DISTOPIA EMPEROR―絶対王者は破滅を命ず―

作者 馳月基矢

「これって、ジ・エンドだよね?」」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 最後の言葉が、なんだか強く響きました。
    どーせ生まれるんなら。
    何かのために生きたかった。
    終わった世界の続きはどうなるのか、ドキドキしながら読んでいきたいと思います。
    あと、関係ないんですけど、こちらの一枝の鈴蘭を、姫のツルギとか守り人とか秀才の鈴蘭が見たら卒倒しそうだな、なんて思いながら鈴蘭の最期を見てました笑。

    作者からの返信

    自分が死ぬシーンを書く、というのも貴重な経験でした。
    理仁は、表から見える印象よりも中身は醒めているキャラクターですけれども、終わった世界のほうは特に落差があるというか、投げやりですね。

    ネジが外れた感じの世界線では、鈴蘭がいちばん異様なことになりました(というか、勝手に暴走していった)
    理仁や海牙の話では、ヒロインがほかにいるせいもあって、鈴蘭の印象がだいぶ薄いですよね。

    2018年8月16日 13:35