DISTOPIA EMPEROR―絶対王者は破滅を命ず―

作者 馳月基矢

「その声のチカラを、また貸してくれないか?」」への応援コメント

このエピソードを読む

  • リヒちゃんパパの両手が広げられると、潰される動物たちを連想してしまいますね、つい。
    それはさておき、この一枝では、宝珠は胞珠で、臓器の一つなんですね。総統たちや、他の能力者との関わりも、他の一枝とはすでにだいぶ変わってきているように思えて、ワクワクしてます。しばらく読めてなかったんですけど、また時間作る余裕出来てきたので、読み進めていきたいと思っています。ご忠告頂いたので、気楽に、ちょっとボケながら読んでこうと思ってます笑。

    作者からの返信

    絶妙にグロテスクな世界観、というのを目指した結果、みんなそれぞれネジが外れた感じになりました(その中にあって、理仁パパはあんまり変わってないかもしれない)
    胞珠のある世界観も、それはそれで一つ書けそうでもありますが、またいずれ何か別の話に活かせるかな。

    「常識的に言ってこれはやっちゃダメ」と思っていたことをいろいろやってしまいました。

    2018年8月16日 13:25