詩?

作者 忠臣蔵

死と諦観と、単語の氾濫

  • ★★★ Excellent!!!

(どうしてこの作品に今まで星をつけていなかったのか己を疑っています)
(寓意を正確に読み取れなかった悔しさのようなものがあったような)
(しかしこの力ある単語の氾濫怒濤土砂降りの前に
もう天を仰ぐしかないのだと観念したのです)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー