まさか×リズム!!

作者 氷円 紫

11

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

2017年9月30日、青森県の下北半島、むつ市にて。
「まさかリズム」という野外イベントが開催された。
それが初回の試みだったそうだが、検索してみると、
すでに2018年の第2回開催に向けて動き出している。

「食と音楽の祭典」
「下北が一堂に会する」
「下北全土を巻き込んだ」
という熱い言葉が、ウェブ上の情報にも並んでいる。

本作は、まさかリズムの立ち上げをめぐる舞台裏と、
イベントへの参加を通じて自分を見つめ直す少女を、
下北半島の土地の魅力をたっぷり交えて描いている。
「下北文化祭」を皆で作り上げていく様子が、熱い。

下北半島の方言がたっぷり読めるのが、とても素敵!
登場人物の台詞に勢いがあって、生き生きしている。
同時に、東京から越してきてむつに馴染めない未沙の
やるせなさや孤独が文面からダイレクトに感じ取れる。

まちなかで開催する音楽イベントだから、問題は音だ。
近隣の人々に配慮して、会場側も最初は難色を示した。
その問題を、どうすればクリアしていけるのだろうか。
そもそもこれは誰のため、何のためのイベントなのか。

軽快に交わされる会話の中でいくつもの気付きがあり、
まさかリズム開催に向けて、皆がパワフルに動き出す。
さあ、そこにどんなドラマが描かれるのか。
ご当地野外フェスって楽しそう!