僕らが届けた、大切な物

作者 大臣

すべてのエピソードへの応援コメント

  • いつかあの星空よりも綺麗な場所でへのコメント

     言葉を理解して文字も書く烏というのに若干の違和感を覚えましたが、終わり方はキレイでいいですね。
     文章が途切れ途切れなのがやや気になりました。もう少しまとめた方が読みやすいのではないでしょうか。

  • いつかあの星空よりも綺麗な場所でへのコメント

    はじめまして、政宗あきらと申します。
    天風いのり様の企画『足りないものは何ですか?』からお邪魔しました。

    が、足りないものなど何も感じませんでした(笑)強いて言えば……ツヤマさんが何を目指しているのか? が少し分からない気もしましたが、あくまで重箱の隅かと思います。

    まずタブレットを駆使するカラスと言うシーンで頭を撃ち抜かれました。凄いインパクトでした。

    畑正憲氏の『ぼくのくろう』や、カラスが言葉や知識を得て行く様は『寄生獣』が思い出され、とても不思議な情景でした。決して明るくないエピソードの中でも、ユーモアに富んだ描写が印象的でした。
    素敵な物語をありがとうございましたm(_ _)m

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。お星様もありがとうございます。

    足りないもの無しですか(笑)嬉しい限りです。

    タブレットを駆使するのは色々考えて決めたのでお褒め頂き嬉しいです。

    本当にありがとうございました!

    2018年11月27日 20:41

  • 星空の下でへのコメント

    >自分の羽毛が黒かったことを感謝した時はないだろう。
    ヤバイ、鳥肌が立ちました。素晴らしい。。。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    この表現は考えましたからね。素晴らしいと言ってくださりありがとうございます。

    2018年11月27日 11:57

  • いつかあの星空よりも綺麗な場所でへのコメント

    お世話になっております。企画にご参加頂きありがとうございました。読了しました。

    日本語をつづれるカラスと、出会いと別れの物語。カラスは知能が高い鳥であると聞きますし、学習能力も高そうだなと思いながら読んでいました。
    都会でごみ袋をあさるイメージが強いため、カラスが人間のように感情を持ち、人間のために行動するというのが新鮮でした。誰かのためによかれとしたことが皮肉な結果になる。それがうまく理解できていなかったところが、人とカラスの違いであり、共通点のようにも思えました。

    素敵なお話をありがとうございました!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    有澤さんがおっしゃっている面は、カラスに対してだけでは無く、人間に対しても行われます。

    それをカラスにすることで、わかりやすくしようとしたので、伝わっていて何よりです。

    2018年9月16日 22:34

  • いつかあの星空よりも綺麗な場所でへのコメント

    感動しました!

    いや泣きましたよ^_^

    これといってアドバイスする点は見受けられなかったですね、文章は良かったので。

    物語もちゃんとできていました。

    作者からの返信

    最後までありがとうございました!

    泣けるラストなら良かった……

    うーむ、なんとなく反応が薄かったからきになっていましたが、良かったです!

    2018年9月13日 20:00 編集済

  • 昔々の始まりへのコメント

    自主企画からきました、ご無沙汰しております、鴉です。

    アドバイスできる点は、ここまで読みましたが、特に違和感のようなものはなく、中編程度の賞にでも出してみてはいかがでしょうか?

    世間様では鴉は嫌われ者ですが、私はそんなに嫌いではありません、ぶっちゃけ、パソコンのディスクトップの画面は鴉の壁紙です笑

    カクヨムのユーザー名も鴉です笑

    作者からの返信

    そこまで言ってくださるとは思いませんでした。ありがとうございます!

    これ、カクヨム甲子園のロングストーリー部門に出しているんですよ。

    2018年9月13日 19:59

  • いつかあの星空よりも綺麗な場所でへのコメント

    もっと続いてくれるものと……;;
    さびしい! 恐怖に等しくさびしい!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。そして、寂しいと言ってくださりありがとうございます。

    この作品は、正義の味方のほうの津山先生の兄の話を書きたいなーと思い、思いついた話です。

    独断と偏見による迫害は、人に対しても、動物に対しても行われます。

    それを糾弾する彼らも、また正義の味方かもしれませんね。

    最後までありがとうございました!

    2018年9月10日 18:37

  • そして……へのコメント

    こちらはまだ完結ではないんですよね?
    続きが読みたいよみたい!

    作者からの返信

    まさかのレビューまで…ありがとうございます!

    現在、オチまで思いついてはいますが、なかなか文章化できなくて…もうしばらくお待ちください!

    2018年8月21日 11:14

  • 計画へのコメント

    主人公のカラスくんがカアーっと鳴くところが楽しかったです。なぜでしょうか?

