カクヨム戦線異状あり

作者 大木 奈夢

92

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

このレビューを書いている現在、カクヨムの人気ジャンルは大きく偏った状態にある。しかし、この状態はおそらく他のWEB小説サイトもほとんど変わらないのではないかと思います。
それはその小説サイト自体の独自性を損なう要因の一つであり、どのサイトを見に行っても同じような戦況というのはとても悲しいことではないでしょうか。
定期的に戦線が大きく崩れることが、全陣営にとって望むべきことなのかもしれない。

★★ Very Good!!

 投稿サイト系の小説業界の状況を戦争に喩えて風刺したユニーク作。読み始めた時は小説としてみればこれはどうなのだ? と感じましたが「なるほど、新聞か何かのコラム的な作品なのか」とわかったら、逆に面白さを感じました。
 用語の真の意味での解説などはないので、検索などしつつ読む必要がありましたが、おそらくターゲットとしている読者は限定していると思うので、これはこれでアリな作品なのだろうと思いました。全体的に短いし読みやすいです。
 どこかシニカルで、業界の人ですか? と思わせる内容になっています。
 ラブコメ軍および私小連隊が自軍の成長・進化により異世界軍に一矢報いる時を期待しています。