空に浮く島と、心の中の折れない芯

作者 本田紬

65

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初に読みかけて「あ、こりゃ一気読みしないとダメだ」と思いました。のっけから面白すぎるのです。そしてハマるだろうことは、もう分かってました。
浮島という存在、過去に問題のあった「もの」。これらが最初からぐいぐいと不穏さを醸し出しています。
可愛らしい幼馴染カップルがこの先どうなるのかと気になってしまう始まり。
ドキドキしながら予想を立て、えっそこであの人が?となった時にはもうズルズルと引き込まれていました。
他の方々も書いていたかと思いますが、このお話は一気読み推奨です。もちろん途中で止められるのなら結構。ですが、止まりません。
今は余韻に浸ってます。このお話のあとには何も書けない。しばらく休憩です。
緻密に描かれる物語、読み手に寄り添った読みやすい文章、駆け抜ける爽快感。味わってみませんか?

★★★ Excellent!!!

幼馴染の微笑ましい二人のもとへ、新たな転機がやってくる。浮島から降って来たそれをきっかけに、二人はそれぞれの道へ……。

軽快に進む小気味良いファンタジーのお話です。
空を飛ぶ「竜虫」
浮遊する「浮島」
禁忌の本とは。

それらが小難しくなくまとめられ、そしてとある人物のハイスペックさに驚きつつ(?)楽しんで読める作品です!

★★★ Excellent!!!

あちらこちらにちりばめられたヒントが、徐々に答え合わせされていく感覚。幻想的な世界観と現実的な人間模様が面白い。

この物語は、一気に最後まで読みたい。
完結したので、これから手に取る皆さま、ラッキーですね!
(連載を追いかけるのもワクワクして良かったですけれど(笑))