    作者からの返信

    久々に鳴いたからでしょうか?(笑)

    2018年8月21日 11:13

  • 今に繋がる昔話へのコメント

    出逢いなんですね。

  • 星空の下でへのコメント

    なんだか、感動。理由はわからないけれど。
    本当のことが言い出せなかったカラスが、あまりにいじらしい。

    作者からの返信

    ちょー人間的なカラスですからね……そこらへんは考えました。

    2018年8月21日 11:13

  • 届けたものへのコメント

    宗教が関わるのですか。怖い感じ……

    作者からの返信

    大丈夫!そんな怖くない……と思いたい……。

    2018年8月21日 11:12

  • 女の子とのことへのコメント

    >けれどそれは主題ではない。
    気をむけておいてすげないのはなんだか、ユーモアを感じます。

    作者からの返信

    そうですかね……個人的に自覚なし……と。

    2018年8月21日 11:12

  • 昔々の始まりへのコメント

    わたくしもカラスはキュンときます。
    緑の光沢のある羽根、きれいですよね。
    みょんみょん、と地面をはねる姿とか、雪の中で遊んでる姿とか。愛おしいです。(ほんにんは餌をとるのに必死だっただけかもしれないのですが)

    作者からの返信

    そんなシーンがありましたか…(笑)今度入れてみようかな

    2018年8月21日 11:11

  • 今。へのコメント

    カラスが主人公なのですね……?
    どんな物語なのか気になります。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    2018年8月21日 11:11

  • 飛躍へのコメント

    Yupafaさまの企画に参加させていただいた者です。
    非常に面白くて、好みでした。
    この作品は、カラスが人間と意思疎通できるという、さながら童話のような題材の中に、少女の人間関係の不和、ツヤマの野望(?)、それから彼とカラスの互いに利用しあう関係などにより、幻想の中に現実を一滴垂らしたかのような可愛らしい、でも重さがあるという独特の雰囲気になっています。
    個人的には、この塩梅が非常に好みなので是非とも続けて完結させてください。楽しみにしていますので。
    ただ、アドバイスは、残念ながら違和感があったのが、カラスの知能の高さだけだったので、特には思いつかなかったです。本当にごめんなさい。

    作者からの返信

    現夢いつき様。

    コメントありがとうございます。

    好みと言ってくださり何よりです。僕の作品だいたいこんなテーマが乗ってしまうので、面白いと聞いてホッとしています。

    カラス君の知能の高さは……どうしても高くなっちゃいますね。会話できますから。

    アドバイスのことは気にしなくていいですよ。

    それでは、ありがとうございました!

    2018年7月30日 12:07

  • 飛躍へのコメント

    企画参加ありがとうございます。感想とアドバイスです。
    カラスから見た人間の世界がとても新鮮に描かれていました。カラスと人間の会話を通してカラスが知っていく人間のこと。私たち読者の人間は自分たちを見つめなおせる。良い構図だと思いました。女の子から新聞記者に話が変わり、これからどのように話がまとまっていくのか気になります。
    アドバイスというほどのものではないのですが、感じたことを。カラスがあまりにも人間の世界を知りすぎているところに若干の違和感を覚えました。ネットにアップしたというくだりなど。新聞記者との会話で覚えたのかなと勝手に想像しましたが。そのあたり、カラスから見た人間世界の描写があっても良かったかなと思いました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    なるほど…少し知りすぎている。ですか。


    裏設定としては、カラス君は女の子と別れたあと、ニュースで知識をつけていたり、ツヤマから色々聞いたりしています。

    描写しといた方が良かったですね。

    アドバイスありがとうございます!これからもよろしくお願いします!

    2018年7月28日 04:56

  • ツヤマの話へのコメント

    大臣様、10000文字以内の文章限定企画の大木奈夢です。

    『僕らが届けた、大切な物』を拝読させていただきました。

    カラスって頭が良いですね。普通は嫌われ物のカラスに、とてつもなく親近感がわきました。

    まだ物語は途中なので、これからカラスと少女と俺がどのように係わってくるのか楽しみです。

    作者からの返信

    わざわざありがとうございます!

    こちらの作品は、元々は前回の企画に参加するためのものでしたが、文字数がオーバーしてしまい、参加出来なかったやつです。

    しっかり、優しい話としてのオチをつけます。お楽しみに!

    2018年7月1日 21:25

  • ツヤマの話へのコメント

     一気に最新話まで読みました。
     主人公のカラスが、分かれた少女と、この後、どう関わっていくか、楽しみです。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます。大臣です。

    この作品は、少し短めのやつ書こうかなと考えて書いていたやつですので、分量も少なめ。

    ですので、次のお話が最終話かと思いますので、よろしくお願いします

    2018年6月28日 07:46

  • ツヤマの話へのコメント

    カラスが主人公でまるで絵本を読むような物語と感じました。人を作り、為になりそうな作品ですね。完結目指して頑張ってください!

    作者からの返信

    返信めちゃくちゃ遅くなり申し訳ない!

    がんはります!

    2018年6月22日 22:26

  • 届けたものへのコメント

    土着は厄介です……本当に厄介です。
    カラスくん頑張って!応援してます。

    作者からの返信

    笠井 ヨキ様
    コメントありがとうございます

    そうです。土着は厄介なのです。
    しっかりオチつけて行きますので、ご期待ください

    2018年6月3日 07:30

  • 今。へのコメント

    確かに、私(30代半ば)が20歳の頃に比べたら、建物が増えてしまい、自由に空を飛ぶ鳥たちにとっては窮屈な空になってしまったのかもしれませんね。

    私は山の方に住んでいますが、そこで暮らす鳥たちは縦横無尽にを空を飛び交っていて、仕事が重なって精神的に参ってくると、鳥が羨ましいなと思う時がありますね。

    ここで出てくる鳥の主人公は、タブレットを使えば話が出来るのですね、フィクションの世界ですが、実際に動物と話が出来るようになれば、動物の本音を知る事が出来ますね。

    いい作品有難うございました。

    作者からの返信

    鴉様
    お読みくださりありがとうございます
    これは、カラスと人の交流という、少しおとぎ話的なやつになっています。
    短編は初めてですが、面白く仕上げて行きます。

    2018年5月30日 03:48