いつかは祖父に

作者 更級ちか

35

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

探偵役がいて、凄惨な死体が発見されて、犯人を見つけ出す、というお話を想像する方は少なくないかと思います。今作には探偵が存在しません。が、まぎれもなくミステリであると断言します。徐々に忍び寄り絡みついてくる緊迫感。最終話で明かされる真実。なるほど、と読後に思わず唸ってしまいました。

★★★ Excellent!!!

はぁ、成る程。と最期に声が出た。
実際のところ、ミステリの根幹については前半で理解出来ていたが、感心したのはそこだけではない。
文体全体が持つ穏やかさ、緊迫感を有する文章を阻害しないように散りばめられたキーワード。読む人間を導きながら、しかし決定打は最期まで残してくれる。
細かく書くとネタバレになってしまうのが、本格ミステリのレビューの難しいところだ。
「切断ミステリ」の美しさをどうか読んで感じて欲しい。

★★★ Excellent!!!

「切断ものミステリ」と聞いて、あなたならどんなものを思い浮かべますか? バラバラ殺人? 首切りトリック? 本作も「切断ものミステリ」のひとつです。
 読みやすく美しい文体ですが、それだけでなく、ミステリ的にもかなり気を使って丁寧に書かれていることも分かります。
 ミステリ初心者は素直に驚き、玄人は技巧に酔って下さい(笑)。