中には地元を離れる奴だっている。だから言いたいこと、やりたいことがあれば今のうちにやっとけ。騒いでもいい、俺が許す」


「先生……」


誰かが思わず声を漏らす。だが先生の言葉には続きがあった。


「って言っても、今の話のせいで時間はほとんど残ってないけどな」


「なんだよそれー」

「なにやってんだよー!」


さっきまでのしんみりした空気はどこへやら、あちこちでブーイングがおこる。

まったくこの先生は。だけど、お陰でいつものクラスの雰囲気が戻ってきたような気がした。


みんな口々に近くの席のやつと話始める。だがすぐに、その視線は再び先生の元へと集まっていった。

どうやら最後に言いたいことはみんな同じらしい。


静かになった教室で一人が、そしてそれに続いて、全員が声をあげた。


「先生、今まで、ありがとうございました!」

「「ありがとうございました!!」」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

最後のホームルーム 無月兄 @tukuyomimutuki

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