異世界アデショナルタイム

作者 北乃ガラナ

107

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

もうね、驚きですよ。
この短さで、ここまで私の腹筋を殺しにかかって来るとは。


>なんの為に異世界してたと思ってんだ!

この一言が重い。重すぎる。

『異世界する』って動詞なんですよ。
たぶん、意味は『約束されたチート&ハーレム』といったところでしょうか。

ほんとなんの為に異世界してたんでしょう。
まさかこんなエンドを迎えるなんて。

あなたの目で確かめてください!

★★★ Excellent!!!

それまで、どれほどの苦労を重ねてきたのか。
それまで、どれほどの苦難を乗り越えて……。



すみません、つい、つい腹筋がいうことを聞かなかったので。
つい、笑ってしまいました(あたたかい眼差しでですっー!)

楽しい作品をありがとうございましたー!

★★★ Excellent!!!

異世界に転生した勇者。彼は命からがらに目的を達成する。魔王を討伐し異世界に平和をもたらした。

時には魔法使い(ロリっ子)の命を救い。姫騎士と共に敵を薙ぎ払い。賢者(♂)と魔王城を攻略し、女神の助言に従ってきた異世界奮闘生活。

その集大成が成就するも……

どうぞ、続きは作品をお読み下さい。

ある意味で期待に応えてくれる作品に間違いありませんw

★★★ Excellent!!!

大いなる力を持ちて魔を倒し、人々の暮らしに末永く安寧を与えた伝説の勇者がいた。
彼は幾多の困難を仲間と乗り越え、大きな、とても大きな絆を育んできた――つもりだったのに!

転移ゲートはもう開いている。
お持ち帰りか? それとも異世界に留まるのか?
残り時間は僅かで、選択する余裕も時間も少ないが、
どちらにしても勝ち組の流れに乗った俺最高――だと思ってたのに!

倒した魔王は美少女、この世界へ転移させてくれた女神も美人。
なんならこいつらでも良いわ――と上から目線で構えてたのにっ!

まあ良い、全ては終わったことだ。
ここから新たな俺伝説が幕を開けるんだ、と気を取り直して現代へと帰還した勇者に待っていたのは以前と変わらぬゴミクズみたいな生活だった――まで見える痛快ショートショート。

★★★ Excellent!!!

大業を成し遂げた。側には苦楽を共にした、異性の仲間がいる。
そんな最高のシチュエーションでなんにも起こらないわけがない! そうでしょうっ、そうだと言ってよ!?

やがて突きつけられる現実、襲い来る絶望。それでも心を折られてしまうことなく、次々と困難へと立ち向かって行く。そんな勇者のメンタルの強さに、甚く心を打たれました。
……アンタぁ、漢だよ……(ほろり

彼の、この世界での最後の勇姿。とくとご覧あれ……!