異世界.アンダーグラウンド ー GrayHacker in DarkWeb ー

作者 綾川知也

24

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

SEさんには無条件で楽しめる様子のこの物語。じゃあ、素人は手を出しにくいかって? 
いえいえ。素人にも十分手を出す余地はあります。
ただし、個人的に思う条件が二つあるので、それに当てはまる人は是非、一歩を踏み出してください。

【1】うんちくが好きだ
作者さん、知識が豊富で、いろんなうんちくが読めます。読み進めていくうちに「先生!」と言いたくなること間違いなし! もし物語の内容についていけなくても、うんちく読むだけでも楽しいです! そしてうんちくを追っているうちに、気がつけば世界観にはまれます。

【2】斜め読みができる
なにしろ専門用語が頻出のこの作品。それが素人を足止めします。でも、専門用語がわからなくても、ストーリーは進みます。わからない専門用語にいちいち足止めされずスルーして読むスキルのある人なら、読み進めるうちにこの物語の大枠が理解できて、気がつけばこの世界にはまれるでしょう!

【3】それ以外の人は無理かって?
いえいえ。そんなことはありません。普通に面白い物語ですから、専門用語を完全に理解しようと思う完璧主義者以外なら読んで楽しめるはずです。

最初は専門用語が多めで素人には若干難解だった物語ですが、作者さんどんどんそのスキルをあげていって、最近は素人に読みやすい仕様になっています。きっとそのうち、物語の最初の方も、素人に読みやすい仕様に…。
…作者さん無茶ぶりしてすいません! でも反省はしてません!

★★★ Excellent!!!

めちゃくちゃ面白い作品を見つけてしまった!!初めて読んだ感想は「なんてこったい(Oh my god)」こんな作品があるのかと。

序盤に記される専門用語がわからなくても、ぜひ、それでも読み進めて欲しい。なあに、本当に異世界に行くと呪文とかそんな感じですよ。きっと。

そして一人一人のキャラクターが細かに描かれ、彼・彼女たちの世界に引き込まれていく。ちなみに私はラルカン推し。
物語が進むにつれ、組織や人物の利害は複雑に絡み合っていく。けれど軽妙な語り口と思わず笑ってしまう描写に、すいすいと読み進めてしまう魅力がある。

溢れるファンタジー系とは一線を画す、時代を先どる物語。
あと、デスマーチとか経験した事ある人は無条件でどうぞ。

★★★ Excellent!!!

魔法がコーディングにも似たシステム上を走る世界に"落ちてきた"のは、現実世界で悪行の限りを尽くしたハッカーだった……。
ナードめいた独特の言い回しや専門知識が跋扈するにも関わらず、読みやすくまとまった本作。軽妙な会話の応酬にトレンディドラマ的なシニカルなやり取り、女性陣の強かな生き方に魅了されます。
単純な数合わせでなく、一人ひとりの魅力を描きつつ……時には雑な扱いを受けながらも、世界に適応していく主人公の成長譚が紡がれています。
ちょっと暗めのテーマを扱っているので人は選ぶかもしれませんが、本作は紛うことなき人間讃歌の作品。

……デスマーチはろくなものを産まない。いいね?

★★★ Excellent!!!

交渉、話術、政策への介入――ってそれは主人公(周囲)の仕事。

あらすじの主人公一人称の軽快さ、センスの良いテンポで進むストーリー。しかしただのコメディではなく、作品の――というより異世界の底深さを感じる。

後半になるにつれ各キャラの関係性が明確となってきており、見所が増えていきます。長編として非常に読み応えがありますが、主人公がコメディ体質なので突っ込みながら読める。

主人公はちょっと俺TUEEEE系ですが、鼻にかける感じもなく好感。
ハッカー的な専門的技術の知識がないと、内容の理解は少々厳しいですが楽しめます。現に弊者は専門技術はほとんどありませんが、無知な外野目線で主人公の近くで見ているような気持ちになれましたw

アニメやコミカライズで非常に映える作品。