カクヨム戦線異状あり

作者 大木 奈夢

64

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトルで私の気持ちは語られています。

これを読んだ後、思ってしまったのです。ちょっと、これは虚しくなってしまう……。主力であるラブコメ軍と、援軍を、援軍を頼む……!

異世界軍はちょっとだけでいいから、矛をおさめてくれ……。ラブコメ軍の、こっちの盾の防御力は強くないんだ……。

一話が短くて読みやすいので、オススメです。一気読みしちゃってください。

★★ Very Good!!

 投稿サイト系の小説業界の状況を戦争に喩えて風刺したユニーク作。読み始めた時は小説としてみればこれはどうなのだ? と感じましたが「なるほど、新聞か何かのコラム的な作品なのか」とわかったら、逆に面白さを感じました。
 用語の真の意味での解説などはないので、検索などしつつ読む必要がありましたが、おそらくターゲットとしている読者は限定していると思うので、これはこれでアリな作品なのだろうと思いました。全体的に短いし読みやすいです。
 どこかシニカルで、業界の人ですか? と思わせる内容になっています。
 ラブコメ軍および私小連隊が自軍の成長・進化により異世界軍に一矢報いる時を期待しています。